前回からの続きですね。

競馬に勝つためには2つのことが必要やで~ということで


①トータルで回収率100%を超える馬券術がある。


②最低限の資金とその資金が破綻しないための投資法がある。


この2点を取り上げて、その①の回収率100%を超えるためには、自分で編み出すほかないやん?
それはやはりしっかりとレースを見てメモを取ることやで~

という風に簡単にまとまることをダラダラと書いて来たんで徒労感だけが残ったというねえ・・・

まあいいでしょう。



じゃあ結果的に回収率100%を超えることが出来たのか?という問題になってくるのですが、その前にどういうやり方で本命を打ち、どういう券種で100%をクリア出来るのか方法論として確立してないといけないわけです。

そこで私が実際にやってきたことを簡単にパターン化すると。


(1) レースチェックして気になった馬とその内容をメモ

(2) チェックした馬が出走してきた際狙えるかどうか吟味

(3) 狙える場合に自分の中で自信度に置き換えて順位付け

(4) レース結果に基づいて的中率や回収率データとして累積

(5) ひたすら繰り返す



というようなものになります。

この作業に置いては完全に自分の頭の中の主観に基づいて出した結論であるため、それをある程度客観的に信憑性のあるデータとして置き換えないといけませんし、自信度に変換する場合に極力ブレることなく同じパターンで。という難しさがありますね。

ただ、ブレることなく同じやり方を膨大な量繰り返すことで、この変換作業を瞬間的に出来るようになります。イメージとしては、出走登録馬名見た瞬間『ビビビッ!』となって心拍数があがる感じ。
たまに、その後騎手名を見て心の底から落ち込むこともありますけどね・・・

後は定期的に結果を監視しながら、ブレがないか?変換作業に間違いはないか?ということを随時修正をかけていくイメージですね。

これを2006年から2009年。2016年から今現在まで続けており、年平均で3000~4000頭ぐらいのデータが集まりました。途中5年ぐらいの空白期間もありますし、所々修正する点はありましたが、長い目で見た時にしっかりと数字がついてきたので間違った方向には向いてなかったんだと思います。

昨年まではこんな感じで自信度を段階的に分けてました。


【A+】

まず勝つ。でもそれなりに人気。ちょっと・・・いやかなり贔屓目が入っている。

現在の表記 【★4/★
5】(めったにないし数字的には参考にならないんで基本除外)


【A-】

能力的に高く評価していて勝てると考えているが、適性的に未知な部分もある。昇級戦で付けるパターンと近走敗因明確な負けがあるパターン。2~4人気ぐらいが多い。

現在の表記 【★★】(ある程度絞り込めば成績はいいが、一時期低迷したんで軽視中)


【B】


普通に上位で走ってくると思うけど成績の字面もいいんで人気になりがち。大体1~2人気。

現在の表記 【無】(的中率は高く人気薄の本命の相手に持ってくることはあるけど回収率がついてこないんで基本的に無視)


【C+】


クラス通用の能力があって評価している。成績も安定してないため人気はないが敗因明確なため妙味を感じる馬。平均7人気あたりだが4~6人気の場合に安定して走ることが多い。

現在の表記 【★★★】(狙い馬の中心的存在。この印の安定が儲けのカギ。最近頭で来ない)


【C-】

条件が噛み合えば一発ある馬。成績は悪いし平均8人気以下と人気もない。ただたまに大穴を演出してくるんで気が抜けない存在。


現在の表記 【★】(まだ複勝は買えるレベルだが、頭で来ることはほぼない。ただ、レース間際で変に自信というか予感が働くことがあるんでサインを見逃さないようにしたい)


【D】


一応過去にチェックしたことがある馬だけど、すでに見切っていたり今回は厳しいと思う馬。

現在の表記 【無】(買わない。実は2016年プラスだけどほぼ大穴なんで信用できない)



というような感じです。

2009年以前のデータも残していたはずなんですが、パソコンもそこから3台替えてたりするんで残念ながらデータは消えてしまってました。一応2016年以降のデータは残しているんで貼っておきますね。ちなみに今現在使っている表記に変換しています。




2016年 通年

WS000035

2017年 1/5~4/23

WS000036

2017年 4/29~8/20(ブログ掲載以降)

WS000037



この数値に関してはあくまで自分のためのものなので、信用するか否かはおまかせします。
このブログは、日々のルーティンに飽きてきたのと、チェック内容の詳細を普段エクセルデータやJRA-VAN NEXTのレースメモに残しているんですが、それをどこでも確認出来るようにしたくて始めました。あとチェック馬を公表することでデータ的にどう変わるのか興味があったんで。

今の段階では慣れてないのもあるけど、時間を取られ過ぎて弊害の方が大きいかな。
もしかしたら今後はTwitterメインにやっていくかもです。


まあ言いたいことは、たとえ自分だけの主観的アナログ予想とはいえ、こうやってデータを積み上げることで数字に対する客観性や信憑性が出てくるんじゃないかと思ってるわけです。
だから馬券収支もそうですけど、やはりデータとして残しておくことは大事なんでやって欲しいですね。何となくでは自分の予想の何を評価して、どこを改善すべきかわからないですからね。

回収率100%の馬券術を確立する上では、こうやってまず単複で100%を安定して超えてくる条件を見つけ出して欲しいと思います。それがまず最初かな。


そうやって出てきた根拠ある数字があって初めて

②最低限の資金とその資金が破綻しないための投資法がある。

に繋がってきます。


あと、競馬をする上で年間どれぐらい勝ちたいとか、目標を設定する場合に、自分の予想の精度(的中率や回収率)がわからないと、ハッキリ言って目標なんて絵に描いた餅になりますよね。

それが明確になって初めて、目標を達成するためには予算をこれだけ用意して、この自信度のレースにいくら投入すればいい。という計算が成り立ちますから、そういう面でも予想の精度を知ることは非常に大切なことだと思います。

そろそろこのへんで一旦締めますね。
②の投資法については近いうちにアップしようと思います。


ヤバい・・・先週の回顧に全然手が付けれてないや





競馬ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。クリックしてもらえたら嬉しいです(*´з`)
スポンサードリンク