先々週の回顧。


東京10R 三鷹特別 芝1400m


3.モアナ 内田博 ★★★ 4人気3着

+10㎏も絶好。出していくと折り合いに慎重になるタイプだが、流れてくれたとはいえしっかりと出していって折り合わせる好プレー。直線も一番伸びるところに誘導して仕掛け待つ完璧なレースだった。
久々の分も多少はあっただろうけど、ここは少なくとも勝ち馬のモズアスコットには力負けかな。
内田博らしい積極的な騎乗を見せてくれたと思う。



2.ブリラーレ ムーア ★ 3人気8着


これは明らかなムーア人気。直前でグングン売れたね。
スタートは相変わらず遅くて後方からだけどいつもほど極端ではなく、後方の内は比較的バラけたとはいえそこそこ位置を取ってもムキになる面は出さなかった。それでも直線はいつもほど動けず。
鮮やかだった前走よりも前半600mで2秒。800mで3秒近い流れを追い掛け気味に追走したことが一番の原因じゃないかと。
ディープブリランテ産駒だけど今なら1600m~1800mぐらいの方がハマるイメージ。



京都9R 花背特別 ダ1400m


6.タガノカトレア 岩田 ★★★ 3人気3着


久々でややテンション高め。近走馬がややムキになってる感じで先行してたのは気になったが、今回もそんな感じで脚が溜まらない印象。確かに重い馬場でペースも速かったけど、結果的に前の馬を捕らえられず後ろから差されてしまうちょっと残念な結果。もうちょっと抜いて走れれば違うはずだが。


続いて日曜分も



東京7R 500万 ダ2100m


16.ロージズバード 木幡広 ★ 11人気6着

絶好の流れを番手絶好のポジションで運んだわりに追われてダラシない。
距離延ばして良かったかも微妙。いい頃にはもう一歩で足踏み状態。



東京8R 500万 ダ1400m

2.トリリオネア 柴田善 ★★ 8人気7着

初ダートで内砂被っても問題なく、道中から直線もロスなく運んで進路もあった。
ただ伸び始めがスムーズでまともなら圏内だったのに対し、ラストは相変わらずの甘さを出す。
芝でも長く脚使えないところあったがダートではより顕著。使われて変わればいいけど・・・
乗り方に工夫が必要かもしれない。



東京9R TVK賞 芝1800m

9.ヒストリア 勝浦 ★★ 4人気1着

力つけてるなと感じる。後ろから外目通してとなるとなかなか差し込めない展開。
前走もそれなりに追走SP求められる中でもしっかり勝ち切ったしようやく馬が変わってきたんじゃないかと思う。

8.オンタケハート 大野 ★ 8人気8着

緩急のない単調な弛い流れだと全馬が余力をもって速い上がりを使ってくるんで後ろから外回してとなると相対的に苦しくなる。差のないところまで最後突っ込んでるが、もうちょっと全体的な仕掛けが早くなるとかの動きが欲しい。もちろん力負けとかではなく流れ次第。



東京10R 奥多摩S 芝1400m

4.エントリーチケット 柴田大 ★★ 5人気12着

+16㎏だがほぼ成長分とみていいか。高速馬場で一貫して流れる展開も悪くはない。
ただ結果的に先行勢が崩れて、中段内目で我慢して直線タイミングよく外に出してきた馬が1-3着占める流れだっただけに、いつもより前で運んだ分、久々も考えると息切れも仕方ないか。
巻き返せると見ているが。

他ではゴール前で狭くなって立て直すロスから外出してグイッと伸びた3.スマートカルロス
そして、立ち回り勝負を後方から外目に出して包まれる感じで進路失くしながら、開いてから猛然と突っ込んできた12.ペガサスボスを次の中京戦あたりで狙いたい。ただいい番組は無さそう・・・



東京12R 1000万 ダ1600m


2.トレンドライン シュミノー ★★ 3人気14着

首を下げた時にゲート開いて後手踏む。キックバック気にしたのか外に出しながら下がってしまう。
ただでさえ35.9-24.5-36.5とクラス考えれば超スローの部類。これをポツン最後方ではどうにもならない。直線入りでの進路取りも被ったし最後は諦めた感じに。
元々鋭く脚使う馬ではなくジリジリ伸びるタイプ。さすがに競馬になってないし、跛行のため取り消した影響もあったのかもしれない。


16.ディアコンチェルト 三浦 ★ 4人気3着


それなりにスタート出たけどペースが上がらずに枠なりに外目を回される。
この馬の場合小回りでも立ち回りの上手さはあるので逆に大外枠は良くなかった印象。
あとは流石にこの流れで外から差し切る鋭さはない。それでも3着まで浮上は能力が上。



京都11R エリザベス女王杯 芝2200m

4.クロコスミア 和田 9人気2着

ここまで楽な展開になったのはある意味想定外だったけど、こうなれば残るよねと。
勝ち切って欲しかったけど、相手は神がかってるデムーロ兄なんで仕方ない。
今回も恵まれたとか言って人気にはならないタイプだけど、恵まれる馬は何度でも恵まれることが多いし、そもそも強い馬なので。

10.ミッキークイーン 浜中 3人気3着

この馬に取ったら鬼門となる展開だったけど、VMと違って距離があって極端な高速馬場にならなかったことがまず1つで、コーナーでの立ち回りが問われる流れでも外からしっかりエンジン掛けていけたことが逆に良かったというのもある。このまま順当に使えれば有馬記念でも面白いと思う。

11.ディアドラ 岩田 4人気12着

勝ったのが同じ3歳のモズカッチャンだし世代間の能力差ではないのは確か。前走はかなりいい出来だったけど今回も遜色はないぐらいにもってこれてた。
さすがに上がりの出辛い馬場で直線17番手の位置取りではというところ。ただ数字上はミッキークイーンと0.1秒遅いだけの上がり33.8秒だが、残り4⇒2F地点での加速度合いにかなり差を感じたのがちょっと物足りない。
まずは気持ちの問題であるのが1番だが、本質的にここまで後半に特化した流れだと決め手の面では足りない面はあるんだと思う。まあここはさすがに現役牝馬の一線級が揃ってただけに。
タフな馬だけどしっかり立て直して欲しい。

12.スマートレイアー 川田 6人気6着

この馬もG1となるととことんついてないなと。もちろん武豊が騎乗できてたらというのもあるけど、3角の下りでもペース上がらず、直線入りで11.2秒まで加速する流れだとワンテンポツーテンポ置かれてしまう。最後はジリジリ来てるけど展開に泣かされたクチ。2年連続同じ流れだしVMでも同じ種の負け方。これなら有馬記念の方がチャンスはあると思う。



京都12R 500万 1000万

9.ダノンディーヴァ 福永
 ★★ 2人気10着

対応力が出てきたとはいえ馬券圏内に入ってる3戦は、すべて前傾寄りの流れるレースか仕掛けが早まる中でラストにグイッと伸びる形。今回のように終始ゆったり流れる中で馬群に包まれたまま直線迎える中で11.3-11.7だと序盤で反応し切れない。
1400mだと速くなりすぎると速度負けするし、好走スポットはもしかしたら非常に狭いのかもしれない。流石に2人気では狙えなかった。

3.ライオネルカズマ アッゼニ ★ 11人気12着


これはまあアッゼニのせいではないだろうけどジャンプするような感じで出脚つかず。
すかさず巻き返していくが内枠だし中段後ろで収まるしかなくなる。
こうなると前で消耗戦に持ち込みたいタイプとしてはスローに落とされたしどうにもならなかった。
基本時計要する馬場の上がり掛かる流れが合うんだと思う。



福島3R 500万 ダ1700m


11.ビービーアルボーレ 松岡
 ★ 15人気10着


1.ナンヨープルートーが6倍つくならそっちで良くない?

休ませたことで確実に良化した。成績が成績だけに割り切って後方から内でロスない競馬をさせることを選択した印象。4角内で立ち回る選択も出来たが直線は大外へ。
まあ脚溜め込んでるから当然といえば当然だがそこからしっかりと脚使ってきたのは好感。
馬体だけなら500万で止まる馬ではないし、中央初戦の内容が良かった中山ダ1200mへの転戦で一変はないか?とにかく今回は休み明けだし様子見に徹した感じはあった。



福島6R 500万 ダ1700m


14.サクセスエナジー 津村 ★★★ 4人気2着

その時はそんなに感じなかったけど+12㎏は明らかに腹回り中心に全体的に余裕残し。
それでもメンバーやラップやタイムなんかからは負けて欲しくはない一戦だった。
このコースとしては向正面での弛みに外から動く馬がいなかったんで淡々と運べたのはよかったけど、前半の29.6秒はそこそこ速いし、それを外からハミ噛んで追い掛けたのはあった。
また、こういう流れだと自分のペースで逃げてる馬はいいけど追い掛けた馬が苦しくなって、その後ろ辺りが漁夫の利を得るっていうのが定番なんで、そんな中でも最後もう一度詰め寄ったのはやはり自力だろうと思う。引き続き人気はするだろうけど将来性に期待してるし今後も注目。


4.サンライズカラマ 鮫島克 ★ 11人気6着

人気考えると健闘はしてると思うが。
ポジション的には絶好の番手ポケットだったけど序盤の速い流れをある程度出していったのが最後に響いた印象。ただそれでもこの相手ならもうちょっと頑張れてもいいんだけどね。



福島7R 500万 芝2000m


まず勝った8.イタリアンホワイト。2月のサーレンブラント戦の内容が良くてチェックしてた馬だけど、ペースが違うとはいえ福島記念の時計を超えてくるんだから大したもの。
現状はあまり後半特化で速い脚求められるとどうかだが、ポテンシャルはかなりのもの。ステイG産駒は成長し始めたら壁を感じないので将来的には牝馬重賞戦線を賑わしてるはず。全姉アイスフォーリス。

16.レローヴ 木幡巧 ★ 11人気14着

-14㎏でもうダメだなと。もちろん細いし気合表に出す馬がパドック周回自体を嫌がる程。
ここまで悪いパドックは初めてというぐらい。
レースでもそこまでスタートがいいタイプではないが2の脚ももう一つで大外枠だけにコーナーコーナーで外に振られ、ましてや一貫したHペース。勝負処ではすでに余力ない状態。
牝馬がこうなってしまうと立て直しは容易ではないが、何とかリフレッシュして帰ってきて欲しい。

14.ピスカデーラ 北村宏 ★ 6人気6着

展開や位置取り進路取りなんかはベストだったとは思う。勝ち馬は抜けてたけど2着あたりとは0.4秒差だし、ローカルの500万クラスの割に面子は揃っていた。
あとは+16㎏は、前走細いぐらいで走ってたことを思えば見た目にもそうだったし余裕残し。

他で気になる馬も多かったが、1頭挙げるなら3.クインズゴールド
勝負処から後ろ目の馬群で包まれる形でもたついた上、直線入りで前に入られブレーキ踏み気味になるロス。早め早めに出し切って良さが出る馬なんで後手後手になってしまった。



福島8R 500万 芝1200m

6.マイネルパッセ 丹内 ★ 5人気4着
4.ダイワプロパー 北村宏 ★ 7人気1着

ペースにも馬場にも恵まれた割にラストは12.3秒と落として突っ込まれてるし評価できず。
面白そうなのが11.アナトリア。芝は2戦目だが今回はじっくり運んで絶好の手応えで直線に入る。
ただそこから2度ほど切れ込まれ捌くロスがありながら、最後まで脚使ってきた。相手と流れに恵まれる必要はあるが、相当人気ないだろうし覚えておきたい。



福島11R 福島記念 GⅢ 芝2000m

3.ウインブライト 松岡 ★★ 2人気1着

状態としてはもう一つだったし2人気はやり過ぎだと思ったけど・・・
勝負のポイントとしてはもちろん馬場と流れを読んで出していったというのもあるけど、1角の手前で外からケイティ鮫島弟にフタされて1列ポジションを下げるしかないかも、というところで強引に外に出して3番手の絶好位を取り切ったことだと思う。この辺の松岡の騎乗は流石というところ。
また、マイネルミラノが捲る際ウインとはある程度スペースを取ってから動いたのも、軍団らしい連携だったとは思う。
最後は詰められたけど、この出来だったし、やはりコーナーで勝負する形が合う馬だと実感。



福島12R 500万 芝1800m

この辺になるとよく精査せずにピックアップしてるなと反省・・・
オブリゲーションが4人気なら普通に狙えるという話。朝の時点では1人気だったし。
相変わらず右回りでは内にもたれるけど、狙ってかどうかは知らないが4角入りの段階から動いて一気に内をパスする形に持ち込み問題とならなかった。シュタルケは小回り上手いと思う。

7.ディーグランデ 田中勝 ★ 7人気7着

ディーマジェスティの全弟もタイプは違うかな。
とにかく若い。コーナーでは外に逃げようとするし、手前もスムーズに替わらないし、直線は内に突っ込もうととにかくフラフラ。資質は高いと思うけど・・・
中山マイルが合いそうだし乗り慣れた蛯名に戻して人気がないようなら。

14.ネームユアポイズン 戸崎 ★ 1人気9着

単純に外伸びだし外枠問題ないだろうという感じだったが、土曜とは少し変わっていた。
それでも人気先行で出脚つかない不器用な馬を1人気で狙ってるようではね。
どうして小回りコースを使い続けてるのか謎。脚力はあるのは間違いないんだけど名前的にも人気するタイプだし、次は中山かな。マイルだと外回りワンターンだからいいけど1800mとかの内回りだと危険かなと。流石に人気落とすかもしれんけど。

以上。

明日から早くも競馬か・・・
時間無さすぎ。




競馬ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。



スポンサードリンク