明日はエイプリルフールということで盛大に嘘をついて外れても問題ないんで安心

しかし盛大にという割に狙いたい馬がおらず・・・
3歳戦中心にシフトしていってる段階なんで仕方ないんだけどね。
随分遅くなったけど


というわけで明日はこの2レース。


中山6R 3歳500万 芝1600m 12:40発走

◎4.モデレイト 武藤

この馬距離というか手前をちゃんと替えないところがある。
初戦と2戦目。そして久々の前走も終始同手前のまま。
それでいて2戦目は完勝だし、前走のクイーンCもそれで勝ち馬と0.6秒差。マウレアなんかとも0.1秒差なら強いと思う。
2戦目の勝ち方なんかは中山マイルっぽい感じだし、他の有力馬が外枠引いたんでこの枠なら有利に運べそう。
後は手前を替えるかどうかだけどそこはギャンブルで。

○15.ウォルビスベイ 和田

ここ2戦は完全にギアチェンジで甘くなってるし中山マイルはプラスに働くんじゃないかと。

▲16.ワールドヘリテージ 勝浦

大外枠がどうかだけど、やはり2走前の走りは評価しなくてはならないよね。


後は△8.ロフティフレーズとか△13.イルルーメとかだけど上位3頭までかな。



中山10R 伏竜S ダ1800m 14:50発走

4.コマビショウ 和田

よりによってここにルヴァンスレーヴとドンフォルティスかいな。
それでもなんか通用する材料はないものか。

調べてみるとフィールシュパースという馬がいる。
この馬はプラタナス賞でルヴァンスレーヴの0.6秒差3着と北海道2歳優駿でドンフォルティスの0.3秒差の2着がある。ちょうど2頭の力関係もそんな感じだし基準ホースとしては当てになるかな。

そのフィールシュパースは未勝利勝ち時にシゲルホウレンソウと僅差の勝負。まあ内容は圧倒的にフィールの方が強かったわけだが、コマビショウはシゲルと未勝利時に戦って圧倒的にぶっ千切っている。

なかなか算数のようにはいかないと思うけど、そこそこ通用の下地はあるかな。
ましてや今回は斤量で1㎏貰ってるし、騎手も変わるし付け入る隙もあるかもしれない。

この馬自身は流れとコース取りでかなりロスのある競馬を強いられたもちの木賞が、最後まで伸びて負けて強しの競馬。
それ以外はダート2戦2勝で上がり加速ラップで楽勝と底は見せていない。

ルヴァンスとドンの間ぐらいには入って来れないか?


9.ワカミヤオウジ 田辺


正直上位3頭とは少し力差がある可能性が高いが、中山のダ1800mに実績があるのはキャベンディッシュとこの馬で共に2勝している。キャベンディッシュはコマビショウに完敗しているし、前走はミルコの好プレーでギリギリ残した感じなんで、可能性としてはこちらかな。

初戦は1000m通過が65.7秒という超スローだが、冬場の中山ダ18という一番重い条件で後半を12.8-12.5-12.5-12.6-13.0と前からまとめて来たのは評価していいと思う。
2走前が展開的には向いたとはいえ相当タフなダートで、後ろから外回し続けながら最後まで伸びて自身のラストが推定12.5秒ならこれも強い競馬だと思う。

前走はスタートで前に入られたことで余分に下げるハメになったし、中盤弛んだとはいえ府中の3-4角であそこまで強引に位置上げる競馬、しかも前が楽して12.6-11.8-12.5と加速度の高いラップでまとめてるだけにさすがに厳しかった。

冬場ほどの重さはないが乾燥して重い部類の馬場だし確実にプラスだし、前走敢えて馬群から離して落ち着けようとしていたように、少頭数の外枠は合うはず。

ルヴァンスレーヴが確実にスイッチ入れてくるだろうから、その仕掛けに乗ることが出来れば馬券圏内も十分考えられる。


恐らく勝つのはルヴァンスレーヴだと思うが、ドンフォルティスが若干仕上げが甘そうなんで間にコマビショウとワカミヤオウジを挟むような馬券の組み方が出来れば。



大阪杯は改めて予想を練りたいと思う。


応援クリック宜しくお願いします


競馬ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。清き1クリック( `・∀・´)ノヨロシクデス

スポンサードリンク