引き続き回顧していきます。



中山4R 3歳500万 ダ1800m


13.モリトユウブ 蛯名 
9人気7着

ちょっと相手が強かったのは確かかと。
ただスタートがいいのは武器だけど序盤ムキになるところがあるし、それはずっとだが今回次々と外から入られる形になって結局向正面入るまでスムーズさを欠いていた。
後は終始外通すロスと3角の加速地点でも外動いたロスも多少は影響した可能性も。
まあそれでも4着馬と0.1秒差だから、そのうちメンバーレベルが下がってきたらチャンスもあるか。
後は気性面の改善で距離は大丈夫だと思う。

勝ったミッキーポジションは久々ながら、自分の型にハメたマイネルユキツバキに勝ち切るのはなかなか強い内容。

3着テトラルキアは3角手前の13.2秒の弛みに外動いたのはさすが田辺というとこだったが、結局内からも張られて外々通しつつコーナーに入ってしまった分苦しくなった感じ。着差ほどの差はない。

2着のマイネルユキツバキはやはりそこまでスタート後は速くない。外から内に入ってハナを切るかと思われたフレッシビレが何を思ったか外を気にして内に入れきらない間に1角で馬体をねじ込んで、ハナを取り切ったのが大きかった。自分の形なら強いけどそうならなかった時が課題。



中山8R 4歳500万 ダ1800m

12.6 - 12.0 - 13.4 - 13.2 - 12.8 - 12.8 - 12.7 - 12.1 - 12.8

これね・・・後ろの騎手は何やってんだと思うよね。
ゲートで固まったスターフラッシュは仕方ないけど、こんだけ弛んどいて向正面で動こうとしたのは田辺だけ。
ディスるわけじゃないけど目についたのでダイワドノヴァン野中君。
馬は向正面スローで行きたがってるので引っ張る気持ちも分かるけど、スペースもあったし前へ行かしつつ折り合いつけるっていうのはそんなにも難しい技術なんだろうか?
番手のデムーロが3角から即ハミ掛けてスパートしてるのに何にも感じず動こうともしない。
まあサッカーなんかでも俯瞰で見るのとピッチに立ってだと全然違うのは分かってるけど、こういうの毎週見せられるとウーンと唸ってしまう


12.ブライトリビング 大野 
1人気2着

-12㎏はやっぱり良くはないのかな。元々スッキリ見せる馬だけど攻め過ぎたかも。
レースでは3番手で前を見ながら。まあ後ろも動いてこないしその位置で満足してたのもわかるけど、仕掛けの意識が甘いから後手後手。

デムーロが動いたのを確認して遅れて動き出す感じ。もちろん勝った馬は勢いついてからは楽に12.1と加速してそこで置かれるのは馬の性能の違いもあるけど、基本待ちの騎乗でちょっと物足りなさを感じるかな。一応1人気なんだしね。

こうなったらデムーロ買っとけばいいんだけど過剰人気するし買ったら来ないしで悩ましい・・・

まあ勝った馬が強かったのは確か。



中山9R 潮来特別 芝2500m

7.0 - 12.9 - 13.6 - 12.8 - 12.8 - 13.2 - 12.9 - 12.7 - 11.1 - 11.5 - 11.8 - 11.8 - 12.1

ポイントはバラダガール戸崎が外から動いた残り1000m地点。前走の仕掛け遅れが頭にあっただろうし動くタイミング自体は悪くないけど、スローだから動けばいいじゃない!と外野は思っても、乗ってる方としてあまり心理的に動きたくないのはこういうことなんじゃないかな。

馬にもよると思うけどスイッチ入れてしまうと馬は後先考えず行ってしまうのが本質なのかも。
さすがにこの位置から11.1秒に入れてしまうと無酸素運動の領域に入ってくるから、後ろの馬もスイッチに対し追いかけた面はあるし、特に外々ついていった面々も苦しくなったと思う。
結果は皮肉なもんで、そこでついていけず置かれ気味に内通して仕掛けが遅れることになった2頭がワンツーする形。
レースは生き物というのが良く分かる例だと思う。難しいわ。


1.チャロネグロ ミナリク 
4人気4着

前半置かれるのはいつものことで、スローをジワジワ位置上げていったのは好判断。
結果的にペースアップを外々動いたのが響いたと思うが直線甘さ見せるのも早かったし、3走前の京都3着は雨の影響と判断したけど、どうも動いていくと良くないのかもしれない。

昨年の芦ノ湖特別7着敗退が3F戦で引っ掛かってたけど、最速上がりタイで0.3秒差。
前走の2F戦を最後まで伸びてクビ差の2着だし、ハーツ産駒でもあって前半ゆったり脚溜めて最後に特化させる競馬の方がいいのかもしれない。興味深い馬。



中山10R 上総S ダ1800m


12.8 - 11.7 - 12.2 - 13.0 - 13.1 - 12.5 - 12.3 - 12.0 - 12.7

※初茜賞
12.8 - 12.1 - 12.4 - 12.1 - 12.3 - 13.1 - 12.2 - 12.0 - 12.9



両方とも横山典Jがハイランドピークで逃げて刻んだラップなんだけどまさに変幻自在。
ただ共通するのが後半3Fのラップにほぼブレがないこと。これは興味深い。

ちょうど3角に入る辺りからなんだけど実にコーナーの使い方が上手いよね。
必然的に後ろで仕掛けたい馬はこの馬よりも外を通さないといけなくなるから絶対的に脚を使わされてしまう。

前走は中盤が締まった分、前で追い掛けた馬が苦しくなり我慢した馬が最後に差して来るパターンで、今回もそれを期待しての8.パルトネルラーフ本命だったんだけど、今回は前半食いついて来られたのもあって中盤でしっかりペースダウンして後続の仕掛けを3角まで待つイメージで乗ったんじゃないかな。

ここでも13.0-13.1地点で後続は金縛りの中で、やはり進路見つけたタイミングで意識的に動いて11番手から2番手まで押し上げて来たのがデムーロ。ホントに流れの中で位置取りを把握する能力は恐ろしいね。動かして位置上げつつも前で落ち着かせる技術もあるんだろうけど。

田辺ならどうか?と思ったがこのレースは乗ってなかったか。

和田Jなんかもイーストオブザサンで明らかに前半ガツンと出していってるし、いつも通り後方にいたらお話にならない流れできっちり掲示板確保しているし、本当に買う騎手は考えないとストレスが溜まって仕方ないよね。

結果的に4角5番手以内の5頭でそのまま決まるレース。
典さんに脱帽するしかないわ。


8.パルトネルラーフ 大野 
6人気10着

状態は本当に良くなっていたと思う。ハイランドが前走のような流れを演出するイメージだったけどそうはいかなかったのが失敗だったかな。

陣営は少し勘違いしてると思うんだけど、2走前大敗した時のコメントで前にいく競馬は良くないのかと判断したことか。そのせいかレース前のコメント見てもとにかく脚を溜めてみたいなのになってるしね。

単純に位置取りではなくって1000m通過が今より時計掛かる馬場で開催最速の60.2秒。当然この流れをいつもより前の4,5番手で運べば止まる。離し逃げもあるから、この馬自身は62秒ぐらい。

今回は62.8秒のややスローで自身は65秒切れるぐらいでさすがに離れすぎ。

ちなみにこのコースで1000万勝った時がレースは62.3秒通過だけど、前から5馬身程度の位置につけており自身は63秒前半という通過。そこからしっかり脚は使っている。

まあ当然計算通り行くわけはないんだろうし、展開もフタを開けてみないとわからんという面もある。
それでも頑なに下げないとダメというふうに固執するんじゃなくてもうちょい柔軟に考えてもいいんじゃないかとは思うんだけどどうだろうね。

まあ買った方がダメなのはわかってるけどやりきれんなと・・・



中山12R 1000万 ダ1200m

最初から買う気のないレースで結果だけ見て勝ち馬マイネルエスパスの人気の無さにビックリしたけど、休み明けで不安要素でもあったのかな。
この条件だとスティンライクビーとも接戦してるし、OPでも好走してるドラゴンゲートの0.5秒差2着なんかもあって普通に能力上だし人気だと思ってたんだけど。
こういうのをしっかり見つけないとダメだよね・・・

10.メイショウグジョウ 柴田善 15人気9着

先週の中山ダートは特に土曜で前が圧倒的に有利な馬場傾向だったし仕方ない。
元々1200mは忙しいけど特に芝スタートの中山1200mだとまったく行き脚がつかない。
ただ上がりが掛かる展開というのは向いててちゃんと外から脚は使って来れた。

ダートスタートの1400mで前半流れて上がりが掛かるという好走スポットの非常に狭いイメージ。
狙いどころは難しい気がする。




日曜特別戦から気になる3頭を追加でピックアップしました。
反映されてなければゴメンナサイ




競馬ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。清き1クリック( `・∀・´)ノヨロシクデス


スポンサードリンク