土曜日の京都・小倉の出走チェック馬回顧を。


京都3R 3歳未勝利 ダ1400m


2.テイエムボンバー 松若 10人気9着

稍重スタートでいくらか軽い印象の馬場で、1回開催と違って顕著に前が有利な結果が出ている中で、スタート悪いこの馬を狙ったのはダメなんだけど。
それにしても久々とはいえまったく走れていない。1列前にいたショウナンアンビルと近いタイミングで動いて2秒近く離されてるし。よくわからんというのが正直なところ。おかしいなあ・・・

9.レッドジョルト 幸 4人気6着


確かに勝ったアカツキジョーが圧巻だったけどやや物足りない走り。
ただ前走は34.5秒のHペース突いていったけど3角から12.6-13.3の弛みで脚が溜まった感じがあるし、今回は終始追走に苦労して手が動いていたように弛みが欲しいタイプかもしれない。
1800mの内容も悪くないし再び延長でスムーズなら巻き返せそう。



京都6R 3歳500万 芝1400m


5.グリエルマ 小牧 
3人気4着

いくら重い馬場とはいえ1400mで36.8-49.5の流れは異常といえる遅さ。
当然掛かるのも仕方ないしそれはそこまで影響しないだろう。
ただエンジンの掛かりが遅いタイプを折り合いで引っ張った分馬群の中で仕掛け遅れ。
外伸び馬場だし4角で先外に入られ出し抜かれる形で上がりが11.3-11.5。
ここから後手に回って差し返せる馬ではない。力出せてないのは明らか。

3.プリュス 武豊 
2人気3着

今日は内枠でもあったし内目に入れて外に張る面は出さず。序盤で折り合い欠くも流れが流れだけに仕方ない。直線が11.3-11.5と速い流れを外から先に勢いつけられたら巻き返しは困難だし、ギアチェンジで鋭くというタイプでもない。それでも最後の一足はまずまず評価できる。流れがすべて。

勝ったデルニエオールはオルフェの下だし完成度低い割に人気先行のイメージがあってノールックでスルーしてたけど、回顧見ると前走はメンバー揃った中掛かり通しでイン伸び決着を外から良く伸びたと評価してた。今回短縮だったし単勝8倍と過剰人気でもないし詰めが甘かったと反省。



京都9R つばき賞 芝2000m

7.ウォーターパルフェ 池添 
7人気6着


この馬場で前半47.3秒は速い。前走は終始ムキになっていたが今回は馬任せで中団も流れている中で仕掛け気味に前付けしてしまった。それでも直線は一旦抜け出す脚。最後は甘くなったがキャラが掴めてきた。内回りを前半ゆったり運んで前目から直線一足使うタイプじゃないかと。逆に使える脚は短いはず。

勝ったユーキャンスマイルには注目。10㎏増えたがいい感じ。直線右手前で入って内にササり気味になった状態で左手前に替えるもなかなか立て直せず逆手前みたいな感じで追い出しを待たされる感じになった。一旦は外のダークナイトムーンが優勢も最後は差し返すように伸び1着。着差以上の強さを感じた。

時計の掛かるタフな馬場と京都外1800mでは珍しい流れる展開となったことは、デビュー2戦で決め手負けしただけに向いたのは確かだし、母のムードインディゴも持続タイプ。全兄のノガロこそ少しタイプは違ったが能力は高そうな一頭。



小倉8R 4歳500万 ダ1700m

3.マイネルツィール 的場 3人気6着

絞れて好仕上がり。ダート替り。
ある程度出して行くが外から次々に入られ後方列へ下がる。勝負処でもなかなか外に出せずで最後方まで後退。大外に出して最後は脚使ってるけど流石にあの位置からではどうにもならない。
仕掛け遅れで外スムーズなら順当に巻き返せるはず。



小倉10R かささぎ賞 芝1200m 14:50発走


5.ハクサンフエロ 木幡巧 8人気17着


まず久々で22㎏増。体型的に太く見せるがやはり余裕残し。
2の脚はつくけどそんなにスタート出るわけじゃないし、案の定出遅れで押し上げるも馬群でバカついて気の悪さ出す。やはり強さを見せた中山マイルや1800mあたりで楽に主導権取ってコントロール出来ればというところ。
中1週中2週で中山平場のマイル戦があるがそこなら面白いか。
萌黄賞(小倉芝12)とか出てきたら知らん。


小倉11R 和布刈特別 ダ1700m

8.レッドアトゥ 鮫島克
 3人気2着

小倉ダ1700mらしく出入りがあって仕掛けの早いレースだが落ち着いて乗って来られたと思う。
勝ち馬がかなりスムーズに運んできたし決め手が鋭い馬。3着以下は寄せ付けてないしやはり1000万では能力が上。ただメンバーには恵まれていたのは間違いない。

勝ったクレマンダルサスは完璧に近い立ち回りだけど、この条件でラスト推定11秒台に入れて来たのはやはり鋭い。4着のゼンノワスレガタミは不運としかいいようがなく最後も良く盛り返してるけど、こういうのは過剰人気に繋がりやすく次ぎ買えるともいえない。



小倉12R 大牟田特別 芝1200m

11.アンジェリー 柴山 
14人気15着

小倉滞在でも長目からしっかり乗られて馬体も絞れいい出来だったが。
好発からある程度出して3列目キープも6番に外から入られ下がったところに8番に今度は内から入られ減速して後方まで下がってしまう。
直線長いコースでスローなら位置的な前後差がなく33秒台の上がりも使えて圏内まで喰い込みもあるけど、他にもキレる馬もいるわけで確実には突っ込み切れない。
小回りの1200mだと34秒後半の脚が限界のように思うが、それは前半のペースに影響を受けてないので前半は流れた方がいいし、そうでなければある程度位置は取りたい。
今回のように結果的には前とか内有利になってるので途中で位置下げながらというのが一番厳しい。
何故勝負にいった馬が最近必然のように不利受けて下がるのかもどかしいけど仕方ないよね。
噛み合えば巻き返せる馬だと思う。




今日は日曜阪神メインの阪急杯での現時点での本命候補を挙げてみます。


馬名はこちらから
(まだ反映されてない可能性もありますが・・・)



競馬ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。清き1クリック( `・∀・´)ノヨロシクデス

スポンサードリンク