土曜日分のチェック馬を回顧します。


東京8R 500万 芝1800m


8.マサノヒロイン 蛯名 ★★ 6人気10着

1年5か月ぶりであることを考えれば仕上げはまずまずで気配も良かったけど、やはり前走時と比べてズングリ映ったし皮1~2枚厚い感じ。レースではスムーズに競馬出来たけど中盤はしっかり横典がペース作ってきた中で、正攻法で勝ちにいく競馬ではさすがに息切れして最後も無理せず。
しっかり中身が出来てくればもっと上でやれる素材。

10.カスタディーヴァ 横山典 ★ 8人気7着

期待通りハナ主張して、中盤もしっかりペース作ってさすがという騎乗。51㎏でこの形に持ち込んで負けたんだから結果的にこの中では能力が足りなかったということか。

7.アドヴェントスは案の定伸び切れず。今回は勝ちを意識して位置をしっかり取ってきたけど、このペースだと脚削がれて伸び切れない。所謂スロー専用機。前半の余力を直線で爆発させるタイプだけに・・・
デビューから1年半過ぎてもこれだから、今後も人気は背負うと思うけど変わらないんだと思う。

1.オーダードリブンも常に人気ある馬だけど、今までデムーロやルメールが乗っても甘さ見せる馬だけに。
振り返ると左回りだとほぼ直線で内にササる馬。ここ2走も何とかデムーロが立て直しつつ追ってるが新人には荷が重かったはず。立て直すのに精一杯でしっかり追えていない。もちろん出遅れたし、1800mでペース上がってとなると忙しい。その点真っ直ぐ走れる中山で距離延長してというのはあるけど、突き抜ける手応えでいきながら先頭付近で大抵甘くなるし、常に人気は背負うタイプだけに嫌って妙味あるタイプ。

4.アンノートル。デビューから2戦が強い競馬だったし、その後は何度か狙った馬。超Hレベルのセントポーリア賞でも牡馬強敵相手に苦手な展開をそこまで差のない競馬しているように能力は確か。
恐らくだがワンターンで緩急のない流れでスピード持続させて踏ん張るタイプ。どうしても大箱のU字コースだと中盤弛んでしまうので展開待ちだが、中山マイルなんかだと前半からペースが流れ過ぎる分苦しくなる。
ちょっと難しい馬だけど人気になりにくいだけにハマるとでかい。まあそれは前走だったんだけど・・・
今回は外から寄られた分もあって直線バランスを崩して立て直す不利。そこまで速いラップを問われてないのもあったが、立て直してからグイグイ伸び直してるだけにまともなら勝ち負けだった。
これでまた微妙に人気を落とすようなら復調も感じるので狙えるはず。

5.ヒストリアは随分力つけてきた印象。ちょうど1年前のアルテミスSで本命だったけど、やっと500万勝ちかぁ。
それでもこの流れを正攻法で押し切れたのは意外。これなら上でも通用してくる。



東京9R 国立特別 芝1400m

5.ダイイチターミナル 内田博
 ★ 11人気13着

多少前進はあったがまだまだいい頃の状態まではない感じ。
この馬も下のナンヨーアミーコのところでも触れたが、ある程度前半流れる中で中盤弛みが欲しいタイプ。
今回のように前半中盤共に弛む流れだと挽回できるだけの決め手はない。
あと、今回はチグハグ。スタート決めて位置取りに行くも中途半端になって折り合い気にして引っ張って一列下げペルソナリテに欲しかった位置を取られてしまう。そこからも進路取れず結局下げてから外に回す形。
人気無い馬だけど不調のウチパクを象徴するような乗り方だった。

11.ナンヨーアミーコ 柴田善 ★★ 3人気6着

まず2か月空いて仕上げとしてはラインにもやや余裕。直線でも終始舌越していた。この辺りから雨の影響もあってか内を開け始める中での大外のコース取りはロスがあったけど、更に外を回したライズスクリューに最後伸び負けてるのは不満。やはりある程度ペースが流れ切ってくれないと良さがでないか。
500万をまずまずメンバー揃った中で圧倒したレースでが34.8-46.6で今回が36.1-48.3だから。福島1200mで前半33.3の流れを自身は34.6-33.6スローバランスとはいえ凄い脚で突っ込んでくるぐらいだから、タイプ的には今どきのスプリントをこなせる1400m型であるはず。

4.ペルソナリテ 柴田大 ★★ 4人気2着


本質的に1400mは忙しいイメージだけどやはりスローからのトップスピード勝負なら対応してくる。
ただティソーナは強敵だが、最後はペースの割に12秒台に落としているのに捕まえきれないのはそこは甘さ。
たまに出遅れてるけどしっかり脚は使うが基本は前受。勝ち切るには逃げるなどの思い切った戦法が必要かもしれない。ただいつも戦績の割に人気無くても良く頑張っている。

14.ライズスクリュー 吉田豊 ★ 7人気5着


やはり時計が出る馬場の方がいいし、雨の影響がまだ少なかったのは良かった。
あまり外からだとロスのある展開だったけどなかなか反応いい脚。流れ切ると良くないので1600m~1800mでも今ならこなせるし、位置取りやすくなる分その方がいいかもしれない。中山ならマイルより1800mがいい。

1.カレン2.ユメノマイホームは他の馬が外へ出す中内突いた2頭。この時点で内が悪かったかは微妙だが一応チェック。
カレンは1000万では荷が重いけど距離延びて良さ。1400mぐらいの平均ペースなら。ユメノマイホームも速度不足な分1200mだと忙しいし、後半勝負でも足りない。中山マイルとかの条件が噛み合うイメージで。



東京10R 神無月S ダ1400m

9.ブラインドサイド 福永 ★ 6人気2着


好発からスッと下げて馬群で脚溜める。残り2F⇒1F地点でも外に出せず待たされる形からラスト200mでグンと詰め寄る決め手発揮。溜め切った方がいいので一概にスムーズだったらともいえないけど、もうちょっと早めに出せてたら勝ち切ったかなと思う。
ただレースレベルとしてはもう一つだし終いもペースの割に前が落としてるんで評価UPとはいかないけどこれぐらいは当然走れる馬。
前走目一杯に勝負にいって、今回人気出そうかなと買い切れなかったけど、この人気なら引き続き狙うべきだったか。前走は久々だったしね。今後も人気との兼ね合い見て狙う感じ。

14.ディーズプラネット 村田 ★★ 3人気4着


近走速い流れに乗っていった分と外枠もあってか前半ムキになる面も。終始外通らされたのは3着馬も同様で言い訳にはならないけど、今回は脚溜まらなかった印象。後はラスト2F地点での11.6秒の加速でスッと置かれた感じになったし、ギアチェンジ面で物足りなさも。馬群で脚溜めた方が良さそうだしもうちょっと前半流れて全体的に分散する方がいい感じ。

13.ショウナンカサロ 吉田豊 ★ 10人気3着

珍しく吉田兄が勝負に行ったね。今開催の府中では一番時計掛かる馬場だったし、やはり位置を取れたことが大きいかなと。ただ基本的に能力で足りるラインではないので噛み合う必要はある。
出脚はあまり良くないので内枠中枠で動けず、高速ダートになってくると突っ込み切れないはず。

10.ハルクンノテソーロ
は久々とはいえスムーズだったし流れも悪くなかったけど伸び切れず。
やはり1600万あたりになると混合戦で壁にぶち当たる感じ。ちょっと物足りない。
勝った11.コロマンデルはさすがルメールという感じでホント慌てず一番進路がいいところをきっちり突いてくるよね。血統的にはOPでも期待したいけど上位陣の層が一気に厚くなるので現状で即通用は微妙かも。

時計の出方見るのに当日4Rの新馬戦みたけど13.プロミストリープの強さに唖然。ヘニーヒューズの仔は完成度が高くカッコいい馬体の馬が多いけどなかなか凄い馬に見えた。2,3着馬だってかなりの馬だと思うんだけどね。



京都8R 1000万 ダ1400m

16.ワンダーサジェス 武豊 ★★★ 3人気7着

終始外だけど極力ロスないように乗ってたし、中盤弛みが欲しいタイプでもあるが、そこまで厳しい流れでもなかったはず。ちょっとわからない。



新潟8R 500万 芝2000m


12.リライアブルエース 坂井瑠
 ★★ 2人気5着

あの形から突き抜ける感じで最後脚色が一緒になるとは。能力的なものか馬が加減して走ってるのか。どうも人気もなかなか落ちそうにないし0.2秒差とはいえちょっと物足りない。

13.ジェードグリーンは直線で寄られてブレーキ踏むロスとゴール前切り替えるロスこそあったが伸び自体はジリジリ。多少は考慮すべきだけどこの馬も引き続き人気するだけにどうか。あんまり器用なタイプじゃないかな。

4.ウインシトリンは馬場の悪いコースに突っ込んだのが結果的に裏目。藤懸は思い切った乗り方で穴を開けるんで面白い騎手だけど仕方ない。3.サッチンとともに距離短縮で狙えると思う。



新潟9R 500万 ダ1800m


11.ウインガーネット 富田
 ★★ 4人気5着

展開的には前半脚溜めた馬に向きそうな形だったけど少なくとも1,2着馬には完敗。こうなると見込み違いで芝の方がいいんだと思う。芝なら外回りコース向きではなく福島2000mか中山2000mあたりで。



新潟10R 岩船特別 芝2200m

10.エスティーム 宮崎
 ★ 7人気9着


絞れたのは好材料。腹袋が大きいのはそういう馬体で久々も出来は悪くない印象。
レースではまったく問題がなくほぼ完璧に乗られたが失速。
結構脚が長くてキレイなフットワークで走る馬だし、割とコーナー加速が不器用な印象。
良馬場だが結構芝が掘れあがって内目は荒れている感じで所々フットワークがバラついて走りにくそうにしていた。パンパンの高速馬場での内容がいいので、今回はその辺が影響したのかもしれない。



新潟12R 飛翔特別 芝直1000m

14.スノードーナツ 杉原
 ★ 8人気5着

少なくとも直線1000mでは上位2頭は抜けて強かった。3着馬とは0.1秒差で悪くない。
気配としては凡走時と同じような気合い不足でボケッとしてる感じ。連闘でこれなら悪くないが、そういう時はスタート失敗するので注意。今回もゲートでよそ見して後手踏んでこの条件では致命的。
ただその分一番外から追い上げられたというのはあるが、さすがに詰め切れず。
問題はこれから1200m路線に戻った時どうかだが、阪神の500万戦や新潟のゆきつばき賞の内容は良かったし、当時課題としてあった追われて反抗する面が解消してきたので、人気落とすようなら面白い。

他で面白そうなのは2.フェザリータッチ
直線1000mは3戦とも内枠を引く不運でも2着と5着で、今回は更にスタートで狭くなって下がってしまい競馬にならず。特に今開催の新潟直1000mは過度の外枠偏重だった。
もちろん周回コースでもやれるし、純粋なスプリント戦だと脚が溜まる感じなく余裕ないので1400mあたりが一番合う馬だと思っている。延長期待。




競馬ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
スポンサードリンク