今週も台風の影響で馬場が読めないのが濃厚なんで、無理に予想して馬券買うよりは回顧の方に時間をかけた方がいいと思った次第。


東京8R 1000万 芝2400m 14:05発走


4.ヘリファルテ デムーロ ★★ 1人気1着
6.アドマイヤロブソン 戸崎 ★★ 2人気2着


降り続けた雨によりこのレースから芝は不良。以降芝のレースでは直線内と外で大きく離れる競馬が続くことになった。結果的に2頭のマッチレースをヘリファルテが凌ぎきる形になったが、大きかったのが通ったコースの差かな。直線まで内でロスなく運ぶことを選択したデムーロとスタートしてすぐ内を避けた戸崎。最後は共に外目に出して並走して伸びてくるが、最後はコース取りの差が小さくなかったように思う。
ヘリファルテは底が知れないし最後も余裕があった。ただ初の左回りで直線外に逃げ気味になったプリンシパルSを除くとすべてが時計要する馬場で上がりも掛かる競馬だけに、トップスピードを問われる形になった時にどうなるかがカギ。
現時点では完成度もロブソンが上の印象で今回は負けたが、フットワーク見ても馬場適性の差もあったし負けじと能力の高いうまであるのは間違いない。

他で挙げるなら一応チェック馬の9.メイショウカミシマ。途中まで楽な逃げだったが勝負処で外から来られて位置を下げる形。最内1頭分はいい部分が残っていたとはいえ渋太い競馬で残り100mまで強い2頭に対してもこれはというシーンを作った。未勝利の時点から決め手には欠けるが並んでからの渋太さを評価していた馬。
菊花賞のマイネルブンシュとかもそうだけど、一度下がっても盛り返してくる馬は競争意欲が強く能力以上のものを出してくるし、走り辛い道悪でも止めずに走ってくるのでチェックしておいた方がいい。



東京9R アイビーS 芝1800m

1.シュバルツボンバー デムーロ
 ★★ 3人気競争中止

最内ピッタリに逃げたコスモ。2番手以降はほぼ内から終始3~4頭分外を回し続ける中、終始悪いゾーン通り続けた。それが直接の原因かはわからないが、仕掛けてからの歩様が乱れて大事を取って競争中止。
短期間で再度の東上でテンションも前走より高い。とりあえず競争能力に問題がなくて良かったというところ。

6.シャルルマーニュ 武豊 ★ 4人気2着

まだまだ気性的に幼い。どうやら内一頭分だけはマシなゾーンが残っている感じ。そこを逃げた勝ち馬と終始外を通り続けたコースロスの差はあったと思う。
馬場が馬場だけに時計的にはスローだがどうかはわからないけど、このペースで随分縦長だったし、2歳のこの時期でこの馬場はさすがに脚も使えず位置取りの差が出る流れ込み競馬だった。
他の有力馬にも言えることだがあまり参考にならないレース。



東京10R 秋嶺S ダ1600m

7.クインズサターン 戸崎
 ★★ 1人気1着

ようやくOP入りという感じ。
この時点では雨が降り過ぎて逆に走り辛い馬場となっていたはず。結構メンバー的に先行馬が揃っていたし、一応は高速ダートなんで前の意識が高かった。それにしても33.6-45.1は異常。馬群は前後分断する形で前の集団はレッドオルバースを除くと壊滅したもの仕方ない。
単純に脚抜き良く上がりが速過ぎると不安もあったが、突き抜けた田んぼ馬場だとそこまで上がりが速くならないんでそれはプラス。
抜けてくる脚は強烈に見えたけど残り2-1Fの時点で12.9秒と前が落としているだけにそこは注意。
この馬の場合はそこまで強烈に速い脚を使ってくるタイプではなく。むしろ全部の馬がバテるようなタフな流れでもしっかり伸びて来れるというのが武器なんだと思う。そこは評価していい。
そういう点からもクラスが上がるのは逆にレースはし易いかもしれない。そこは人気との兼ね合いで判断。

あと展開考えると6.レッドオルバースは評価しないといけないけど、この馬の場合は前半ペース上げて追走力活かした方がいいのでその点は多少噛み合ってるか。決め手勝負だと2走前に完全にキレ負けしているだけに、1400mぐらいの方が安定して走れるかもしれない。



東京12R 1000万 ダ1300m


3.ファームフェイス 武豊
 ★★ 2人気2着

ある程度ペース上がればしんどくなる差し馬場だったと思うし前から勝ちにいって強い競馬はしている。
勝ったタイセイプレシャスがこの馬場でまさか34.6秒の鬼脚使ってくるとはという感じ。チャンスは近い。

8.アフターバーナー 内田博 ★ 6人気5着

前走の12着からは上げて来たし、レース自体は上手く内で立ち回って乗ってきた。この辺が能力なのかも。
後はここでも流れに乗るまで忙しい感じだし、東京の1300mと1400mは全然違うので距離延ばして前進あればというところ。

12.ダウトレス 江田照 ★ 8人気11着

色気をもって積極的に乗るは悪くないことだけど、外から強気に正攻法で動きすぎた印象。そこまで能力が抜けているわけでもないので。じっくり脚溜めてセコイ競馬をしてハマるのを待つ感じで乗れれば。

5.メイショウジークは可哀相な競馬。スタートで思い切り寄られて後ろからになったし、内から巻き返して出していくとガツンと引っ掛かってチグハグ。まともに競馬していない。



京都7R 500万 ダ1400m


6.サクセスエナジー 和田 ★★★ 3人気7着


この戦績で3人気は驚いたしさすがに買えなかったけど。
恐らく敗因を探ると馬群での競馬だったんだと思う。実際に最後脚使ってるのは外からしかないし、今回は初めて終始馬群の中で運ぶ形。道中から追走に気合つけられるほどだったし、直線はバラけてから伸びて来た。
後は脚抜きいい馬場とはいえ、今までの流れからは2秒近く速くてしかもある程度ポジションを取っていったのも当然ある。
展開的には後方を外から勢いつけてきた2頭が2着3着する流れでもあった中、勝負処は窮屈なポジションで多少ブレーキも踏んでいる。
父キンシャサだけど1800mには実績もあるし、この馬自身は母父JPに似て背が長く伸びがある馬体。距離延長で外スムーズだと変わる可能性は高いと思う。
さすがに人気も落ちてくるだろうから、後はスタートだけ。

こういう脚抜きのいい馬場も合うんだろうけど勝った10.スマートダンディーはまずまず。スムーズに運べたとはいえこの展開を楽に押し切るんだから力が上。昇級でも。
あと、能力がそんなに高いわけではないけど8.マラーザレコードはこれからも500万なら噛み合えば穴を開けてきそうなタイプ。元々気難しい面があるが、今回は外から切れ込まれ、外に出したい内の馬と何度か接触してレースを投げてる。
また、15.アイアンテーラーは明らかに叩きの馬体だし距離も短い。初の芝スタートでもモタモタしていた。叩かれ距離延長で。



京都8R 500万 芝2200m

4.レッドコルティス 藤岡康
 ★★ 2人気11着


ゴール前で狭くなった分一気に着順は下げたが脚色的には掲示板争いまでだった。
恐らく敗因は2点あって父ハーツクライもあって典型的なスロー専とまでではないが後半型の馬。800m下りから外動いて4角最速地点でも外。ここで脚がなくなった印象。
そして道悪かなと。前走阪神の重で2着してるけど重さが全然違う。実際の悪化スピードに対し馬場表記が追い付いてなかったんじゃないかと感じるぐらい。手先はしっかり返すけど跳びが大きいタイプでここまで悪化すると苦しい印象。見直していいかと。

1.エーティーラッセン 高倉 ★ 4人気4着

元々能力自体は評価はしてなかったけど、好枠、馬場の恩恵を受けて逃げもしくは先行で展開利も見込めるんじゃないかと思ったんで。結果的に9Rも10Rも逃げ馬が完勝しており見立ては悪くなかったし、インもそこまで悪いわけじゃなかった。やっぱり詰めは甘い馬で恵まれてどこまでという感じ。



京都10R 古都S 芝2400m

4.ノーブルマーズ 高倉 ★ 4人気3着

高速馬場でパフォーマンスがいいので道悪がどうかなとは思っていたが、やはりというかそういう感じで能力でよく3着に残ったか。まあ後ろからは差し辛い馬場ではあったが。ひとまず良馬場で巻き返し。



新潟3R 500万 ダ1200m

13.チャーム 城戸 ★ 10人気15着

先行して並んでからが渋太いタイプだたんだが、さすがにもう終わってしまった感じ。
スタート出していこうにも馬が首を上げて抵抗する感じで出ていかない。休んで変わってくる可能性も考えたけどちょっと厳しいなと思う。



新潟6R 500万 ダ1800m

7.プリエンプト 石橋脩 ★ 4人気6着


久々で集中力も欠いていたし仕上げも緩い。この馬の場合は大幅馬体減で一変してるように、一見細くてスッキリしている方がいいのかもしれない。兄のスウィフトレイドも馬体の増減が激しく気性面でも安定しない面があるのでその辺は引き継いでる感じ。能力はあるが体力もつき切ってないんだと思う。
レースは序盤そこそこ各馬がやり合う中でペース上がって、逃げた馬だけ残り追い掛けた馬が止まるパターン。
中盤でも早めにペース引き上げて来たのを付いていく形は仕上げの差もあり最後の1Fで止まるのも仕方なかった。多少時間は掛かるかもしれないが500万で止まる馬ではないはず。



新潟8R 500万 芝1800m

15.デュパルクカズマ 勝浦 ★ 8人気12着

確かに最近は下見からカリカリして集中し切れてない感じだけど、さすがにここまで脚使えないのはちょっとおかしい印象。前走も思った以上に不甲斐ないし、距離延ばしてとも思うが厳しいかもしれない。

1.トーアライジン 古川吉 ★ 7人気6着

テン2Fが極端にゆっくり入って以降がある程度流れてという感じからの直線トップスピード勝負。序盤はスピードに乗れないし、脚をタメてもそこまでキレる馬ではないから、途中から押し上げて早めに脚を出していきたいところだった。今回の流れならもうちょっと前半から押してでも位置を取っていかないといけないし、中盤は動けない流れとポジションにハマってしまった感じ。
やはりその辺を理解している騎手であるとか比較的動いていく外国人騎手あたりでないと持ち味は出にくい。

11.ブリラーレ 北村友 ★★ 1人気1着

流れ的には完全に前。それでもラス1は12.1と掛かってくれたし、馬群が前後密集して極端な位置取り勝負にならなかったのは良かった。それでもポジション的に苦しかったし外から一気にブッコ抜いた脚は能力が違った。
ただ課題は折り合いなだけに極端な競馬をするしかないのが相手強くなってどうかというのはあるし、実際に取りこぼしもあるんで。そこは克服したい。
あとは仕掛けての反応が坂で鈍いところがあるんで直線平坦向きだと思う。

10.ワンショットキラー 木幡育 ★ 5人気8着

ここ2戦で我慢させるべきを外から動いていく競馬をさせている弊害が出てるような感じ。今回も馬自身が行ってしまいたい感じでリズム欠いて交わされると淡白出してしまっている。
気持ちの面が大きいと思うけど内枠引いてしっかり我慢させる競馬が出来るようにならないと苦しいかも。



新潟9R 500万 ダ1800m

9.プライズコレクター 黛
 ★ 5人気4着

4着が7回もある馬で今回も4着。どんな競馬させても甘くなる印象。
未勝利戦の勝ちが圧倒的だったし新潟コースも合うのでという狙いだが、そろそろ見切るべきか。
序盤でちょっと遊ばれたけど以降はしっかり好位で運べて手応え絶好。12.2-12.0と上がり2F戦とダート戦にしては極端だが、初勝ちは2F戦を突き抜けているし・・・
交わされてからがだらしなく下がって4着と物足りない。
母系がパワーやスタミナはあるけどかなり鈍足で重い印象だし、ダ2400mとかダ2500mなんかが合いそうなイメージがしてきた。



新潟11R 飛翼特別 芝直1000m


14.ダイイチターミナル 杉原 
★ 6人気10着

ゲートでガチャガチャして斜めに出たけどちゃんとリカバリー出来てたし、進路も上手く外を取って勢い殺さず乗って来れたが。ただ最後内からタイキに寄られて多少ブレーキ踏んだけど上位までは遠かったかな。
上がりでは32秒台でまとめてるし十分脚は使っていると思うけど足りないのかもしれない。早熟の疑念も。



新潟12R 十日町特別 芝1400m


このレースでは特に推奨してなかったけど気になった馬もいたので。
この条件にしては前半は34.6秒とゆったり目。そこから更に12.1-12.2と弛んで直線が11.1-11.7の2F戦で少し珍しい流れとなった。基本的には内枠から前目を立ち回った馬が有利で、コーナーの弛みで外からポジションアップ出来た馬も悪くはないけど、さすがに前半が楽過ぎる。その辺を頭に入れておきたいレース。

1.エイブルボス 丸田 8人気4着

後方からだが枠の利を生かすことなく直線は外を選択。コーナーの弛みにも最後方の内で待ちつつになったし仕掛けも遅れてしまう。そんな中で逆流をよく追い上げて来たと思う。

17.メンデンホール 柴山
 5人気6着


いくら新潟の1400mが向くとはいってもさすがにこの流れでは良さが出ない。弛みを外から早めにスパートするのはタイミング的には悪くない騎乗だったけど、前傾ラップをしっかり我慢して前が鈍ったところを差す競馬が本領だけに。

16.シュピールカルテ 丹内 7人気15着

前半から早目に位置取ってペース引き上げつつバテ合いに持ち込みたい馬だが、外枠というのもあったけど内から来られると日和って下げてしまう。それでも早めに押し上げるチャンスはあったけど外から動かれて直線入りではフタされる形。そんな中で前が11.1秒の加速だから到底難しい。スタートも出て出脚番手外まで行けるチャンスはあったのにね・・・
当然そこまでの加速に対応出来ずもたついたがバテてはいない。最後も寄られてブレーキ踏んで最後は止めさせた分余計着順は悪くなったけど競馬はしていない。
丹内も強気なんか弱気なんかよくわからない極端な騎乗が目立つから怖いよね。しかもハマることが少ない印象なんで。

他では14.クライベイビー9.インフルエンサーあたりがレース自体の仕掛けが早まっていいタイプなんで、割と脚を使った方だと思う。


土曜分は以上。
日曜分はどうしようか・・・




競馬ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
スポンサードリンク