続いて阪神中京だけど、JRA-VANがメンテ中でどうもやり辛いな


阪神7R 4歳500万 ダ1400m


10.ナムラスパルタクス 幸 
9人気5着

連闘だが堪えた感じもなく出来上々。
前半こそついていけないのは仕方ないけど短縮したことで追走がスムーズになったのは確か。
ただ展開は34.2-38.5と完全に差し優位だし、直線も手応えも伸び始めも良かったけど最後はジリジリ。
そこは物足りないけど慣れてくれば変わる可能性もあるがこの距離がベストではないだろう。



阪神8R 4歳500万 ダ1200m

16.ヴォーガ 佐藤友 6人気13着

スッキリ仕上がってたけど頻りに耳を動かして集中出来てないような仕草。
こういう場合は凡走することが多いだけに・・・
あとはスタートで遅れたのが。結局終始外々を回し続けたしこの馬場でこの弛い流れだと後ろからではどうにもならない。
それにしても道中も気勢が感じられなかったし最後まで走ってない印象。
おそらく気持ちの問題だとは思うけど、ちょっと一変も期待しづらい内容ではある。

1.カズマベッピーノ 秋山 4人気1着


引き続き好気配。
外から来られた時にグイっと出していく意思を見せたことで引いてくれたのが良かった。
軽い馬場考えれば35.4秒は楽な流れだし、このペースで逃げれば力は確かなだけに完勝も驚かない。
割と厳しい流れでも踏ん張れる分、昇級でも大崩れはないと思うけど、さすがに自分のペースではいけないだろうし楽ではないと思う。



阪神10R なにわS ダ1200m


10.サクセスエナジー 松山 1人気1着

元々惚れ惚れする馬体だったけど、前走なんかは余裕もあって水っぽさも残っていた。
今回の休み明けで随分変わってきたし、いい感じで枯れて来て走れる馬体になった印象。

スタートでやや狭くなって後手踏んで、馬場や流れからは致命的だし1200mだとやはり忙しい感じ。
それでも流れに乗ってからは早目に巻き返して行って4角外々から強引に前を射程圏に入れる競馬。
一気に飲み込む手応えもそこからちょっとジリっぽく。それでも何とか勝ち切ってくれたのは良かったかな。

以前も前の馬を交わそうとしないところがある馬だったけどそれが原因なのか、それとも左手前に替えた時にストライドが小さく伸びが鈍った感じだったのでそれなのかはわからない。
確かに並びかけたところでフワッとする感じもあって、離れてから最後グイっと伸びたし。

勝つときは僅差が多い馬だが唯一楽勝したのが2走前の中京。その時は右手前に替えてからしっかり伸び切っていたんで、左回りの方がパフォーマンス上げるタイプなのかもしれない。

まだ伸びしろが十分あるだろうし、距離も延びても1800mでも大丈夫だと思う。
付き合いも長いけど色々と興味深い馬。



阪神11R 若葉S 芝2000m

最初、タイムフライヤーが負ける前提だと勝つ馬はやはり前かなと、前の馬で予想を組み立てようとしてたけど、なんか違うような気がして一度書いてたのを消したのは残念。

ただそうなるとダブルシャープが拾えてなかったから悩ましいところ。
まあそれでもジュンヴァルロに本命打ってただろうし、ロードアクシスは拾えても中心視までは出来なかっただろうし難しいね。



2.00.0(60.4-59.6):12.6 - 11.3 - 12.1 - 12.4 - 12.0 - 12.3 - 12.0 - 11.6 - 11.7 - 12.0

2.00.2(60.2-60.0):12.7 - 11.4 - 11.8 - 12.0 - 12.3 - 12.4 - 12.3 - 12.0 - 11.5 - 11.8
※翌日1600万但馬S
※黄色部分が3-4角地点。若葉Sの方が流れて外通すロスは大きくなる。
※ただ但馬Sでも結局内通した馬がワンツーで外通した馬が3‐4着で明暗。

ちなみに下が昨年の大阪杯(GⅠ)
1.58.9(59.6-59.3):12.3 - 11.1 - 12.1 - 12.1 - 12.0 - 12.2 - 11.8 - 11.7 - 11.6 - 12.0

2000m内回りで緩急のないイーブンラップになるとよりインでの立ち回りが問われるし、内ピッタリにキタサン見ながら運んだステファノスが2着するのと対照的に外追い上げたマカヒキとアンビシャスが4着5着に敗れているように結果は明白。今年も頭に入れておきたい。


話を戻すと

全体の流れとして大きく弛む地点がなかったし、決して前が楽な流れではなかったけど、外から追い上げる馬にとって厳しくなった分の前残りという結果。単純に前が恵まれたというわけでもないはず。

BlogPaint

1着~3着馬はキレイに内ラチピッタリを通した馬だし、4着タニノフランケルも番手外。

BlogPaint

まあメイショウテッコンこそコーナーロス自体は少なかったけど、大味な競馬で外々回して来たタイムフライヤーも悪くはないのかも。そんなに速い上がり使える馬でもないしね。明らかに安全運転で脚を計るような競馬だった。


4.メイショウテッコン 古川吉 6人気6着

10㎏減ったけどこれは造ってきたもの。見栄えする馬じゃないけど随分良くなった印象。
レースではスタートでバランス崩して後方からになったのは痛かったかな。
タイムフライヤーに対し3-4角の進路取りはロス抑えれたし、外選択したのも前がアイトーンやロードアクシスだったんで下がってくるリスクもあるから仕方ない。

ただ直線の入り口での挙動にロスがあった。


WS000022

  
  


スロー再生でないとわかりにくいけど、4角出口でタイムフライヤーの内のスペースに入っていこうとして外に膨れ気味のところをタイムに押し込まれつつ手前を替えて内向きにバランスを崩す。
同タイミングでダノンが外持ち出して来たので進路がなくなって結局タイムをやり過ごしてから追い出す羽目になってしまった。
ストライドの大きい馬である程度勢いをつけていきたいタイプなんで小さいロスとはいえこの馬にとっては大きかったんじゃないかな。
上の方でも触れたように外からじゃ間に合わない展開だったんでダブルパンチで厳しかったと思う。



阪神12R 1000万 ダ1800m

6.パイルーチェ ルメール 1人気3着

結構強行軍だったし長距離輸送もあったけど体も減らさず気持ちも安定してる印象。
それにしてもさすがルメール。引っ掛かる馬なんだけどまったくそういうところを見せなかったし、難しい馬なんだけどそうみせないところが違うよね。
ただその分人気も辛くて1人気。さすがに関西の1000万クラスの層は厚いし、軽い馬場とはいえ勝ったニホンピロヘーゼルは一貫した速いラップに強い馬。
この流れを正攻法だと距離不安もハッキリと出てしまうから最後は苦しくなってしまった。
マイルぐらいまでがいいと思うんだけどね。



中京7R 4歳500万 ダ1400m

14.サノヘッド 田辺 6人気16着

うーん。+32㎏は久々とはいえかなり余裕感じたし息切れ失速。
使われてどこまで変わるかな?といったところ。

4.ジェミニズ 戸崎 7人気10着

前走は小回りで動かしていく競馬で甘さを出した。
今回はジックリ乗られたが伸び切れず。

ただ差し優位の展開とはいえ、速い脚使えるタイプが鋭さ活かしてという馬場と展開。
この馬にとって上がりが速すぎたし、何より直線でチカリータの後ろに入った時にキックバックを嫌がって明らかに減速している。
その後立て直されてそれなりに伸び返して来たし、今回はいくらか余裕のある出来。
乾いたダートで後半上がり切る展開ならまだ突っ込みもあるはず。



中京8R 4歳500万 ダ1900m

4.マイネルツィール 横山武 5人気4着

好発切って外から来た馬を行かせつつ中団ぐらいは取れたと思うんだけどドンドン行かれて最後方近く。結局3番手までの馬がそのまま3着までに入る流れだったんで厳しかった。
ただ終始内をロスなく通して直線も内が空いてたからそこまで評価するのもなあ。
まあでも上位3頭は結構いい時計で走破してるし、それで4着なら悪くはないかも。
ちょっとキックバックを気にする仕草を見せてたんで前走のように外枠から流れに乗りたい。
引き続き人気ないようなら。



中京9R 4歳500万 芝1600m

10.ハイヤーアプシス 木幡初 10人気14着

馬体重の数字以上にガレて見えたし毛艶ももう一つでパッとしない出来。
それなりに好発決めて2列目で入っていける位置だったのに外から来られると引き気味。
序盤からペース上がらず途中で折り合い欠きそうになると更に引っ張って後列まで下がる。
馬場も前有利だけどペースも序盤(特に1F目)スローから中盤以降淡々として、キレたアッフィラート以外は流れ込み競馬。
ただでさえ前半流れて良さが出るタイプだけに真逆の流れで終始引っ張り気味だったし、直線もスペースの取り合いで引っ張るロスありで、何をやってんのかという感じ。
折角短い距離で使ってきて前進気勢ついてるのに、ビビって引っ張って位置悪くしてと・・・
前で折り合わせようとする選択肢はないもんかねえ。
まあ指示もあったかもしれんし、よくあることなんで諦めるしかないけど。
とりあえず短縮かなあ・・・


あとエクストラファイン。やはり戸崎騎手は前で運べる馬じゃないとアカンのかな。
我慢させてドンと弾ける馬ならいいけど、前突いて出し切っていいタイプの馬なのに馬群に入れて身動き取れない状態で終始ブレーキ踏みつつ、進路なかったのもあるけど残り200mから追い出して流れ込みの展開を差せる馬でもないと思うんだが。
外の馬に前に入られズラッと壁が出来てたから仕方ないけど、序盤で位置を取るとか進路を意識しておくとか出来ないもんかね。前走だって先行出来てるわけだし。
ファルコンSのダノンスマッシュは出遅れたし仕方ないところはあるけど、差して進路失くして脚出し切れないパターンが多すぎる気がする。府中牝馬Sのアドマイヤリードなんかも酷かった。
基本前へ行ける馬かダートじゃないと狙うのがちょっと怖い。



中京12R 恵那特別 ダ1200m

11.メイショウタラチネ 川田 4人気10着


出来はさすがに落ち気味かな。耳の動きなんかも集中出来てない感じ。
割と良く見せる馬だったんだけど。

同位置のキタサンガンバやビバラビダは結構強い馬だと思うけど伸び切れなかったし、差しにくい馬場と流れだったと思う。あと左回り(川崎1戦中京4戦)は全く結果が残せず惨敗も多い馬。

レースではスッと位置取れそうだったが外から入られるとキックバックのせいか下がって、そこからいくらかムキになったけど、すぐ落ち着いたしそこまで影響は無さそう。
その割になんで伸びないかなと思ってたけど、見ると直線一度も手前替えずずっと左手前。少なくとも前の9頭はすべて右手前だしそれが普通なんだけど。
左回りに結果出てないのもその辺があるのかもしれない。見直す。


10.ダウトレス 田辺 13人気11着

まあ出遅れたし馬場や展開的にもこんなものかも。
ちょっと1200mは忙しいし、ひとまず延長でだけど常に出遅れるし立ち回りや展開で恵まれてどこまでといった印象。




今日はダービートライアル青葉賞に繋がりやすい注目のレース土曜中京の大寒桜賞の注目馬を。

土曜は中山阪神で重賞があるため騎手は継続かな・・・
あと今の中京の馬場は後ろからだと確かに不安はあるけどBコース替りでまた違ってくると思う。出来たら回復して高速馬場の方がいいけどね。

前走は時計やラップなんかの数字抜きでかなり衝撃を受けた競馬。
これはちょっとモノが違うかもしれないと・・・
去年のミッキースワローの新馬戦と同じぐらいは言い過ぎだけど強い馬だと思う。
そういえば父親も一緒だしね。タイプは違うけど。

想定通りのメンバーなら少なくとも3人気以下だろうし、良い走りを期待したい。



いつも応援ポチありがとうございます

馬名はこちらから




競馬ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。清き1クリック( `・∀・´)ノヨロシクデス

スポンサードリンク