まだ土曜分の回顧とか・・・


京都7R 4歳500万 ダ1200m


3.ジーブレイズ 藤岡佑 ★ 3人気5着

前半ジングルベルに来られて競り合った部分はあったし、完全に差し優位の馬場だっただけにその辺考慮しても、ペースの割にだらしがない印象。
ただスピード活きる馬場の方が明らかにいいタイプ。今回重表記だが凍結防止剤の影響が残って粘るイメージで比較的時計の出ない馬場だったのには注意が必要。

4.ジングルベルロック 川田
 ★ 9人気14着

しっかり仕上がっていたと思うし川田らしい積極的な競馬も息切れかな。
前が楽な展開と馬場とはいえなかったが、以降狙うには半信半疑。

他で見直すとすれば2.タテヤマだろう。4角を引っ張りながら回らされたし直線伸びてくるも最後にブレーキ踏まされた。ただ人気は落ちないだろうしこういう負け方は覚悟しておかないといけない馬なので。


京都9R 祇園特別 芝1400m


6.ゴールドケープ ルメール ★★★ 3人気8着


WS000003

好発切って内目が軒並み遅れ気味だったんでスッと前付け出来そうだったが、内を待つ感じで消極的。逃げたいオーマイガイは仕方ないにしろ積極的にデムーロや浜中が位置を主張していく中で、掛かり気味になったにしろ後手後手に回る。前が下がって来た分位置を落としたのもあったし、そうこうしてるうちにロライマの後ろも福永に取られて結局直線は外しか選択肢がなかった。
もちろんそれを考慮しても手応え自体は微妙だったので来れたかどうかは不明だが、ルメールらしくない騎乗だったかと。
思えば当日5Rに悲しい事故があり鞍上はルメール。以降11着8着9着4着と精彩を欠いており、いくらトップジョッキーとはいえその影響もあったかもしれない。

画像のようにイン追走組が上位独占した原因としては馬場もそうだが、後半ラップ11.6-11.2-12.0-12.1あたりにも原因がありそう。11.2秒の地点といえば外回りだと4角丸々のところであり、3角地点から11.6秒と加速ラップに入っている。コーナーが速ければ速いほど数頭分とはいえ外を通らされると脚を使わされるし、そこで位置を外押し上げてきた8.バリスが失速するのも仕方がない。まったく人気のなかった4.オリエンタルポリス(芦毛青帽)が内立ち回って4着に突っ込んできてるのも、時計が掛かったのもあるが、この辺が要因だと思う。
あとバリスの場合は好発も2度位置下げるロスも影響したように苦しい競馬となった。見直せる。



中京6R 4歳500万 ダ1800m 12:45発走

8.エスポワールパレス 荻野極 ★★ 2人気11着

まだ2人気とかになってること自体驚きだがそういうメンバー構成。
好発から行き脚ついて先行体勢も外が速くて2F目が11.5秒。ここで引いたが馬の気持ちも切れたように下がってしまった。向正面でムチが入ってたように終始手応えが悪く勝負処で無理矢理恰好はつけてきたが力尽きて惨敗。調子も良くはないとは思うが気持ちがついてこない走りで悪い負け方。



中京8R 4歳500万 芝1400m

レース直前までオッズは当てにならんなぁと。3着のカトルラポールは1000万でも2年前からラスト1Fが掛かりそうな条件でずっと狙ってた馬だが前日から朝の時点では結構売れてたはず。勝ったシンボリバーグにしろ春の戦績から1人気争うだろうなと思ってたし、これも人気だったんだけど蓋を開けてみれば7人気。B装着も考えれば狙えるよなという印象。結果論なんだけどねえ。
狙った馬の中から妙味と来そうな可能性を天秤にかけつつ選別してるので、人気が信用出来ない時点で予想するのは無意味かもしれない。直前まで決めつけない様にすればいいんだろうけど、そうのんびりする時間もないんでね。

9.サンライズマジック 横山武 ★★ 4人気6着

この馬もレース直前で急激に売れて7.4倍の4人気なら正直妙味はなかったけど、だからといって切り替えも出来なかったなと。
スタート後ドウディに弾かれて後手踏んだけど元々行き脚つかないので仕方ない。
そこからは比較的立ち回りが問われる結果の中で、後ろからとはいえ勝負処から直線中目にスムーズに持ち出すロスのない騎乗。0.3秒差とはいえちょっと物足りない。
高速馬場の緩急ない前傾かイーブンで後半の渋太さを活かすイメージだが、比較的時計掛かってたし3-4角で弛んで再加速で直線11.3秒というのは噛み合ってはいない。それでももうちょっと際どいとこまで行って欲しかったが。

10.タガノミルキー 城戸 ★ 15人気13着

調子の問題もあるんだろうけど、この馬もサンライズと同様に高速馬場でペースが上がり切る中で渋太く脚伸ばせるイメージ。終いの伸びは確かに力負けの部分も感じさせるが、中京巧者でも年明けの中京は年間でも一番時計要するので合ってない可能性も。

あと中京の芝コース全般に言えるけどすべての条件で坂スタートだから序盤にそこまでペースが上がらない、その分3-4角の下りで一転してペースアップすることも多くて息が入らずっていうパターンも多く見られたけど最近は見られなくなってしまった。
コーナー部は割と角度がきつめでスパイラル状だから基本的に外差し優位なコース。ただ当然乗ってる方はそんなことわかってるから下りをゆっくり入りたい意識が働いて4角も引き付け気味。そうなるとやはり直線入り口で余力持って再加速するパターンになってくる。
ラスト2F目が最速パターン。これが今の中京芝コースにとってはデフォルトなんじゃないかなあ。
意識しとかないとアカンね。

3.カウントオンイット 木幡巧 ★ 3人気2着

サンライズとタガノが立ち回り面も含めて今の中京のラス2F最速パターンに合ってないのに対し、この馬はこの流れが好走パターン。木幡巧はこの手の先行出来るタイプの馬に乗ってくると割とソツなく乗れるんで、もうちょっと落ち着いてスマートに乗れるようになればなあと思う。



中京9R 4歳500万 ダ1400m

7.ラインフィール 藤田菜 ★★ 3人気2着

勝ったホノルアがそこそこ強い競馬していて2番手で追う形で3-4角弛みに付き合って差し寄りの展開。
どうしてもラストに甘さみせるが、今回は勝った馬は久々だし相手を褒めるしか。
負けて強しの競馬見せるけど勝ち切れないタイプかもしれないのでそこは注意。

2.ラーナアズーラ 佐藤友 ★ 5人気3着

相変わらずゲート安定しない。前半ある程度流れる展開を早い内に巻き返して動いたが、内で3-4角の弛みを待たされるチグハグさ。全体的にはバテ差しに乗じた分もあるがダートの走りは上々。
久々で+14㎏はダートだし悪くはないが、背肉もついてたし腹回りも幾らか余裕。使っていけば前進はありそう。



中京11R 中京スポニチ杯 ダ1900m

7.レッドアトゥ 藤岡康 ★★ 1人気6着


これも直前に急激に売れたパターン。前走圧勝してるとこうなりやすい。
ただ内容はハマった感が強いので・・・

レースはコパノビジンが淡々と逃げゆったりとした流れの後半ロンスパ型だが4角でも前がコントロールして12.5秒と再加速。基本的に後ろからでは苦しい展開。
前半出負け気味から巻き返しつつ位置取りにいくも前がごちゃついて連鎖的に下がって結局後方。直線では左手前で終始内へ行こうとする中を立て直しつつ満足に追えていない。右回りの方が良さそうだ。
これで順当に人気落ちて京都替わりなら改めて。

11.ラバビエス 佐藤友
 ★ 11人気8着

それなりに流れに乗った競馬は出来たがジリジリ。距離や後傾よりの展開も影響したかもしれないが、ちょっと物足りない。それでも3着馬とは0.3秒さだし、ハマり待ちだが14-16への短縮前傾ラップでどこまでやれるか。

6.メイショウマトイ 菊沢
 ★ 14人気11着


追い切りは動いてなかったが体は出来ていた。やはり陣営が指摘してるように生ズルさが原因か。
前半それなりに出していくも狭くなったところでズルズル下がって離れた最後方。直線は溜め切った分あるが逆流を考えると後ろからまずまずの伸び。気分屋だが脚力あるのは間違いないので一発は警戒。



12R 熱田特別 芝2000m


多少1角までに争いはあったが、以降前半中盤~勝負処までゆったり流れてラスト2Fの直線勝負。位置取り進路取りと上がりの速い競馬への対応がカギ。


16.リリーモントルー 柴山 ★★ 1人気5着

多頭数でスローだと馬群密集して外も殺到するからスムーズにというのも運が必要か。
ましてや12.8-12.4-11.5-11.8で実質直線だけの競馬になってるから所々狭くなって進路選びつつだと加速に乗せきれないまま詰め切れず。やはりもっと流れる競馬の方がいいし出し切りたいだけに。
後方からになるのでどうしても難しいけど力負けでないのは確かなんで。
逆に3着で穴をあけたハギノカエラなんかも狭くなってるけど、その分溜め切って一瞬の脚を活かして新味が出ることもある。ただ基本的にはどの馬も勢いはつけたいはず。


3.アドマイヤローザ 藤岡康 ★★ 2人気1着

藤岡弟は中京芝中距離のコツを掴んでそう。もちろん捌き切れないこともあるけど他のコースより自信があるからか落ち着いて乗れてる印象。
この馬についてもある程度道中は流れて欲しいし鋭い決め手を持った馬じゃないが、4角のコース取りが上手く、ロスを抑えつつブレーキ踏ませず通して来れたようにほぼ完璧な競馬。
阪神や京都の内回り2000mで仕掛けの早いレースで渋太い脚を活かしたい。クラス上がっても上がりの競馬だと当然キレ負けするだろうし、そうでなければ能力的には通用すると思う。

12.ショワドゥロワ 秋山 ★ 4人気9着

この馬は逆にスローからの直線急加速する流れは得意だが、ハギノカエラなんかと違って予備段階というかある程度勢いは付けたい。その点3角から行き場をなくす感じで直線入りまで後手後手になったし、直線もスムーズさを欠いた。+12㎏も脚長で非力だったのがしっかりして成長を感じた。
次はいいかもしれない。

1.アイノカケハシ 木幡巧 ★ 12人気11着

戦績見ても掲示板前後あたりが圧倒的に多く瞬間的にはいい脚使うけどというタイプで良さそう。
内枠の利を生かして積極策で上手く立ち回ったように好騎乗だったとは思うが、一瞬これはというところから最後甘くなった。道中脚を使った分か止まりも早かったし、ちょっと狙うのが難しい馬だった。

他だと5.マイネルツィールかな。能力的にどんとこいという馬ではないけど、昨年のこのレースと今回のレースを比べると明らかに適性差が出ている。上手くは乗ってるけどこの流れを馬群の中に収まってギリギリまで追い出しを待ってもキレ負けするのは当然か。
15.ヒドゥンパラメータなんかも同じ感じで、2着馬の後ろから運ぶも置かれた。小回りのバテ差しタイプで間違いなさそう。


早くも明日から競馬が始まろうとしてるとか・・・
一体どういうことや!



競馬ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
スポンサードリンク