なんか違和感しかないけど、泣いても笑っても今年最後の開催日。
今更足掻いても仕方ないし、木曜日と変則で年末だけに輸送なんかの心配もあるしで個人的にはほどほどに済ませる予定。焦らなくてもすぐ来年の競馬はやってくるからね。


中山3R 2歳未勝利 芝1800m 10:50発走


11.ブレステイキング M.デムーロ ★★

理想は2000mぐらい欲しいけど、これは相当いい馬。
初戦は典型的に人気馬が陥るパターンにハマった。買えるオッズではないけど注目。



中山7R 500万 ダ1800m 13:10発走

9.キングドラゴン ルメール ★★

前走は鞍上の完全なヘグり。詰めの甘い馬だけどルメールの継続騎乗で意地見せそう。



8R ヤングJSFR中山1 芝2000m 13:40発走

13.コスモスピード 岩崎翼 ★

前走は500万にしてはかなりのHレベル面子も結果的に上がり2F戦で直線序盤で11.2秒と速い脚を問われる形になった。内を上手く立ち回れたとはいえ完全にキレ負け。
初勝利時がこの舞台で好内容。1800mに比べテン、特に2F目は速くなりやすいしその分上がり勝負になりにくい。時計がジワジワ掛かり出した馬場もプラスに。前々から出し切る競馬なら一変も。

人気のフリージングレインは得意舞台だし能力自体は抜けてるから3着は堅そうだが勝ち切れないタイプで頭までは微妙。
クリップスプリンガも通用する能力はあるけど中央未勝利なのに鞍上含め過剰人気。
ドウディは血統的にはやれそうだけど距離不安の大外枠は厳しい。

相手もコスモ2騎。

レティクルムは前走大きく出遅れ2F特化戦を後方から大外回す大味な競馬。流石に無理だが距離延びて前の仕掛けが早まれば噛み合っても。今回上部を遮るブリンカー装着するらしい。
トゥイークは再転入の前走は中外伸び馬場に展開も前に厳しく止まっても仕方ない。未勝利時の走ってきた相手考えればむしろ楽になってるともいえる今回のメンバー構成。スンナリ前で運べれば面白い。共に転厩2戦目の上積みも。



中山9R エスペランサ賞 ダ1200m 14:15発走

6.ミスターメロディ ルメール ★★

当然買える人気じゃないだろうし、距離短縮も気になるところだが今後に向けてもどういう競馬をするか注目。
前走は4角で引きつけ過ぎで直線12.8-11.9と極端な加速を問われる形に自ら持ち込む騎乗ミス。
外から勢い付けてきたメイショウオーパスに出し抜かれる結果に。
ただ外に自身より速そうな馬が数頭いるだけに前に入られると砂を被ったこともないだけに不安も。
クリアして欲しいんだけどね。



10R ヤングJSFR中山2 ダ1800m 14:50発走


2.スプリングフット 小崎綾 ★

人気のダノンやサウスがどちらかといえば軽い質のダートである程度速い上がりで良さを出してるタイプ。気温が上がらず比較的年明けに近い今の馬場は特殊でかなり重く最後はバテ合いになりやすい。
ましてやヤングJS最終戦で展開もスンナリとはいきそうにもない。
恐らく上がり2Fはかなり掛かってくると思うし、そういう上がりの要する流れや馬場で持ち味を発揮するタイプのこの馬を。
昇級後は通用してないが、2走前が久々の距離不足。前走はかなり前に厳しい流れだった。
砂を被っても馬群も気にしないし、上手く捌きつつ運べれば。

もちろん人気2頭の能力も認めるが、この辺が飛ぶなら6.メイプルレインボー9.ディアドナテロか。
前者は川崎記念馬のオールブラッシュの2着した内容がいいし、3,4走前の中山戦は敗因あり。
後者は距離不安あるがクラス実績あるし、久々の前走は詰まって競馬にならずで。



中山11R ホープフルS 芝2000m 15:30発走

3.ウォーターパルフェ 酒井学 ★

メンバーは人気馬含め一長一短で難しいし、馬体見ても未完成の馬が多く頼りない印象。
それなら全く人気はないけど思い切って。

初戦は太目に距離不足。
絞れた2戦目は勝ち馬がシャルルマーニュだけど、大跳びで内で窮屈で4角外シャルルが出していく中、内目でブレーキ踏みつつ回らされ仕掛けで後手踏んだ分。

3走前の2着は勝ち馬が4角で外に膨らんでブレーキ掛かる感じで立ち遅れたのが影響。
2走前は勝ち馬がタニノフランケルだが、64秒のスローペースを窮屈な走りで引っ張って番手キープしたが、直線で11.2-11.6でまとめられ走法的にも見るからに決め手負け。それでも渋太い。

そして前走は強い競馬。
2000mに距離延長して48.9-61.4と2歳戦としてはタフな流れを番手で追いかけた上、京都の3角下りから12.7⇒11.9と速くなり12.0で4角回りつつ直線11.4と再加速。2着のウォルビスベイも結構強い馬で流石に決め手の差で詰められるも、最後も11.8でまとめて突き放す感じに。
キャリアの差はあるが、ここ出走で黄菊賞連勝の同日新馬を勝ったジュンヴァルロと比較しても内容自体は上だった。

不安があるとすれば多頭数で内枠での立ち回りだが、酒井騎手は割と小回りコースを得意としてるし、馬もゲートは悪くない。序盤でスムーズに流れに乗っていければ面白い。
追い切りも先週の坂路が前肢を大きく使って迫力のある動き。もちろん徐々に時計の掛かってきた馬場も合うと思う。

8.シャルルマーニュ 戸崎 ★

アイビーSは乗ってる方も内外の差が掴み辛い状況だったが、結果的にはそこまでの差がなかった。
そんな中楽なペースで逃げた勝ち馬をかなり外々通してハナ差まで詰めた内容は評価していい。
前走は離されたが相手はワグネリアン、しかもかなりのペースを前目で運びながら後ろから来たルーカスと首差なら。
今回の条件替わりは、血統的にも小倉の勝った時の内容からも適性的にプラスに働くと思う。
後は戸崎騎手がGⅠでどうか?というのがあるけど、まだ第一回だしGⅠという雰囲気は無さそうだし大丈夫なのでは?


あとは簡単で。


中山12R ベストウィッシュC 芝1800m 16:05発走

7.ジョンブドール 戸崎 ★

2走前は久々の分ムキになって伸び切れず。前走はアホみたいな展開が全て。理想は2000mだが。

あとは推奨するほどでもないし、これも理想は2000~2200mだが、9.ビービーブレスユーと11.ユニゾンデライトが人気落として注意。
ユニゾンは最近下見でテンション上がり過ぎるのでメンコの効果に期待。前走は目を覆う騎乗だったけど再度チャンス貰って。



阪神3R 2歳未勝利 芝1800m 11:05発走


14.ウスベニノキミ 和田 ★

前走は進路失くして最後まで全く何もできず。ゆったり流れて良さそうで条件替わりもプラス。



阪神6R 2歳500万 芝2000m 12:55発走

8.シャルドネゴールド 川田 ★★

前走は完全に差し遅れ。ホープフルSに出ていても勝ち負けするレベル。ここは落とせない。



阪神7R 500万 ダ1800m 13:25発走

16.レッドアトゥ 福永 ★★



阪神8R 500万 芝1600m 13:55発走

4.ウインシャトレーヌ 菱田 ★★

5.カレンオプシス 秋山 ★



阪神9R 春待月S ダ1400m 14:30発走

9.サクセスエナジー 松山 ★★

デビュー2戦以降ずっと追い掛けてる馬。前走はようやく能力出し切れて圧巻も、まだ馬群での競馬に課題を残すだけに、昇級即人気では飛びつけないけど将来性に注目。和田騎手が継続して乗らないのも不安。



阪神12R ファイナルS 芝1400m 16:25発走


8.エントリーチケット 松若 ★

11.スマートカルロス 松山 ★



最後は駆け足になったけど終了。
今年もお疲れ様でしたと。
スポンサードリンク