明日はさすがに雨の影響が残りそうだし、中京は開幕週のAコース戻し。
馬場が読み切れない可能性も高く、幸い狙いたい馬もあんまりいない感じなんで簡単に。



中山6R 3歳500万 ダ1200m 12:55発走

10.フェリーチェ 横山典

まあ人気だろうし。

2走前の余力残した完勝から前走は上がり目を期待したけどパフォーマンス自体は上がらず。
ただ相手が悪かったし3着以下は完封。

まだ非力で頼りない馬体だが芝でもやれそうな軽さはある。
雨の影響で馬場が軽くなるだろうしスピードもあるんでそこはプラス材料。

ここは勝っておきたい。



中山9R 房総特別 芝1200m 14:35発走


16.イノバティブ 勝浦

前走は立ち回りロスが大きかったし、手前替えるタイミングで外に出した際過剰に外に逃げ加減になってしまった。右回りの方が向く気がする。
ただ今回も後ろから外回す競馬になりそう。今の中山は直線こそ内も伸びるけど3-4角はあまり内を通したくない馬場で、前で運ぶ馬がコーナーでいいコース押さえてしまえばインは突きたくないし、どうしてもその外からになってしまいかねない。
そうなると突っ込み切れないイメージ。そうなると狙いは先かなという気がする。



中山牝馬Sは14.カワキタエンカかなと考えてたけど、大外枠だし調整過程もピンとこない。
レースを投げ出した感じの前走の負け方もやっぱり気になるので止めておく。
替りに狙うとしたら8.ゲッカコウだけどそこまで確信もないしまあいいや。



阪神6R 4歳500万 ダ2000m 12:45発走

8.ナムラスパルタクス 荻野極

ダート替わり初戦で狙った時、メイプルブラザーとタガノディグオとの3頭で3連複700倍ついたのは美味しかったなあと物思いにふける。
まあその2頭はバリバリのOP馬だし、この馬もOPとはいわないけど500万にいる馬でないことは確か。

その後も使い詰めで安定しなかったけどサンライズウィズの同タイム4着だった小倉戦なんかでも、サンライズウィズは1000万も通過、2着のドラーバーズハイや6着7着馬、そして12着や15着馬まで500万を突破するというメンバーが揃ったレースだった。

落馬による競争中止や除外もあって間が開いて今回転厩初戦。
ただ乗り込み量はかなり多いし坂路での時計も詰めているように状態はリフレッシュしてそう。

後はやはりパワーの勝ったタイプで不器用なところがあるので、雨による脚抜きのいい高速馬場と中盤が弛んで上りが速くなりやすいコースで少頭数だと軽さ負けの懸念はある。
今回ダメでも順調に使えるなら引き続き注目しておきたい馬。



阪神9R ゆきやなぎ賞 芝2400m 14:25発走

10.エタリオウ 和田


前走は結果的にここも出走のサトノワルキューレの邪魔をする形になったわけだけど、あれがなくても逆転されたということはないと言える脚色の差だったかなあ。

比較的よく見かけるんだけど、直線入口で右手前のまま内に寄ってしまう馬は少なからずいて、左手前に替えてもすぐに立て直せないことが多い。サトノが逆に左手前に替えた時に幾らか外に寄ったのもあってあの接触に繋がったのかな。和田騎手はすぐに右ムチ入れて立て直そうとしてるんだけどね。

最後再び右手前に戻してグングン詰め寄った脚は良かったが、スムーズに逃げ脚伸ばした勝ち馬にギリギリ及ばなかった。
この2戦取りこぼし気味に負けてるので、何とかここは賞金加算したいところ。

問題は負けた初戦と同じ阪神外回り。
かなり仕掛けが遅い展開でラスト2Fが11.2-11.3と前が上がり切ってない形での差し遅れ。
とはいえ今回は2度の坂越えに加え直線長いタフな阪神2400mだし、雨が残る軽すぎない馬場であれば、しっかり前を射程に置いて運べば大丈夫かな。



中京7R 4歳500万 芝2000m 13:05発走

7.タガノヤグラ 藤懸


前走はテン3Fこそ速いが以降強烈に弛んだのに対し馬群は縦長で開く一方。
残り4Fから12.0-11.8-12.2-11.8で前がスパートする中でかなり離れた位置からでは到底追い上げ切れないのも仕方ない。
どうしても後方になってしまうが、今回ピースマインドにジャガンツ、ブラックジェイドやアンネリースと前掛かりになってもおかしくないメンバーだけに、内目から上手く立ち回ればもう少し突っ込めていい。

6.ブラックカード 秋山

2走前と3走前は外から勢いつけて出し抜いた馬が上位に来る中でインで待たされ気味に仕掛け遅れたし、2走前は直線の入り口でギアチェンジ求められるような流れも合わなかった。
前走の馬場は最内1~2頭分が伸びない馬場だっただけに、そこに潜り込んだのが裏目。ワンパンチ足りないのは確かで勝ち切るまでは難しいが見直してもいい馬。


5.ジャガンツ 菱田

前走は前掛かりで仕掛け早い展開で完全に差し向きの流れ。前で運んで同様に苦しくなったモレッキも強い馬だし0.1秒差の踏ん張りなら悪くはない。
5走前は出遅れでスムーズさ欠いてラス3Fで11.6秒と後続の仕掛けも早過ぎた。
4走前3走前はダート。2走前のマイルは忙しい。
今回同型のピースマインドが前走競って崩れてるだけに無理はしてこない可能性が高いし、ブラックジェイドが主張してきても、共に内に見る形だしその時は前を見ながら運べばいい。
崩れたレースはちゃんと敗因があるし、デビュー3戦はかなり評価していた馬。
昨年の開幕週はAコースに戻って立ち回り優位の馬場だったし、人気もまったくないので。



中京8R 4歳500万 ダ1400m 13:40発走

6.クインズマラクータ 松若


デビューからの2戦はかなり評価できる内容だっただけに、休みを挟んだ以降の2戦が不可解な敗戦だった。
どうやら喉に原因があったようで、今回は手術明け。
いきなり変われるかは未知だが調教の動きは明らかに良化しているし、息遣いもいいらしい。
能力は間違いないんで狙うとしたら人気のない今回か。

10.クワッドアーチ 柴山

大型馬の+26㎏で流石に太目が残った前走も気持ちの面でリフレッシュできたのか、完全に前が崩れる展開の中最後まで見せ場十分の粘り。
ただ馬体見てもパーツが大きくて完全なパワータイプだけに、雨が残ってあまり速い馬場になるとスピード負けしそうな点は割引き。



中京9R 4歳500万 芝1200m 14:15発走

4.アンジェリー 丸田

前走は2の脚ついたところで接触があったし、道中も前がゴチャついて引っ張った分連鎖的に下がって流れに乗れず。下り加速で勢いつけたい中でこれだと厳しくなる。出来は良かっただけに。

5走前は好発もインで前の馬が引き気味にドンドン外の馬を内に入れてきた分位置下げて脚余す形。
4走前は久々で途上の中、内伸び決着を大外を回して鋭く伸びた。
3走前は距離が長いし、2走前は4角で11.7秒と上がり切らない中、直線入口で11.2秒と加速する流れを内で待たされる形から直線も進路失くして最後までしっかりと追えず消化不良。

本来スタートも悪くないし2の脚もつくだけに、今回の並びなら3列目ぐらいのインのポケットは取れそうだし、一応Aコース戻しで昨年のレースなんか見直しても短距離は立ち回り優位になっていた。
今回進路さえしっかり取れてスムーズに運べれば。

問題あるなら前走の出来が良かっただけに、小倉⇒美浦⇒中京の移動での反動。
あとはあまり道悪が残るようだと未知な面はある。軽い馬場向きだと思うので。
その辺だけかな。

以上。



明日買うとするならば面白いのはこの2頭かな。
まだ反映されてない可能性も




競馬ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。清き1クリック( `・∀・´)ノヨロシクデス
スポンサードリンク