引き続き日曜日分を回顧します。


福島7R 3歳未勝利 芝2600m

13.パラディラタン 菊沢 ★ 11人気8着

うーん。ちょっとこれはわからんなあ。-12㎏だったけど悪くないというよりもきっちり造ってきた印象だったし。
ペースも位置取りも途中までは絶好だったのに、残り800m辺りからついていけなくなってしまった。
今後はとりあえず様子見かな。



福島10R 鶴ヶ城特別 ダ1150m

8.パッシングブリーズ 津村 ★ 4人気5着


4.ベルエスメラルダが出遅れたというのもあったけど完全に想定ミス。ここまで遅くなるとは思わなかった。
にしても前の日の2歳新馬戦よりも遅い流れだなんて・・・
各馬余力十分の団子状態から大外回して捻じ伏せられるほど楽な相手じゃないし、それでも能力上位馬が出し切れたとは言い難かったけど、勝ち馬と0.2秒差なら悪くない。
流れ考えたら仕方ないけど3角手前から外動き始めて3角-4角と高速で流れる中で終始大外だから、立ち回りの差考えれば5.ウインオスカーともそんなに差はないし、まあ今回は参考外で。
10.スーパーモリオンも負けたのはコース取りの差だけど、より流れに影響を受けたのは6.アフターバーナーの方かな。勝負処を馬群の中でブレーキ踏みつつ捌いて伸びるにはこの条件では厳しかった。
後は4.ベルエスメラルダ。ゲートでヨレて外の馬とぶつかって後方からとなったけど、揉まれない競馬になったのは逆に良かった。大味な競馬で脚は使っており脚力はやはりある。揉まれないことが条件になるけど素材で言えばここに入っても一番じゃないかと思う。



中京4R 3歳未勝利  ダ1400m

15.エイトクレイン 鮫島良 ★ 10人気9着

どうしても中京のダートって個人的にだけどパワー重視で展開乱れたらズブズブ決着になるやろ。というイメージが出来てしまっててそれは叩き壊さんといかんなと反省。まあ別にそれでこの馬を狙ったわけではないんだけど、未勝利クラスで乾いた良馬場。テン34.2秒のHペースでも、出し切る流れにはならなくて上がりもそこまで落ちない。
特にこの3回中京のダートは雨の影響ない乾いた良馬場でも時計が出るので覚えておきたい。

話を戻すと、この馬は結構キックバックを過剰に気にするところがあるんで外枠を上手く活かして欲しかったんだけど・・・中途半端に位置取るのを諦めてしまって、ちょうど芝の切れ目あたり?何があったのかは見返してもはっきりとは確認できなかったが、恐らくダートコースに入った際フットワーク乱れて凄い勢いで下がってしまった。2走前の京都ではそんなことなかったのにね。まあそれでも最後はもうちょっと来て欲しかったんだけどなあ。

テンションも高い馬だし気性的に難しいタイプなのかもしれない。そうなるとなかなか狙い辛いけど、バゴ産駒の良質馬って芝向きの馬が多いし、馬体からも芝は向く可能性はある。もっと走れていいはず。



中京7R 500万 ダ1400m


13.マルカソレイユ 和田 ★★★ 3人気6着


ここは週明け記事から抜粋。

ここで負ける馬じゃないと思うんだけどなあ。久々でも。レース全体の流れとしては完全に差し有利の競馬。
4角で12.6秒と急激に弛めてるから外が楽に取り付いてるし。勝った馬は案外強いけど逃げられたというのと、マルカは終始3~4頭分外を回し続けてるんでね。
あとスピード色の強いダイワメジャー産駒は消耗的な流れだとやっぱ信用出来ないか。芝でも1200mより1400mがいいのは、そういう事なんだと思う。
展開考えると悪くない走りはしてるんだけど、この相手なら勝ち切って欲しかったなあ。



中京9R タイランドカップ 芝1200m

16.オフクヒメ 幸 ★ 6人気1着


テン34.2秒だけど逃げ馬が離してたんで、2馬番手以降はかなり遅かった。3,4番手外だけどこの馬自身は35秒台そこそこだったんで、先行しつつ脚溜められる流れだったのはあるけど、ここも荻野だったら無策に控えて脚余して負けるというパターンだったような気もする。
そういう点で幸の好プレーだし、選択肢が広がったのは好材料。だからといって何でも押して先行させると困るけど、展開頼みじゃなくペースに合わせた乗り方が出来るなら、元々1000万でもある程度やれてたんで、再昇級でもいけるかな。まあ人気でというタイプでもないので、人気との兼ね合い次第というところ。



函館6R 3歳未勝利 芝2000m

6.ヒミノブリランテ 国分恭 ★★★ 10人気4着


今年はこういうのが取れなさ過ぎて本当に困る。
絶対出遅れると思ったんでゲートを出たのにはびっくりしたけど、内の馬が軒並み控えて外と入れ替わる感じになったんで、ポジション取りが下手な馬だし結局最後方近くまで下がったのは仕方ない。ただそこからはほぼ完璧に乗ってくれたと思う。その分3着は何とかしてほしかったけど。

どうしても前半は流れに乗れないので距離は長い方がいいと思うけど、実際に強い競馬をしているのはマイルなんで何とも言い難い。ただ明らかに出し切れる流れがいいので、1400mぐらいがフィットしそうなイメージもある。
後は高速馬場への対応やトップスピード勝負となった時だけどそれなりに対応してきそうだし、それよりも少頭数であるとか前半の不器用さをカバー出来るかどうかというのを重視して狙っていきたい。



函館11R 函館記念(GⅢ) 芝2000m

2.ダンツプリウス 丸山 ★ 10人気14着

思ってたより馬場悪化したなあ。マイネルミラノが動けなかったのもあるけど全体的に仕掛けが遅れて、外目からスムーズに先行出来た人気薄が2,3着に残ったレース。
この馬自身はスタートは出たけど、積極的には出していかずで4.ケイティーに取りたかった位置を取られてしまった。鮫島弟の方がしっかりと勝負する意識で競馬してきた。
中途半端なことするから外からどんどん入り込まれて最後方付近。しかも馬自体下がっていく中でムキになってるしお話にならない騎乗。
勝負処で早々に手応えが怪しかったし、ここまで悪くなると馬場もどうなんだろう?という面はあったし、また、ケイティーの位置取れててもケイティー以上に走れてたかは微妙。それでも買った人から見るとスッキリしない乗り方だったと思う。
後はやっぱり適性として前半流れてこそのタイプ。今回展開速くなりそうな構成だったのもあって狙ったけど展開とかホント読めん。
そういうわけで狙いどころとしては短縮。1400mは1度だけ走ってるけど馬場も流れも参考外でまだわからないと思う。まだ終わってない馬だとは思うんだけどねえ。どうやろ・・・


とりあえず今週はここまで~
※黄色は引き続き要チェックで、水色は条件次第というように次走以降の期待度を色分けしてみました。




競馬ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。クリックしてもらえたら嬉しいです(*´з`)
スポンサードリンク