明日はもう金曜日なのか( ´_ゝ`)フーン


中山3R 3歳未勝利 ダ1200m


14.グラスレオ 田辺 5人気1着


取り上げてない馬だけど、一番軽い時間帯の馬場だったとはいえ500万勝ち負けレベルの圧勝と変わり身を見せたのが気になりどんな馬か調べてみた。
外々スムーズに勝負処12.9秒と前が減速するタイミングで動けたとはいえ12.0-12.4でまとめて後続突き放したのは余力も感じられた。

初ダートとなった前走が未勝利でも関西馬も混じる中京。
初戦が芝1200mでハナ切れるほどの馬だが、ダートスタートのせいか行き脚つかず、前に入られて終始砂被るのを嫌がってかバカつきながら最後方近くまで後退。
コーナーでの減速地点でも気にする感じで、直線再加速する中で今度は内外挟まれブレーキ。
そんな中でも盛り返し気味に上がり3位の脚で最後は伸びた。


WS000008

直線の不利なんかはパトロールで見ないと映らないシーンだったし、こういうのをちゃんと見つけて馬券にしないとダメだなあと。
これがキャリア積んだ古馬戦だとすぐ巻き返せないことも多いけど、相対的に能力が低い馬が集まってる3歳未勝利戦とかだと確実に巻き返してくる。
今回上位人気が着順はいいけど頼りない面子だったし、芝スタートの外枠で田辺とか巻き返す要素が確実に揃っていただけにね。

それでもこの馬でも7.8倍の5人気なんだから世の競馬民のレベルの高さが昔とは違うよね。
新馬で2人気になってるぐらいだし調教も動いて能力バレてたのかもしれんけど。
最近はほぼ見てないけど未勝利戦は宝の山だと思う。


この調子でやってたら絶対終わらないんで駆け足で



中山6R 3歳500万 ダ1200m


10.フェリーチェ 横山典 1人気4着


WS000011


何か書いてたつもりがそっくり抜けてたというね
面倒くさいのでTwitterからコピペ


写真は4走前東京で最後方から追い込んだ時。

 この馬は左手前だととにかく左にヨレる。 直線左手前で内に寄ろうとして立て直す。
 なんとか外に出して右手前に替えると真っすぐグイグイ伸びる。
残200m過ぎて左に替えると内へ内へ。


前走2着時は左手前で前に離され、今回もゴール前、前が開いてるのに左手前で外に行こうとして減速。
3走前勝った時はゴール前で右に替え勝ち切った。
 直線広いところに出すか、東京コースで一変すると見ているが。

腕達者の典さんに期待したい。



中山9R 房総特別 芝1200m


16.イノバティブ 勝浦 3人気4着

先週のオーシャンSが1.08.3(33.5-34.8)で、ここが1000万で1.08.9(33.7-35.2)なら雨の影響もあって多少時計が掛かっていたことも考えれば水準かそれ以上とみていいか。

今週は一転して少なくとも直線部分に関しては圧倒的に剥げた内の踏ん張りが目立った印象。
全体的にスローが多かったけど先週もそうだったし、その割に内がいいし逆に明らかに外の伸びが良くないのは変わらずといった馬場傾向。

展開的には向く流れだったが3角から早めに外動いていった分苦しくなったのは確か。
やや足の使いどころが難しいタイプではあるが、距離的に1200mは忙しい印象。ベストは1400mか。



阪神6R 4歳500万 ダ2000m

8.ナムラスパルタクス 荻野極 6人気8着

間が空いて転厩初戦。前半流れる中である程度追いかけたし、ペースが落ちたところでややムキになってチグハグな印象。ただペースアップに置かれて早々に苦しくなった。
高速馬場は不向きなのと、仕上がりは悪くなかったがやはり久々。
使いつつ変わってくればいいが、もうちょっとやれるとは思っていただけに。



阪神9R ゆきやなぎ賞 芝2400m

10.エタリオウ 和田 
2人気2着

WS000015

妄想に過ぎないけどこういうことかなと。
阪神外回りでいくらスローとはいえ直線入る600m手前の地点から11.5秒は一気にギア入れ過ぎ。
それでも45.8秒でまとめて半馬身差まで残すんだから相当強い馬には間違いはないんだけど。

それにしても狙ってやったならミルコは恐ろしいし、実際に去年の宝塚のサトノクラウンでやってるからなあ。でもそれよりもその様子を見ながら後ろでまったく動じない武豊もミルコマークしながらきっちり人気薄を僅差の3着まで持ってくるんだからこれまた恐ろしいよね。

普通なら一旦スイッチ入れたら馬って止まらないもんなんだろうけど、再び抑え込んで内目を回させるとか、ミルコの技術もあるだろうけどサトノワルキューレも牝馬ということ考えても大した馬だと思う。



中京7R 4歳500万 芝2000m

7.タガノヤグラ 藤懸 
7人気5着

まあよく追い込んでるのは確かだけど、こういう極端な流れでしか突っ込めないし、それでも5着までというとこならこの辺が限界なのかもしれない。あまりに前半置かれるし、その辺が改善してこないとどうしても展開待ちになるのでなかなか難しいね。

6.ブラックカード 秋山 5人気9着

これもまあ確かに前で運ぶと苦しくなる展開で2着以下は完全なバテ差し競馬になったけど、こういう流れ自体は悪くないし、久々であることを考慮してもちょっと止まり過ぎかな。

5.ジャガンツ 菱田 13人気14着

沈むように出て後手踏む。向正面入り口から外動くのは悪くない判断だったが、運悪く前が引き上げるタイミングで動いた分苦しくなったのは確か。スタート出ても恐らく厳しかっただろうが自分でペース握れるメンバー構成ならまだわからない。



中京8R 4歳500万 ダ1400m

6.クインズマラクータ 松若 6人気7着


数字的にはそれなりに作ってきたが緩みはあったしやはり半年ぶり。
道中も立ち回り良くロスなく運べたし、直線も内は空いてたけど伸びずバテずという感じ。
ノドの手術明けでもあるしここ使われてどう変わるか。

10.クワッドアーチ 柴山 9人気2着同着

14㎏絞れて腹回りはスッキリ仕上がった。
あまり上りが速くなる馬場と展開だと難しかったが適度に乾いて流れたのもあって噛み合った。
一応力は出し切った印象で、まだ多少は絞れそうだけどこれ以上となるとどうか。



中京9R 4歳500万 芝1200m

4.アンジェリー 丸田 10人気11着

短期間で小倉⇒美浦⇒中京という移動を挟んでただけにどうしても手控えた調整になってしまったのが裏目に出たのか絞れていい感じだった前走から10㎏増えて腹回りも明らかに余裕残し。

レースでは相変わらずスタートいいんだけど、乗る方に位置取る意識が皆無なんで収まるポジションを探してる内に、案の定外から前に際どい感じで入られ引っ張って下がる。この辺は前走とまったく一緒で消化不良。

4角6番手までの馬で6着まで上位を占める展開もあってこれではどうしようもない。
丸田は元々キレイに乗るイメージで位置取り悪くすることが多い印象だけど、今年は110鞍以上乗ってわずか1勝と勝率が1%に満たないように絶不調。どうしちゃったのかねえ。

スタート出る馬なんだからちゃんと流れに乗せて欲しい。
ただ1200mだと流れに乗り切らない感じもあるんでベストは高速馬場の1400mかなという気はするが。



日曜日分の回顧はやれるのか怪しいなあ



さて。出走馬決まって他の重賞もみたけどピンと来る馬がいない模様・・・

今週の重賞はフラワーCに全力かな!
狙い馬は引き続きこちらに





競馬ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。清き1クリック( `・∀・´)ノヨロシクデス
スポンサードリンク