フラワーC。ロックディスタウンの殿負けよりも、完璧に噛み合ったと思ったメサルティムが負けたショックが癒えないので簡単にいく



中山6R 3歳500万 芝1600m 13:00発走


10.オメガラヴィサン M.デムーロ

2走前の阪神は数字こそ馬場考えると強調できずも、手先の軽い走りで仕掛けてスッと動けたように本来は良馬場の方がいい。ラストの坂でも余力持って突き抜けた。ムーアも道悪は良くないとコメントしている。
前走は稍重だが雨が激しく振って一気に悪化している馬場。当日古馬OPでもマイルで1分36秒台だったように相当重い馬場だったはず。
そんな馬場でムーアが出していくと一気に掛かって前を追い掛け4Fが45秒台に入る超前傾ラップ。
一緒に逃げたトゥラヴェスーラはブービー負けと失速する中、離されたとはいえ4着と踏ん張ったのは相当強い競馬だと思う。

恐らくアルーシャと1人気争うと思っていたが、アイスフィヨルドよりも下げて3人気。
前走の反動さえなければ今回はミルコだし、血統的にも母系は中山向きで、土曜日も父キンカメやルーラーシップの仔が走っただけに、牡馬で馬格もあるし頭狙いで。
長距離輸送は東京でこなせている。



中山8R 4歳500万 芝2000m 14:00発走

12.スパイラルダイブ ルメール

3走前のやらかしからちゃんと地方で賞金積み上げて待望の復帰。
500万下ならノータイムで通過できる力はあるんだけど、このタイミングでルメールとか買えるオッズになる気がしない。
ゲートは出ない馬だし確実にスローから後半ロンスパ必至のメンバー構成。
ウォーブル大知の仕掛け度合いにもよるが負けて強い競馬をやってしまいそうな悪寒がする。
応援に留めておく。

中山2000mに戻った14.コスモスピードなんかが気になるけど流石に厳しい気がするなあ。
人気無いならウォーブルの一発を警戒したいけど、これも狙うまでには今一歩という感じ。



中山9R 幕張S 芝1600m 14:35発走

9.ソーグリッタリング M.デムーロ

これもずっと追い掛けてる馬だけども、この戦績でこの鞍上なら人気は必至。
クリアザトラック、ティソーナ、プロディガルサンに次ぐ4人気ぐらいなら考えてもいいかもしれんが、たぶん無理っぽい。



中山10R 千葉S ダ1200m 15:10発走

気持ち的には8.ハットラブの3連勝だけど人気にもなるだろうし流石にという気がする。
6.ドラゴンゲートは厳しい競馬でも踏ん張るけどあと一歩が足りない中、1.ナンチンノンが今回こそ内枠に入って主張してきそうだし、ここ2戦狙ってる4.ベックも人気になりにくい馬だけど、前走は流石に立ち回りに恵まれた。

11.ニットウスバル M.デムーロ

16.ショコラブラン ルメール


中山カペラSでかなり揉まれ込んで厳しい形になった2頭。
そんなに能力的な差はないので、大外枠でブリンカー、前走大敗で人気落としそうなショコラブランの方に気があるかな。前走は流れに乗れてなかったし前が残りで差しても内通した馬しか突っ込めない展開だった。バルジューからルメールというのもプラス。



中山11R スプリングS GⅡ 芝1800m 15:45発走

今日のフラワーCはやはり傾向通りペースが上がり切らずディープ産駒がワンツーしたように、コーナーでの出し方と決め手が問われる流れになったが、スプリングSはどうだろう。
割と流れて速い脚はそこまで問われない気がする。
そうなると馬場自体は先週と同じような感じだし、やはり直線は内が踏ん張れるイメージ。外から鋭くさせるような馬場ではない。立ち回り勝負だろう。


2.ルーカス M.デムーロ

とりあえずミルコというのが大きい。今日のフラワーCなんかを見ても完璧だしケチの付けようがなく馬場も読めてるのは間違いない。馬自体はそこまで評価してなかったんだけどね。

ただ前走のホープフルSは正直思った以上に走ったと思う。
追い切りで放馬して回避もあるかという中で順調さを欠いた臨戦過程。序盤から折り合いを欠いて前をムキになって追い掛けたのもその辺が影響した部分もあるだろう。
前半脚を溜められたかどうかがかなりの影響を与えたレースだっただけに・・・

前が失速するのと、後ろにスイッチが入るちょうど馬群の辺りで仕掛けもワンテンポ早くなってしまったし大敗もあるかなと思った中でそれなりに着順をまとめて来たのは能力があってこそだと思う。

今回は調整過程も申し分なく動きも良いし、何より上手く立ち回れそうな枠がいいかな。
スタートさえ決めればポジション取れればチャンス。

馬場をみてもフラワーCこそ、かなりゆるい流れから直線で11.5秒の加速を問われて、外から出していった決め手あるディープのワンツーという結果だったけど、明日は恐らくそうはならないし、残り800mあたりからの4Fロンスパ持続勝負となりそう。
そうなるとある程度のポジションで立ち回りたいし、コーナーで外使うと厳しくなると思う。


本当は12.マイネルファンロンを本命にしようと考えてたけど、そういう理由もあってこの枠でいくらか割引き。
ただ仕上げ的にもう一つの状態でも前走は相手考えると強かったし、葉牡丹賞はジェネラーレウーノやシャルドネゴールド相手に僅差。
血統的にも母系は中山のスペシャリストだし、スッと前付け出来るようであれば喰い込んで来れる。


後はスンナリ番手取れそうな5.エポカドーロ。ハナを切るのとは違うけど前走はしっかり緩急利かせれたし長く脚を使える馬。いいコース選べて走れるのは大きい。

紐穴なら前で立ち回れそうな1.パールドバイ7.ビッグスモーキー。血統的にもパールの父ドバウィの仔のモンテロッソ産駒が芝で穴を開けてたし、ビッグの父であるキンカメやルーラーシップの仔も好走が目立っただけに。

ステルヴィオは賞金もあるしスタートの出ももうひとつ。じっくり外からの競馬を選択するだろうし届かず3着までというのに期待。
ゴーフォザサミットやカフジバンガードもどうしても外動く形になりそうで難しい気がしている。


この後最後まで書き切る自信が無くなったので一旦ここでアップ



一応この中で買ってみたい馬を一頭だけ。

こちらから




競馬ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。清き1クリック( `・∀・´)ノヨロシクデス
スポンサードリンク