とりあえず先週を振り返ります。


【先週のブログ掲載チェック馬成績】
WS000018


土曜1発目の中山7Rアメノムラクモの惨敗に著しく自信が揺らいだけど、とはいえ10人気の馬だけにそんな甘くないのも確かだった。詳しくは回顧で触れるとして、あそこまで負けるのは気性面で影響した可能性が高いだろうと思う。

プレシャスブルーが順当に4着で後は平常運転かなと思いきや、コマビショウが人気だったけど久々に頭で狙った馬が2着じゃなくて勝ち切ってくれて良かった。もちろん相手で狙ってたキャベンディッシュがパドックで一番よく見えたんだけど強気の仕掛けで2着に喰い込み穴を演出してくれたのも助かった。

小倉9Rシュピールカルテは、小倉の内枠のメリットが薄れて来たことと明らかに一段と高速化してたため流石に速度負けしそうで回避。

中山12Rのジュンスターホースは人気過剰なのもあったけど、調教師引退厩舎の仕上げがメイチっぽかったので、その辺考慮してなくてリスク感じたんでこれも回避させてもらった。



日曜は狙い通り小倉9Rマイネルツィールがどうにか3着確保してくれて一安心。
メインは阪急杯よりも本命が明らかに想定より舐められてた中山記念だろうということでそっちに絞ることに。
本命のアエロリットと週頭から注目馬として挙げたマルターズアポジーが無事馬券圏内を確保してくれ、相手も2頭に絞った内のウインブライトということで無事的中と珍しいことが続いて驚いたね。

最終レースは中山のパッシングブリーズこそ展開不向きで届かずも、阪神メイショウタラチネ川田が前走からしっかり修正してくれてこれも馬券圏内確保ということで、久しぶりに穏やかでストレスのない1日を過ごすことが出来た感じ。

やっぱストレスが溜まるのは力を出し切れたとは言えない負け方で外し続けること。
普通に乗って普通に負けるのなら見込み違いということで精度を上げればいいと割り切れるんだけど、最近はとにかく買う馬が悉く負の連鎖を感じる負け方をしてたんで、純粋に良かったなぁと。

気持ちよく回顧に入っていきたい。



【購入チェック馬ランク別集計成績】WS000001

【★3A】自信度高く上位人気(1-3人気)だが頭で狙いたい馬。
【★3B】自信度高いが期待値重視。中位人気(4-9人気)で3着圏内に来れそうな馬。
【★3外】自信度高めでも全く人気がなく(10人気以下)半信半疑な馬。見込み違いの場合がほとんど。

【★2A】能力的に人気通り(1-3人気)勝ち切る可能性が高いと感じる馬。
【★2外】能力的には勝ち切る可能性が高いが能力を出せない可能性もそれなりにある馬。

【★1B】噛み合えば圏内に来てもおかしくないが、中位人気(4-8人気)で自信度は低め。
【★1外】噛み合えば圏内の可能性はあるが過剰人気もしくは下位人気で著しく可能性が低い馬。




徐々に盛り返し気味かな。
最近改めて感じるけど自分のスタイルとしては、勝ち切れないけど人気の盲点になってる中位人気ぐらいの馬を3着圏内で狙っていくのが合うのかなと。そういう馬を探し出すのが一番やってて楽しいしね。

実際に単勝ということならほとんど1-3人気までの馬しか勝ってないわけだし、人気薄の単勝は来れば見返りも大きいけどリスクが大きいから最初から無視でいいレベル。それならワイドや3連複なんかに資金を回した方がいいかもしれんなと。

あと10人気以下になるような馬はいくら自信あり!とか言ってても、やはり見込み違いの場合がほとんどだし冷静になる必要があるかもしれない。もちろん来られたら失神しそうになるけど、そんなに競馬は甘くないし当たりを待つ資金力もない。その辺は割り切って考えたい。的中率と回収率とのバランスは考えないとと思う。

後は狙うレースを選定するときに、どうしても本命がこの条件でどうなのか?能力は足りるのかというように、本命中心に掘り下げて考えることが多かったけど、もうちょっとレースを全体像で見るようにしないといけない。人気馬の取捨なんかも凄く甘かったと思う。
その辺が頭で獲り切れない甘さだと思うし、複勝の跳ね上げなんかの面でもしっかりと意識していけば回収に繋がるんじゃないかと思っている。

まあ時間がないというのも大きいんだけどね。


そろそろクラシックに向けてトライアルも始まるし、やっぱりクラシックは競馬で一番の楽しみなんで3歳世代の見極めにも力を入れていかないとアカンなあ。

コツコツやるしかない。




さて、今日は土曜日阪神で行われるチューリップ賞からの注目馬を。

一昨年は◎クイーンズベストが12人気ながら4着。昨年は7人気◎ミスパンテールが2着喰い込んだように割と自信のあるレース。

ただ今回は昨年の阪神JFが高速で上がりの速い馬場でおこなわれたために、今の馬場とリンクしてきそうな感じ。となると阪神JFの1~3着馬の牙城は固い印象。

サヤカチャンあたりがペースを作る形で前走のように競り合うとオーバーペースの展開になる可能性はあるが、敢えてハナにこだわりそうな馬も他にいないしスンナリならペースは落としたいし落としてくる。となると突いていくタイプもいないし、今の阪神の外回りだと兎に角上がりの速さを求められるだろう。

阪神JFの上位3頭の牙城を崩すとするならば、やはりこの条件に圧倒的に強い産駒の子供。
想定では牝馬クラシック。特にこの舞台で圧倒的に好相性を誇る騎手が乗る馬だろうと。

今のところその馬に中間の気配やオッズなどから買えそうな条件が整えば本命の予定。
初戦で見せた坂での加速の鋭さも評価したい。この条件は合うと思う。


ちなみに先週の中山記念注目馬はマルターズアポジー



馬名はこちらから(まだ反映されてない可能性も・・・)



競馬ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。清き1クリック( `・∀・´)ノヨロシクデス
スポンサードリンク