続いて日曜分。


東京7R 500万 ダ1400m


13.フクノクオリア 松岡
 ★ 10人気1着

去勢明け4回使われてようやく活気が戻ってきた感じ。あまり動かしていくと反抗する馬なのは陣営談。というわけで見込み通り距離延長で楽に追走出来たし、ダートはいいと思ってたけど特に高速馬場は向いてたんだと思う。
直線抜け出す際には後ろの様子見ながらの追い出しにはなってたけど、そこから全力追いに移行してもそこまで抵抗する素振りも見せなかった。やはり精神面含めた状態面の改善もあったはず。
今回相手にもかなり恵まれてたのは事実だし1000万だと即どうこうは難しいけど、一応終始余裕ある完勝だったし、芝戦だったとはいえ好戦してきた相手はジャッキーなんかでもそこそこやれてるんで、あまりに不当人気であるようなら狙っても面白いかな。



東京10R 赤富士S ダ2100m 14:50発走

いくら超高速馬場とはいえ前半から終始一貫してのHペースで、序盤から位置取って運んだ馬は苦しくなる。
1角を6番手グループあたりまで入った馬8頭はコパノとメイプルを除きすべて二桁着順に沈んでいる。
序盤は後方でじっくり脚をタメ、3-4角に掛けて12.2-12.4のところを外から動いた馬が突っ込める流れ。

3.プリンシアコメータ 石橋脩 ★★ 1人気4着


前の争いを予見してかやや控えて中段やや前目のイン。そこは好判断。ただ勝負処で前を行くマイネルトゥランの手応えが悪くやや外に出し抜かれる感じで仕掛けは遅れた。それでも比較的ロスなく捌けたし、最後も止まっていない。久々もあったし0.2秒差なら結果的にはそこが響いた印象。使われ当然巻き返す。

5.メイプルブラザー 内田博 ★ 6人気7着

内田のリズムの悪さを象徴するかのような競馬になった。出していこうとするがその分掛かり気味になってしまい、展開考えると逆流。そして逆に勝負処からインで行き場失くして後方群まで下がってしまう。そこから外への持ち出しもスムーズではなかったし、最後は伸びて来たように脚余しての敗戦。
とにかくチグハグな競馬になってしまったが、この馬場で1600万でも通用するのが分かったのは収穫かな。

同じような形でチグハグだった1.ロードシャリオ10.イーストオブザサン。一番強い競馬してる13.コパノアラジンは未崎時代に狙い続けてイライラしたけど、やはり出していく競馬だとかなり渋太い。
後は4.マイネルトゥラン16.ロイヤルバンプあたりも展開次第では浮上してくる馬。



東京12R 神奈川新聞杯 芝1400m

5.ペイシャフェリシタ 蛯名
 ★★ 4人気1着

ファルコンS時はさすがに悪過ぎたけど、なずな賞あたりをみてもこの程度の道悪は合う。
馬場考えてもペースは弛いし、直線も内を敬遠する感じでバラけたのも良かった。ただインで立ち回り良くほぼ完璧に回ってきた割には辛勝。勝ちはしたもののちょっと物足りなかった。

4.ライズイーグル 横山和 ★ 7人気8着

見た目には荒れたインだったけど、どこまで影響したかはわからない。ただフットワークからは良馬場向きに思える。
結果的に前が残る展開ではあったが、それでも比較的ロスなく立ち回れたし伸び自体はさほどでもなくここに入ると抜けた存在では無さそう。良馬場の高速馬場で後傾ラップがベストではあるので、後は人気との兼ね合い。

一番可哀そうな競馬だったのが14.ウィズアミッション。序盤でも寄られて挟まれる形で引っ張ったし、直線でも接触する感じでバランス崩した。それでも立て直して展開不向きを伸びたしやはり能力上位。



京都8R 500万 芝1200m

12.ステラルージュ 高倉
 6人気7着


血統的にもかなりの道悪巧者という可能性はあるが、この時点ではかなり馬場悪化が進行して逆に外が伸びにくい末脚削がれる馬場だったと思う。結果的にも内枠で先行した馬や道中インピッタリを通した馬が台頭する中、直線寄られた分かなり外通して最後まで鋭く伸びて来た。同じく差して4着の10.ディープウォーリア辺りと比べてもロスなく完璧に乗れての結果だけに、この馬の方が評価できる。



京都10R 愛宕特別 ダ1800m

6.テイエムグッドマン 幸
 8人気6着


これもチェック外からだけどピックアップ。
手応え十分に勝負処に入るもバテた2番の後ろでブレーキ踏む形。その分脚が溜まった可能性もあるが、巻き返して伸び最後も切り替えるロスがあった。昇級後振るわずも共に直線外からフタされる形になったのもある。
しっかり出し切れる形ならもうちょっとやれても良さそう。



京都11R 秋華賞 3歳GⅠ 芝2000m

6.メイショウオワラ 松若 ★★★ 12人気16着


出来は抜群でこれ以上ない仕上がりだったし、自信を持って狙えたんだけどちょっと相手が悪過ぎたかな。
1角で多少狭くなったけど問題ないレベル、4角でもラビットランに切れ込まれたけどそこまでの段階で手応えがあれば先にモズカッチャン目標に上がっていけてたはずなんで仕方ない。
それでも終始前を狙って積極的に運んだ松若は立派。いい騎乗だったと思う。いつかGⅠを勝って欲しいね。
馬としては馬場は問題ないはずだし、距離の可能性もあるが、向正面のペースアップにも手が動いていたし、あまり動かしていっていいタイプじゃないかもしれない。その点では周回コースよりもワンターンの競馬が向くと思うし、ローズSも終始タフな競馬だったけど一応コーナーで12.2-12.0と多少の弛みが入っている。
暮れの阪神1600m~1800mで自己条件の1600万クラスなら当然巻き返してくる。


1.アエロリット 横山典 ★★ 1人気7着

刻々と悪化していく馬場だったけどそれまでの芝レース見る限りは8Rぐらいの時点で、かなり悪化の度合いは進んでて、内も外もなく結果的に立ち回り勝負。外から差せる馬場では無くなってた印象。
そうなると外枠の分意識的に出していったファンディーナ岩田も勝負に行ってるし、それが結果的にアエロリットの外から被せる形になり、アエロはそれを気にした感じでムキになっていた。
それを嫌ってか向正面入りですぐ単独2番手まで押し上げていったんだけど、そこからが11.9-11.6と馬場抜きにしてもオーバーペース。後続もそこで離れるわけでもなく、特に中盤辺りの馬で何頭かついていけなくなり気合つけられる馬もいたほど。
こうなると逃げてこういう競馬で渋太いカワキタエンカを除けば、前半位置を取りに行った馬は軒並み苦しくなる。アエロリットも例外ではなく失速するのは仕方ない。
本来ならもっと崩れて然るべき馬場と流れだし、やはり適性面もあるだろうが動き出し早い中上位に喰い込んだ馬は相当タフな競馬だし、全体的なレベルはかなり高かったと思う。
もちろんアエロリットも悲観する内容ではないし、別に距離も問題ないと思う。

14.ディアドラ ルメール
 ★★ 3人気1着

本来ならリスグラシュー武豊が勝ってるレースだったんじゃないかな。
後手踏んだけど結果的に流れは悪くなかったとはいえ、さすがに外を回しては届かない馬場だったし、噛み合った部分もあるんだろうけど、今のルメールの神懸かり度合いは異常。コース取りが完璧過ぎて、少しでもロスがあれば勝てなかったと思う。
ただ、春から相当タフなローテでもびくともしなかったし凄い馬。夏の休み明けの一戦がかなり馬体萎んでて心配だったんだけど、紫苑Sでメイチで取りに来たかと思えるほどの仕上げをしてきてたんで、今回に関しては個人的には上がり目の点では不安があった。
そんな中+12㎏だから余計疑惑の念が芽生えたっわけだけど、パドック見て吹っ飛んだね。Twitterでも呟いたけど、まさか紫苑S以上の状態があるとは思わなかった。
さすがにここからは維持に努める中でのエリ女参戦にはなると思うけど、ここまで来たら頑張って欲しい。



京都12R 藤森S ダ1200m

16.スミレ 菱田 ★ 
5人気10着

一歩目で躓く。大外枠でもあり、すぐ巻き返せない形で最後方。後ろから行く馬ではあるがもうちょっと位置取れないとさすがに苦しかった。4角外へ出すロスは避けられたけどスムーズに進路を伺えたわけでもなく、やや強引に抜けて来られたのは頼もしいけど、最後も微妙に前が狭く十分には追えていない。
かなり上がりの速さが問われる一戦になると思って狙ったけど、この人気なら12人気で2着したサーティグランドの方が実績あるだけに本来ならこっち狙うべきという感じ。水口とはいえ得てしてこうやって見逃されてる馬は走るね。
もちろんスミレも通用するけど、脚質上どうしてもリスクあるのでそこは人気次第。



新潟8R 500万 芝2000m


7.メルヴィンカズマ 勝浦
 ★★★ 4人気5着


思った以上に新潟は軽くて時計の出る馬場だったのが誤算。新潟はそんなに雨降らなかったからなあ。
どちらかというとバテ差しタイプなだけに、前半はこのコースらしくペースアップしたけど、そこからの弛みと馬場の軽さ、仕掛けの遅さもあってラストが11.2-11.8と出し切る感じじゃなくて、ジリジリ伸びてはいるものの抜け切れずという感じ。周回コースで全体的に流れる競馬の4F戦5F戦を早めに動いて踏ん張るとか、最後の1F掛かったところをバテ差すとかという競馬が合いそう。
ただ、少しトーンダウン。



新潟12R 寺泊特別 芝1600m


14.オブリゲーション 中谷 ★ 5人気5着

500万にしてはかなりメンバー揃っていた。テンの2Fがかなり遅くて馬群密集。全体的にもスローペースで上がりも速く、外からトップスピードに持って来れる馬が上位に来たレース。ただそれでも1分32秒台にまで押し上げている上位馬は強かったと思う。それを考えるとこの5着は悪くない。
序盤はなかなか馬の後ろに入れず、外からも行ってくれずで壁が作れなかったし、スローだから掛かり気味になるのは仕方ない。多少の影響はあったとは思うけど、それでも左回りだと内にもたれることもなく真っすぐ走れていた。繰り返すけど今回は相手が悪かったかな。



今週も週末は雨か・・・
少し控え気味にして2歳戦の回顧に力を入れないとヤバい。
買うレースがなくなってしまう。




競馬ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
スポンサードリンク