ちょっとのんびりし過ぎました

まあ阪神は今の時点で早々に芝ダートとも稍重。中山もどうやら降り出してるようですし、明日は高確率で台風が日本列島を縦断開始するみたい。阪神辺りは開催も危ぶまれてるようですから、そんな状況で勝負するのはあまりに危険!

ちょうどいい感じの言い訳が出来たところで、今日の出走注目馬を。
といいたいところですが、今日はあんまりないですね・・・
一応挙げておきますが。



中山7R 3歳未勝利 芝2000m 13:30発走


雨の状況がわからないし、内回りの2000mで18頭のフルゲートで大混戦。
こういうレースは本能的に避けた方がいいのはわかってる。わかってるんだけども・・・

雨自体はそう降っていないし、先週の中山は明らかにここ2年の馬場より見た目芝丈も短そうで、もう一段高速になった印象。ペース自体も騎手の意識が追い付いてないのもあり弛くなるレースが多かったのも確かだが、最後まで上がり落とさず、ギアチェンジよりも速い脚をいかに持続できるかが大事になってきそう。

一応雨の量はそこまでないとして、引き続き超高速馬場と想定。序盤のペース自体はラップ上は上がったとしても、負荷はあまりなくスロー想定。3角手前からの加速ロンスパ勝負とみる。差し有利だが、多頭数なんで極端に後ろだと厳しく、先行の後ろから中団。勝負処で外から出していける馬が有利。


5.スパイラルダイブ 三浦 ★★★

ここを勝負しようかと思ってたけど、数少ない芝中距離のスーパー未勝利戦だけあって結構な面子が揃った。
色々読みにくいこと考えると、このまま超高速馬場のスローロンスパは合うと思うけど現在4.6倍の2番人気。
ギリギリ微妙なライン。5倍つけば良かったが・・・

初戦バルデスとは、あちらが1000万勝ち上がってるだけに、随分な差がついてしまった。
当時のレース評がこちら。

テン2F目(12.3)除くとすべて13秒を超えるか近い稀にみるスローペース。逃げたデムーロが終始首を上げて掛かっていた分他は余計控えてある意味極限の上がりの競馬に。後半4F(12.8-11.9-11.0-10.9)残り4-2Fまではよくある上がりHラップだがそれでもラスト1Fは落としてくるもの。L1=10.9秒と10秒台突入にかなりの違和感。
坂上での11.0秒自体はペース考えるとそこまでだが、そこから前との1馬身半を詰めて10.6~10.7秒で走り抜け後続を2馬身千切った上位2頭のSP持続力は非凡。


まあ明らかに道中は歩いてるペースだったし、内が死んでた馬場で通ったコースは良かったけど、Bコース替わりも雨の影響や積み重なった馬場の痛みで通常よりも時計が掛かる馬場だった中でのものなんで、決して恵まれただけのものではないし、勝ったバルデスが1000万勝ってるからね。

5着6着と着順落としたレースは、前半47秒台に入ってくる流れで、まだまだ非力感残す馬体、父マンカフェでもあり前半ゆったり入った方がいいのは間違いない。しかも前走はちょっとチグハグで勿体ない競馬。
もちろんヘグッた三浦も気合いが入っているだろうし、ギアチェンジ自体は大したことがないけど、上がりの質とスピードの持続力は高速馬場にマッチしてくると思う。
中団ぐらいの位置取りは欲しいけど、先週紫苑Sのポールヴァンドルみたいな馬群捌く競馬が出来れば勝てるんじゃないかと。この馬が未勝利で終えるとかちょっとありえない。雨が酷くなれば正直わからん・・・



11.オーランガバード
 石橋脩 ★★

初戦は経験馬相手の初出走だったけど、レローヴの勝ったかなりレベルの高いレース。
そこを直線だけの競馬とはいえ、直線外に逃げ気味になりながら追い詰めた脚は2着イムノスよりも評価していいと思う。その辺は初戦だったから仕方ないしね。

2戦目の前走は体も絞れてしっかり造ってきた印象だったけど、馬っ気を出していたように若さがあるのも確か。
チークP装着は初戦外に逃げ気味だったのも考慮されたか。
一転して先行策も前2頭が飛ばしたとはいえ47.6-59.5と結構厳しい流れになったし、完全に差しがハマる展開。
直線は内に外にとフラフラしてここでも若さを見せたが、展開考えると悪くない。

まだまだ若さが残る分初競馬場になるのも心配はあるし、大跳びで小回りに替わるのも機動力の面でスムーズさを欠く不安もあるが、今回ラストチャンスに初ブリンカー。
血統的にも父こそ違うが姉のエクセレントカーヴは高速馬場の京成杯AHを1分31秒台で走った馬だけに、高速馬場適性もありそう。また父ヴィクトワールピサらしい造りの大きい馬で緩さがある分、前半弛んで後半ラップが分散するのは悪くないと思う。

スパイラルダイブ同様G1レーシングの所属馬で2頭出し、上位独占を期待したいが・・・

もちろん強敵も多い。

現在1人気のムスターヴェルグはルメールから戸崎への乗り替わり。初戦はいい脚見せたが、既走馬のレベルがもう一つだったし、前走はスローを外に出すと折り合い欠く若さ。また繋ぎがかなり沈む馬で動き出しに鈍さを感じるので、人気程の信頼感はない。

ホウオウジャンプは溜め切ってのタイプで動くと甘くなし、そこまで長く脚使えない馬。
イムノスもいい馬で、2戦目の惨敗は前の馬がフラフラして突っ込み切れずのところがあった。
ただ、馬体が小柄でエンジンに対しついてきていない印象だし、明らかに中山替りはマイナス。

ピンクスパイダーは坂がダメだし鈍足のバテ差しタイプ。エナホープは明らかに相手強化されたし、前走は流れも噛み合った。

クインズゴールドは前走強い競馬だけどタフな競馬が合うタイプで高速馬場は微妙だし、リバーサルフィルムは前走は明らかにメンバーも流れも恵まれている。

そうすると相手で浮上するのは・・・

高速馬場に替わって後半型ラップに強い3.メイプルストロングが筆頭。

あとは、戦績の割に地味でいつも人気のない2.メイショウユーコン、前走はメンバー落ちるも展開的に強い競馬をした15.エスポワールママン16.ベルウッドミライまで。


まとめると・・・

◎5.スパイラルダイブ
〇11.オーランガバード
------------------------------------
▲3.メイプルストロング

------------------------------------
△15.エスポワールママン
×2.メイショウユーコン
×16.ベルウッドミライ

上位2頭+メイプル辺りを中心に。



中山9R 古坂特別 芝1600m 14:35発走


7.キングリッド 松岡 ★★★

動き出しの反応が良いが、どちらかというと一足タイプで府中だと最後にジリっと甘くなってしまう。
そういう点から中山マイルである程度流れる中で仕掛けを我慢し、一足を活かした方が断然にいい馬。
前走のスターオブペルシャはかなり強い馬だし、メンバーも揃っていたんで、新潟好走組よりこちらを取りたい。



今日は阪神はなし。以上で。



競馬ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。クリックしてもらえたら嬉しいです(*´з`)


スポンサードリンク