まずは簡単な馬場予測を。


【東京芝コース】


今週よりDコース替わりで全体的に荒れた内側をどこまでカバーできるかというところ。先週より3m分外側に仮柵設置するわけだけど、それでカバー仕切れないほど悪いエリアが広かった気がする。よって最内には痛みは残っているはず。一応コース替わりにより少なくとも序盤は内タイトに回して来ると思うんで中~外が優勢と予測しておく。
時計面ではさすがに連続開催も長いのでジワジワ痛みが進行していると思う。極端にではないが先週より更に時計が掛かる方向へ向かうはず。


【東京ダートコース】


火曜の雨の影響は当然残らずだろう。よってここ2週と引き続きパサパサに乾燥したダート。脚質的にはフラットとみておくが、馬体重含め砂質に対する適性面では注意が必要だろう。ただ、本来東京コースはそうなのだが、逃げ馬が結果出てないように、逃げる馬に取っては厳しい馬場。


【阪神芝コース】

こちらはBコース替わりだが、開催2週はほぼ雨の影響を受けることのない超高速馬場。今週も雨は大丈夫そうなので引き続きかなり速い時計が出る馬場だろう。
ここ2週を見る限りは特にインの立ち回りの優位性で、展開に比重があるレースだけで馬場に起因するようなものではなく、展開次第で差しも届いていた。Bコースに替わるが全体的に馬場は痛んでないので、荒れた内がカバーされてということもないので、引き続き内外フラットの意識でいいと思う。


【阪神ダートコース】

先週土曜は雨が残って終日稍重だったが、高速ダートどころかむしろ時計が掛かっていた印象。土日通じて差しタイプが優勢で特に逃げ馬の苦戦が目立った。展開によるところなのかもしれないが、一応注意しておきたい。
今週も雨はなくパサパサのダートで、ややパワーのいる良馬場。内外フラットかやや差し優勢としておく。


【函館芝コース】

函館開幕週でAコース。昨年に引き続いてエアレーションあり。昨年は日曜日の1200m戦で函館SS含めインの立ち回り決着はあったが、土曜や他の距離みると、そこまで内が有利とも言えない馬場。
全体的にはインで立ち回るよりも4角外から勢いつけて動いていくタイプの活躍が目立った。よって枠の内外というよりは、コーナーで機動力のあるタイプを狙いたい。変に内で包まれるよりは、序盤を含め動いていける馬は逆に外枠の方がいいかもしれない。
ただ、時計に関してはかなりの高速馬場。パワーがあるから洋芝向きという単純なものではないと思うが、あまり洋芝実績にこだわるよりは、時計実績に注意した方がいいかもしれん。昔のように函館が雨の影響を受けることは少なくなってきたので、あまり昔のイメージを引きずらないようにしたい。

また、函館開催に合わせて狙い打ってきたような馬が結構出走してくるけど、ここにだけ実績があるような馬は近走の成績が酷くても案外人気にも反映されるし、妙味はないと思う。
それよりは実績こそないが、気性的に滞在競馬が向くであるとか、陣営の調整過程や馬の資質適性あたりをしっかり吟味して狙いたいところ。


【函館ダートコース】

昨年は雨の影響受けることが多くて、時計は全体的に出やすかったけど、2年前は良馬場でも時計は速い感じ。恐らく今年もある程度速くて軽い馬場じゃないかと。
同じローカルのダ1700mでも、小倉や福島と比べて軽い砂質で、札幌よりもコーナーがきついんで、かなりスピード重視でいいかも。向正面に坂はあるけど芝コースより緩やかだし、直線も下り坂で先手有利は明らかだけに。もちろんダ1000mは前へ行く脚がないと話にならないという感じ。まあこれはどこでも一緒だけど。
まあ何が何でも前へ行く馬を狙うわけにもいかないんで、とりあえずスピードがあることを大前提として、少なくとも器用に動ける機動力がある馬を選ぶようにしたい。



続いて各レースに入っていきます。



競馬ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。現在50位あたり。クリックしてもらえたら嬉しいです(*´з`)
東京7R 500万 ダ2100m 13:30発走

◎11.オールデン 吉田豊 ★★★ (推奨15倍~)

4走前の芝戦が結構いい内容でチェック。そこからダート転戦の3走前は、3角手前から直線入りまで一貫してペースアップする中で終始外動いて長く脚使って来た。高速馬場を考慮しても時計も上々。2走前は今回と同条件で坂上まで追い出し待ってムチ使わず完勝。
そして前走。向正面の急激な弛みに折り合い欠いて馬群に入れる形になるが、そのタイミングで外から一気にレースが動き結局位置下げながら最後方近くでようやく外に持ち出せたのが残り400m地点。そこから前が11.7秒と一気に余力持ってスパート掛けてきたからたまらんと。結局残り200m地点までは前との差を詰められずも、最後しっかりバテ差しして4馬身詰めて12.9(ロス)-11.7-12.1なら悪くないかと。

どうしても時計面では古馬勢に劣るが、3歳戦でこの条件だとまずペース上がらないので仕方ない。
それでも中山では、脚抜きいい馬場とはいえかなり速い時計出せてるし、芝とはいえ46秒台の流れでもしっかり脚使えているのもまずまず。
吉田豊と相性良くないのが不安ではあるが、馬はダートではまだ底見せていないし面白いと思う。

相手筆頭は前走でも狙った1.バッスルバッスルと降級の5.ラテールプロミーズ。展開利込みで10.エムオーグリッタだが、まとめて負かすなら6.クロノスタシス。ただこの馬はいつも過剰人気だけに・・・
最後に穴目で推すなら13.セガールノチンモク。出し切ってなんぼの馬だけに前走は馬群の中で持ち味生きなかったし、弛んで最後はキレ負け。今回もスロー濃厚だが新人だし積極策で出し切れば。

〇1.ハッスルバッスル
〇5.ラテールプロミーズ
▲6.クロノスタシス
△10.エムオーグリッタ
★13.セガールノチンモク



東京10R 相模湖特別 芝1400m 15:10発走

◎9.ライズスクリュー 柴田善
 ★★★ (推定30倍~)

まあ前走よりも勝ち馬除いたら相手も強化されてるんで楽ではないと思うが、人気ほど馬鹿にしたもんでもないなと。

とにかくこの馬は道中の弛みから再加速する、いわゆるギアチェンジが苦手な印象。2歳時は距離延ばしてトップスピード特化戦で甘さ見せてたが、春菜賞で距離短縮して仕掛け早めてラスト3Fが最速の流れを最後まで長く使って押し切った内容は悪くない。

ファルコンSは先にマイネルバールマンに動かれ被される形で直線でも前に入られフラフラ。結局突くに突けずで中途半端な競馬になってしまった。前半34.0と流れたとはいえ、そこからの11.8-12.1の弛みで前に入られ、そこから11.4秒の再加速だからこれも辛かったはず。

前走はテン36.0のドスローから中盤11.9と上がらず、全体的な仕掛けは早まって11.0-10.9-11.4とL3から速くなる中、坂上までじっと仕掛け我慢するという、完全な仕掛け遅れ。これでは当然厳しいが、反応自体は良かったんで調子は良さそう。

そして今回。相手こそ揃ったが先行タイプが揃って比較的流れるだろうし、人気のドーヴァーも内田騎乗で前走差し遅れた分もあって仕掛けも早まりそうで確実に流れは向くはず。しかも今の東京の馬場考えても今回は噛み合いそうな条件が揃った。前半はしっかり脚溜めて、勝負処からしっかり出し切るレースをして欲しい。

相手は当然11.ドーヴァーと8.アルジャンテ。どんな流れでも対応できる幅があるんで崩れそうにない。
後は手広くいくか、2頭に絞り込むかの選択で。

〇11.ドーヴァー
〇8.アルジェンテ



阪神3R 3歳未勝利 ダ1200m 11:00発走


13.ワンパーパス 太宰 ★ (推奨20倍~)

このダート替わりが歓迎かどうかは走ってみないと、という感じ。少なくとも馬群でバカついて折り合い欠いただけに、今回外枠歓迎だしペースも速くなりそうで、じっくり下げて運べそう。色々課題はあるが終いの脚はかなりのレベルにあるので、それが出せるかどうかだけかと。
人気だと狙えないが、現時点では軽視されてそうなだけに。



阪神6R 3歳未勝利 芝2400m 12:50発走


18.アバルラータ 幸 ★ (推奨20倍~)

初戦となった前走は、馬体は全体的にモッサリしてるけど凄く柔らかみがあって走って来そうな印象だった。
レースでは大外枠で出遅れたこともあり割り切って最後方待機。直線イン選択も切り替え切り替えで捌くのに苦労したのが大きかった。
前走に続いて大外枠だしスタートが劇的に改善するかは未知だし、フルゲート多頭数で後方となるとリスクは高いが、メンバー自体はどれが勝つの?という低調なメンバーだけに、そこまで支持されていないようだし、狙ってもいいかな。



阪神8R 500万(牝) 芝1800m 13:50発走


13.チカノワール 加藤祥 ★ (推奨100倍~)

さすがになあというところはあるけどここは思い切って。

芝の経験は新馬戦のみで5着だが、その内容が良かったのでいつ芝で使うんだと思ってたけど、いきなりハードル高すぎないかと?
まあシンハリーズの仔ミリッサが勝ったレースなんで覚えてる人も多いかもしれないが、あまりのスローにルメールが3角過ぎから一気に動いて4角手前で先頭から押し切る内容は何か今年のダービーに似てるなと。
ミリッサ自体は捲り切った後なんで、そこまでロスはなかったけど、呼応する形で遅れ気味に動いたマイスタイルが、外々回らされかなりロス被った形でチェック。改めてこの馬はダービー4着馬なのよね・・・

チカノワールに話戻すと、そんなドスローを我慢しきれずレースが動く中、馬群で待ちを選択した天才武豊?がやってくれたレースで、完全な仕掛け遅れだろうと。直線で外に出した時は前は遥か彼方。それでも猛然と追い込んで、最後は脚余しての入線。

その後無駄にダートで勝ち上がってしまったんで、迷走を開始することになったんだけど、ようやっとという感じ。
久々の前走は馬体増以上に緩く見せ仕上げ途上。調整過程も良さそうなんで、デビュー時のギュッと締った馬体見せてくれれば。

後は内の4頭が強力だけど、面白いのは6.テイエムフタエマルか。この馬は逃げ馬では珍しいけど、あまり飛ばしていくと良くないが、しっかりタメ作って運べるとギアチェンジの性能はかなり高いと個人的に思っている。
そういうタイプが舐められ逃げ出来るのは逆にワンターンで直線長いコースなんで、ようやくといったところ。
人気馬が牽制し合って仕掛け遅れれば全くのノーチャンスではないかもしれん。



阪神12R 500万 芝1600m 16:15発走

12.ハムレット 藤岡佑 ★ (推奨25倍~)

前走も狙ったのでその回顧を。

休ませて10㎏増えたけど腹回り切れ上がってるし、とにかく入れ込みが激しい。パシュファイアー装着も効果のほどは?元々テンションは高めだったけど、ここまでとなると厳しい。
レースでも序盤からムキになってリズム欠いたし、弛みで引っ張って高速コーナーで外回すというチグハグさ。
上手くガス抜き出来ればいいけど、ここまで気性が悪いと厳しいかもしれない。


まずはスタートラインにまともに立ってというところだが、今回比較的速い流れで引っ張りそうな馬が複数頭いるだけに流れ自体は噛み合いそうな気もしている。まあとにかく落ち着きが欲しい。

1.エルビッシュ、4.レディギャング、7.エンヴァール辺りが強敵だが、エルビッシュは阪神は合わないし、レディはマイペースで逃げてパフォ上げただけに同型の存在が。エンヴァールはデビュー戦でマカヒキの2着したという実績だけで人気が落ちることは無さそうで妙味?とそれぞれ手が出辛い。

それならもう一頭穴馬を挙げておくと3.キスミーワンスかと。この馬も入れ込みが課題だけど、前走は外勢い付けて加速体勢に入る上位馬に対し内で捌きつつという感じのロスが響いたし、前半明確に掛かった分もあったんだと思う。



函館6R 3歳未勝利 芝2000m 12:40発走


7.ブライトクォーツ 蛯名 ★★★ (推奨20倍~)

この馬も引き続きという狙うという事で回顧引用。

母親と祖母こそ違うが1600万クラスのダノンアローダと100%同血統。もちろん全兄弟でも違うタイプに出ることがあるだけに一概には言えないが、仕掛け早めて出し切れる流れでパフォーマンス上げてきたのがダノンアローダだけに。
序盤から控えて最後方。道中馬自身が緩いペースに掛かる感じではなく、行く気出して上がっていくも宥めて馬の後ろに入れ下げる。勝負処でも馬の後ろで我慢させる競馬も窮屈になり下がり気味。直線でも狭いところに入って追い出しが遅れる感じで、最後伸びてくるもジリジリ。
後半型の流れを勝負処で外ブン回さないだけマシだが、松山は差し馬に乗ると大胆さが薄れ大事に乗り過ぎるきらいがあるなと。前でペース作るのはかなりレベル高いんだけど。
仕掛け遅らせていいタイプじゃないのでこの結果も仕方ないし、ワークフォース全般、特に牡馬だとそうだけど、瞬時に動ける脚がなく不器用なんで馬群を捌く必要がある乗り方だと前走同様に消化不良に終わる。
ダノンアローダはダッシュがいいので前で競馬出来るからいいけど、この馬の場合は積極的に出していくか仕掛け早めていくかしかないと思う。
不器用だけに多頭数だとどうかだけど、仕掛けが早まる小回りで時計掛かる函館とか、梅雨時期で重くなる阪神内回りとか、逆に直線の長い新潟外回りとかが合うんじゃないかなと。
まあまずは積極的に乗って欲しいところ。

長くて申し訳ない

函館は恐らく高速馬場だが洋芝自体は向くだろうし、蛯名が乗ってくるのは仕掛けが噛み合いそうなイメージ。
とにかく動き出し早めて出し切って欲しい。



函館8R 500万 芝1200m 13:40発走

6.ニシノエアレス 鮫島克 ★ (推奨18倍~)

この馬も再度狙う形で引用。

新馬戦以降減っていた馬体がようやく戻ってフックラと良い仕上がり。道中インピッタリを掛かるというより抑えきれない手応えで追走。最後までロスなく運べてかなり噛み合った競馬も復調感じるので昇級してもヤマカツグレースと差のない競馬しているし、人気無いようなら面白い。出来れば外に馬を置く形で運びたい。

短縮がどうかも積極的な競馬で好枠活かしてほしいところ。



函館11R HTB杯 芝1200m 15:25発走


5.ユメノマイホーム 松岡 ★ (推奨15倍~)

昨年札幌戦以降、距離延ばして後半面で良さが出た馬だが、最近は敗因が明確な負けもあるとはいえリズムが悪い。
それでも前走はかなりの極悪馬場を早々に手応え怪しくなりながら、渋太く脚伸ばしていくらか前進気配。
あまりペースアップするとどうかも、好枠引けたし位置取れる鞍上で得意とする北海道シリーズに戻って浮上のきっかけにしたいところ。




競馬ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。現在50位あたり。クリックしてもらえたら嬉しいです(*´з`)
スポンサードリンク