先週の回顧は個人的には終わったんですが、記事にまとめる時間が微妙。
ということで、とりあえず日本ダービーのことでもさらっと書こうと思います。



WS000003


枠順決まりましたね

パッとみた印象ではちょうど真ん中より内目に比較的前目で運びそうな馬が揃い、特に先行馬が内に偏ったという感じですね。反対に控えるタイプの馬が外目の枠に入った感じ。このレースの傾向として内枠が断然有利というのがありますが、ここまで定着してくるとしっかり人気に反映してくるでしょうし、今年は昨年のように上位と下位の能力に明確な差がなく大混戦。果たして単純に内だけで決着ということになるでしょうか?


【馬 場】

先週は土日通じて本当にインでの立ち回りが問われる馬場でした。直線で内突いた逃げ先行勢が止まりそうで止まらないし、差し込むにしても4角内ピッタリを回して来てました。外から入って直線外に出すとほぼ壊滅。
アドマイヤミヤビぐらいですかね?来たのが。さすがに日曜の後半は大外からゼウスバローズやドーヴァー辺りが突っ込んできましたが、4角まではしっかり溜め込んで内目通しています。そういえば前記2頭は共にデムーロ騎乗でオークスを見据えていたのかもしれませんね。

ちなみに昨年のオークスの週は今年とは明らかに違ってて、見た目にも内が荒れてました。かなりの高速馬場だという点は今年と同じですが、勝負処から内目を通すより中から外目通す方が断然伸びてましたので。

余談を挟むと、メカニズムはわかりませんが、酷い道悪の翌週って極端に高速馬場のイン有利の馬場になると思いませんか?
記憶に新しいところでは先週。そして皐月賞の週。また、昨年ではかなり話題となった高松宮記念の週ですね。
あの時も1週前のファルコンSが相当な道悪でしたしね。傾向として覚えておいていいかもしれません。

そんな昨年のオークスからCコース替わりとなったダービーの週ですが、やはりある程度内の痛みが仮柵でカバーされたことで、外差し馬場が是正されて内の馬も踏ん張れる馬場になりました。ただそれでもフラットかな?という程度で内が有利とまではいかず、3m程度外に出しただけではカバーしきれてなかった印象でしたね。

さて今年はどうでしょう?金曜日は残念ながら雨予報ですし、とりあえずは土曜日の馬場を見てみないとですが、ここ2年に比べてみた場合でも、見た目にもそうですが内がそこまで傷んでない感じです。4月末から5月に入っても暖かい日が多かったですし、ヴィクトリアマイルの週こそ雨中での開催でしたが、土曜の後半から日曜は終日全馬ほぼ内を空けてましたからね。そういうのもあって先週のイン伸び馬場が発生したのかもしれません。

そして今週のCコース替わり。もしかして状態のいい内を仮柵でカバーする。なんてことにはならなければいいですが、芝最後レースのオークス含め日曜後半レースにおいて、内でも伸びてるのが実は最内ではなく3~4頭分外のところになっています。つまり仮柵を置くことで再び最内が1番伸びるコースということになりそうです。
後はダービー時点でどこまで内が悪くなるか?でしょうが、その辺はさすがに見てからでないとわかりませんけどね。

無駄に長々と書いてきましたが、現時点での結論は、ここ2年よりも断然イン有利である。
ということにしておきます。

【展 開】

書き出しでも軽く触れたように、内に前へ行きたい馬が揃って、外に後ろから行く馬が揃いました。
ということはどうなるかというと、1角までの先行争いが生じにくく、外から出していく馬が少ないためペースが上がりにくいということがまず1点。
次に外の差し馬は中途半端に外回されたくないので控える選択肢を取らざるを得なくなります。こうなるとペースが上がらないのに向正面では縦長、もしくは前後分断の隊列になりやすいです。これが2点目ですね。

こうなった場合はどうしても後ろから勝負に行くには早目に押し上げていくしかなく、そうするとかなり脚を使わされます。小回りのダートとかだと緩み切った場合に向正面の序盤が捲りハマるタイミングなんですが、さすがに府中の2400mでは難しい戦法ですよね。そして、当然3角手前の坂の上りでも動き辛い。となると結局は我慢して3角の下りで動いて行くしかないわけです。

前の馬は十分にお釣りがあるので、3角下りからジワッと引き上げていきます。エイシンンフラッシュのダービーの時のように引き上げず、なんてこともありますが、クリンチャーがある程度仕掛け早める意識持ってそうだし、アルアイン松山やダンビュライト武豊あたりはペースメイクに関してはしっかりしてるので、大丈夫でしょう。

そうなると厳しいのはそこで動くしかない後続の馬たちですよね。内スルスルなんてスペースもないでしょうから、外回すか直線まで溜め切るかという選択になりますが、そうなるとどっちにしろ苦しくなります。

ここでも無駄に長々と書いてきましたが、結論としては断然内枠先行有利としてしまっていいかと思います。



以上、馬場の面と展開の面での展望を推測しましたが、今の競馬は馬場と展開が読み切れれば半分当たったようなものという格言があります(ない)ので、しっかり見極めたいものです。

後は各馬の能力面と適性面を精査しつつ予想を組み立てていければと考えています。


終わり。

現時点での日本ダービー注目馬は

↓↓↓↓↓↓ヾ(´ω`=´ω`)ノ↓↓↓↓↓↓

競馬ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。現在40位あたり。クリックしてもらえたら嬉しいです(*´з`)



スポンサードリンク