一応先週の回顧していきます。


東京7R 500万 芝2000m


多少雨の影響はあったかもしれないが、3Rの2歳未勝利で11.7-11.2-11.5でまとめてるのに対し、ほぼ同ペースで11.2-11.2-12.1だとラスト1Fが落ちた印象。勝ち馬や3着馬がその地点でほぼ先頭なんで、シャドウブリランテは
持続面で甘さがあるし、レッドジェノヴァが突っ込んで来れたのもそこかな。

1.プレシャスブルー 岩田 ★★★ 5人気7着

3走前あたりと脚の使い方比べてみても、動き出しについてはエスティームに最速地点でスッと離されてるように、速い脚は叩き出せるけどギアチェンジ性能が抜けているわけでは無さそう。
そうなるとやはりラスト400m⇒200m区間で外が全力追いに入ってる中で進路を外に探す形で待たされたし、もろに坂のところだから11秒前後の脚を問われる中でとなると苦しくなる。
ラスト200mでスペース出来てからも外からモクレレに押し込まれるシーンもあったしここは仕方ない。
今回に限っては内枠が仇になった感じ。次当たりはもう少し人気も落としてくるだろうし面白いかもしれない。

9.キャンディストーム 福永 ★★ 3人気1着

直線まで完璧に持ってこれたし、坂の地点で右手前でグンとシャドウブリランテに並んでくる脚は想定通り鋭く推定10秒台に入れて来た。ただクビから半身抜けてからは気を抜いたのか、脚が止まったのか同じ脚色で何とか押し切ったという感じに。脚が止まったとなればそこまで鋭い脚は長く使えないという面は心配面。
後は3走前をみても坂での加速は秀逸。



東京8R 1000万 ダ2100m

11.アポロテキサス ルメール ★★ 1人気1着

ルメールで人気になる分嫌って買い切れなかったけど人気になる理由がわかるよね。
この馬の課題としては砂スタートと超高速馬場での上がりキレ負けというのがあったけど、凄い出し方が巧い。
だからこそジワッと出してもハナに立てるし、道中も上げ過ぎず落とし過ぎずでまあ完璧な競馬。
馬自身の成長もあって速い上がりに対応出来た面もあるけど、3角過ぎから12.3-12.0-11.6-11.5-12.3という感じでジワジワとスピードに乗せて上がりの競馬にさせていないところも完璧。
ルメール以外なら勝てたとは断言できない競馬だったが、馬も力をつけているのは間違いないので人気次第にはなってくるが昇級でも侮れない。
しかしこの馬・・・狙って買った途端に不利なんかで10着⇒8着。締切りと人気過剰で買えなかった途端2連勝とか止めて欲しいわ・・・



東京10R 白秋S 芝1400m

7.ボールライトニング 蛯名 ★ 6人気7着

まず絞れなかった。デビュー当初こそある程度前の位置で競馬出来てたから誤魔化せてた部分もあるけど、現状はトップスピード地点で置かれてしまう。ペースもロードセレニティが逃げてデムーロあたりが突いていく展開だとある程度流れると思ったが、ロードの鞍上は福永だったのか。アロンザモナが逃げれてしまう展開だとペースは上がらないし、12.3-11.1で直線入りでギアチェンジ求められると苦しくなるし、スローでも中盤が流れて上がり1Fで落としてくる展開でないと突っ込み切れない。まあそれでも11.7だからもうちょっと差し込めていいんだが。
太かったのもあるし、蛯名がバランス崩し気味に左鞭連打してたんで内にササる面も出してしまってたのかも。
もうちょっと動ける体になった方がいいし、東京の1400mで実績はあるけど今だとある程度ペース上がってこないと苦しい気がする。1200mへの短縮とかダート替わりとかで変わり身を求めたい。



東京11R アイルランドT府中牝馬S GⅡ 芝1800m

3.デンコウアンジュ 蛯名 ★ 8人気8着

久々が良くない馬ではあるが仕上げ的にはまずまず。流れもこの馬にとっては向く流れではあった。
ただレース後鞍上も馬群での競馬をこなせたのが良かったと言及してたように、左回り巧者というより直線は外に出した方がいいタイプなのは間違いなさそう。
今回はそれに加えて進路探すのに手間取ったし、ラストも狭くなって十分追えていない。また舌を越す癖を出してたんで、久々というのもやはり影響したのかも。
次はエリザベス女王杯になるとは思うが、レース質的に上がり切らないのはプラスだけど、どうしてもスローとしても800m地点からの仕掛けになると思うし、そうなると外回して差し込むのは厳しい。
今回のように上手くインを追走して、直線でスムーズに外に持ち出せればいいけど楽ではないかな。
狙えるゾーンが結構狭い馬なんでヴィクトリアマイルで狙い切れなかったのが残念。

強い競馬をしたのはやはり7.アドマイヤリード。瞬間的にトップギアに入れられる馬だし、府中コースということで何とか助けられて3着と恰好つけたけど、なかなか酷い乗り方だった。
そこまで内外に馬場差はなかったし、さすがに乗っててスローなのはわかるはずだから上がり勝負確定。ならやっぱりコースロスよりもスムーズにトップスピードまで持って来れれるかが大事だと思う。
加速スペースを詰め過ぎるから外へ持ち出す段階でスピード削がれる分、出した後も前に置かれてしまうから展開考えると致命的。平場とかだとそれなりに乗ってくるし、ダートならそこまで問題にならないけど、なんか大きいレースで多いような気がするのね。その辺はデムーロとか田辺は抜群に巧い印象。

WS000099

WS000097

WS000096

ほとんどの馬が本追いに入ってる中まだ引っ張って外へ。

WS000100

直線入ってからずっと8.ロッカフラベイビーと9.キンショーユキヒメの間が空いてたんだけど、無理して入って来ないのが戸崎のいいところなのかもしれないけどね。
結果的に10.クインズミラーグロが抜けた後ろから抜けて来られたんで勝ってた可能性もあるんだけど。



京都6R 500万 ダ1800m

8.メガフレア 松山 ★★ 5人気2着

カラ馬の影響で少頭数の割に縦長で前半の位置取り差が響いたレースだと思う。
ただ残り800mから一気に馬群が圧縮する中で外動いていったし、逃げた勝ち馬に対しては明らかにロスはあった。ただ持ってる脚に対して出し切れてない感が強い。
スタートから出ムチ入れられるように前向きさに欠ける馬だし、無理に動かしていくよりは直線に掛けるようなレースの方がいいのかもしれない。もう一度芝を試しても良さそうな馬体ではある。

2.トーアライジン 和田 ★ 6人気6着

久しぶりのダートだったし途中から動いていく競馬が合う馬だけに、アクシデントもあって縦長、ラップ的にも押し上げるタイミングに欠いた。差してどうこうというタイプではないので参考外。



京都11R 清水S 芝1600m

4.ミスパンテール 酒井学 ★ 4人気1着

チューリップ賞の時の出来の良さが特に印象的だったんだけど、近頃はパドックでもテンション高いことが多くて今回も厳しいかなと思ったんだけどなあ・・・
まず雨が降らなかったこと、後は想定通り短縮とスローからのトップスピード勝負というのが噛み合ったイメージ。道中は折り合いに苦労してたし絶好調にはないはず。勝負処の反応も他の馬に比べてかなりしごかれてたようにあまり良くなかったが、最後は間割るように伸びて来た。
やはり相手が適性外だったとはいえリスグラシューに競り勝った脚は伊達ではなかったかな。

11.シーズララバイ 柴田善 ★ 6人気9着

大外枠に入ったし前走のような競馬はさせたくなかっただろうから割り切って後方待機。それでも直線まではロスなく運んだとはいえ、さすがにこの位置からでは届かない。直線しか競馬してないから33秒フラットの脚は信用してはいけないんだけど、とりあえずここは参考外で。

あと10.レッドアヴァンセがこの流れでここまで反応できないのは謎だったかな。馬体重の変動が激しくここも+14㎏。パドックではそれでも抜群に見えたけど、細いぐらいの方がいいかもしれない。
それとここ6戦好走と凡走を繰り返しているだけに、一戦ごとの反動が大きい馬なのかも。人気する馬なんで引き続き注意したい。



京都12R 500万 ダ1400m

9.メイショウラケーテ 池添 ★ 6人気10着

多少発汗が目立ったけどそこまで悪い出来ではなかったが。ちょっと止まり過ぎ。
懸念したように、久々で調整過程がEコースとかポリWとかが中心だけに、まだ体質が強くないのは確かなんで、レース使っていきながら仕上げていくのが現状ベストなのかも。

他で気になったのが3.トロピカルスパート。ベストはダ1200mの消耗戦だったが、遠征競馬、距離延長の課題がある中、中段に位置取って勝負処で内進出も詰まり気味にブレーキ掛けつつ回る。さすがにそこからの再加速は厳しかったが悪くない競馬。馬体見てもいい馬だし引き続き注目。
あとは6.ロードヴォルケーノ。手応えよく直線に入るも狭くなり完全にブレーキ踏む。一旦はそれで離れてしまうが立て直して急伸。これも注目。



新潟6R 500万 ダ2500m


8.ヤマニンシルフ 川又 ★★★ 1人気1着

芝使ってた頃からの追っかけホースなんだけど、厚く買った時が人気薄で4着3回。その間に2勝したけど共に1人気ととことん相性が良くないなと・・・好きなんだけどねえ。

今回川又に替わって今までが何だったのかという好スタート。道中もどちらかというと急かさないといけないタイプだったのに、直線除くほぼ2000m近くを持ってかれ気味にややムキになるぐらいの行きっぷり。
人気がわかる馬なのかもしれない・・・
超スローからの5Fロンスパ戦でしっかり直線再加速出来てるし、新潟では前も強い勝ち方だったように急コーナーと平坦コースが噛み合うのは間違いなさそう。
今回は相手がかなり弱かったし、もうちょっと落ち着いて走って欲しいけど、これでスイッチが入ったなら元々1000万でも狙ってたように通用すると思っている。



新潟8R 500万 芝1800m


7.リライアブルエース 坂井瑠 ★★ 2人気13着

馬体の造りなんかはさすがでこの中では抜けてる印象も、そこは流石に1年半ぶりで・・・

レースとしてはこのコースで2F目が10秒台はまずまず速く前半それなりに脚を使わされる形。3角手前から急激に弛んで馬群圧縮。4角出口残り800m地点から11秒台に入ってるので、外回りコースとしては仕掛けは速い。
結果的に4角入りで前から入って来た5頭が12~16着と大きく失速する差し競馬となった。
また開幕週だが前開催からの間隔も短く内が悪い認識もあるのか、直線は外に大きく広がる形。ただ実際は内が外に比べ悪いわけではないので、内目を捌いてきた差し追い込み馬が上位を占める形になった。

リライアブル自身はそんな流れで先行グループの一角で前半やや掛かり気味。4角でも早めに外動いて先頭に出る感じになり、そこは全体通じて早仕掛けで流石に息が持たなかった。
能力自体はこんなとこで終わる馬ではないので、脚元が無事なら巻き返して欲しいところ。

12.グリトニル 鮫島克 ★ 14人気11着

-10㎏は問題ないレベル。レースでは急激にペースが落ちた時点でガツンと掛かり気味になり何とか宥めようと内に入れたけど・・・その影響は多少考慮すべきだろうけど直線の伸びは物足りなかった。
ひめさゆり賞とか新馬戦みると極力追走に脚を使いたくないのはわかる。となると今回の流れでは余計脚を残せなかった理由もわかる。
折り合い面で気難しさ出したのがどうでるかだけど、極力前半は余力持って運びたいので距離は2000m以上欲しいかも。またはペースが落ちそうなメンバー時に狙う感じで。

10.ウインシトリン
15.ウインガーネットが何気に姉妹対決。妹の勝利に終わったけど、面白いのは適性差。ウインガーネットは瞬間的な脚は長く使えないので如何に一足を使うかの運びが大事になってくる。今回は久々もあったけど、残り200mで急激に失速。少なくとも新潟続戦なら内回りコースで見直したい。シトリンの方は今回流れは恵まれたけど外通したし、前走あたりをみても状態戻して来た印象。

あと、前目から押し切った3.ミッキーグローリーは力が上だが、外目を通して勝ちに動いた分の16.ダークネブラスの方がきつい競馬はしているかな。

最後に2.リリーモントルー。府中牝馬Sのアドマイヤリードの乗り方と丸被りだけど、前に進路を見つけられてもないのに押してスペース詰め過ぎてる分、案の定外に持ち出すのに苦労して待つ形になるロス。それでも最後は詰めて来た。
ダートで勝ち上がった馬だけど、前走は阪神芝1800mでトレジャートローヴが勝ったHレベルレースを1秒差なら上々で、しかも直線包まれて行き場失くしてしまっている。
母系はダート向きだがブリランテの仔だしどちらもいけそう。未勝利時代でもステイッフェリオ(セントライト4着)と0.3秒差だし、スイートドリームスの勝った超Hレベル戦でも0.6秒差なら十分といえる実績。



新潟9R 500万 ダ1200m

5.グリッターテソーロ 木幡巧 ★ 8人気5着

内からロスのない競馬が出来たし砂被っても大丈夫だった。今回は久々の分もあって最後に止まったけど、上位2頭とは本質的にSPの差を感じた。好走したレースなんかをみても前半そこまで無理したくないタイプだし、差しに回っていい馬でもないから、距離は1400mぐらいあった方がレースはしやすいと思う。



新潟10R 瓢湖特別 芝2200m

新潟の馬場は思った以上に軽い感じだけど、1F目を除く最遅ラップが12.5秒と一貫した流れの中でのロンスパ戦。追い上げるポイントがないし、開幕週だけにインは荒れていないだけに内の流れ込み競馬となった。
内回りだしなかなか差し込めない流れだけに、差して圏内の勝った1.プライムセラーと5着の3.アドマイヤローザが目立つけど、プライムは完璧に内で立ち回ってベストタイミングで外出せただけに、評価すべきはアドマイヤローザの方かな。あと動きにくいタイミングを弛んだとはいえ12.5秒から1200m残して11.9秒と仕掛けのスイッチを入れた11.ウォーブルが止まるのは仕方ない。

8.マイネルツィール 的場 ★ 9人気4着

前で流れに乗れたし適性的にも悪くない流れで良く走っている。最後は久々の分も考慮。

3.アドマイヤローザ 丸山 ★★ 3人気5着

上で挙げたように強い内容だと思う。ただ伸び切れなかったのは手前の替えるのが上手くないのかフラフラしてるし、鞍上はムチを入れ替えつつ何とかしようとしてるけど手応え以上にフットワークが伸び切らない。フローラSもそんな感じで脚余してるしその辺が課題だけど、ちゃんと走れるようになればまだまだ上に行ける素材ではあると思う。



新潟11R 魚沼特別 芝2000m

6.ルックトゥワイス 北村友 ★★ 1人気1着

2戦目の中京未勝利戦に久々で出てきてパドック見た瞬間これはモノが違うと直感的に感じた馬。
まだまだ馬体に緩さが残って芯が通ってない感じはあるし、レース振りも粗削りだけど順調にいけば重賞は勝てる馬なんじゃないかと思う。完封したトレジャートローヴも強い馬だし上々の走り。



とりあえず土曜分はここまで。



競馬ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
スポンサードリンク