皆さん。こんにちは

前回の記事では「勝ち組になるためにやるべきこと【準備編】」ということで書きましたが、準備が終われば習慣を変えてしまっちゃおうということで、普段僕が気を付けていることについてピックアップしてみたいと思います。

項目自体は多くなりそうなので4回に分けて書いていこうと思います。

【目次】

  • 競馬にも必要? P・D・C・A サイクル!
  • 収支管理と目標設定は必要?
  • 長期スパンで考える~目の前のレースに集中しても捉われるな!
  • 勝ち逃げも立派な戦法~勝ちグセをつけることの大切さ
  • トントンを続けられるのが力をつけた証拠
  • 「ケン(見)」の重要性とワナについて


競馬ブログランキングへ
競馬にも必要? P・D・C・A サイクル!


P=プラン(計画)
D=ドゥ(行動)
C=チェック(評価)
A=アクト(改善)


これはサラリーマンの方なら営業担当の人はもちろんのことモノづくりに携わっている人でも耳にしたことがあると思います。私も昔営業の仕事をしていた時期もありましたが、毎日部長から耳にタコができるほど言われてましたね。
ということではありますが、まあかっこ良く言ってますが何のことはない普通に誰でも無意識に普段の生活でやってることかとは思います。


腹減った!⇒どこに何を食いに行く?⇒近所に新しい店が出来たからそこ行ってみるか!
うわっ何これ激マズ⇒大失敗!次はやめとこう・・・

これも立派なPDCAですよね~

でも競馬となるとどうもそうはいかない場合が多いようです。


P=プラン(予想)
D=ドゥ(馬券)
C=チェック(何故外れた?)
A=アクト(次はこの条件で狙える?)


こんな感じ?

恐らく皆さん予想や買い方にはたっぷり時間かけますよね。
まあそれが競馬の醍醐味ですから仕方ないのですが、得てしてレースが終わった後は終わったことの事より次のレースの事を考えてしまう人が多いように思います。

しかし、CとかAの部分。競馬で勝つためにはここが一番大切なんですが、こと競馬となると疎かにされやすい部分でもあります。まあ今どきの若い競馬ファンはしっかり研究してる人が多いのでそうでもないかもしれませんが、競馬歴の長いオールドファンの人こそそんな印象があります。

個人的には力を入れるべき割合としては

PD=30%
CA=70%


ぐらいの意識をもってやってます。そう。競馬には復習が大事なんですね。特にCの部分。

何で外したのか?
買い方が悪かった。騎手の乗り方が拙い。狙う条件が悪かった。状態が悪かった。単に狙った馬が弱かった。

掘り下げれば色々なことがわかってきます。
とことん想像して調べて考えることで色々なことに気づきます。

揉まれるとダメ。砂を被るとダメ。展開が厳しい。適性が不向き。コースが不向き。入れ込んでた。ガレてた。
とにかく掘り下げて考えてみてください。その積み重ねがきっと競馬力の向上に繋がると思います。



収支管理と目標設定は必要?


競馬で収支をつけましょう!とは一般的に良く言われることですね。果たしてどうなのか。
まあこれはもちろんつけた方がいいとは思います。ただ注意しなくてはいけないのが収支に捉われ過ぎることではないかと。

勝ってるときはいいですが、負けが続くと1日でも早く取り返したい!という気持ちが強くなりすぎて、不相応なレートにしてみたり、無理な穴狙いに走ってみたり、逆に弱気になり過ぎて勝負に行くべきところで腰が引けてしまったりと色々な危険が潜んでます。

競馬ですから当然負けることの方が多いのが確かで、ある程度連敗を受け入れられる覚悟のある人やマイナス収支に動じず自分のスタイルを守って淡々と賭けられる人なら良いのかもしれません。
ただ、やはり目に見えて残高が減っていくのはせつないですし、正確な収支を明確にさせることで負けている現実と常に向き合った状態では、安定した精神状態で勝負に臨むことは難しいでしょう。
そう。人間って弱い生き物なんですよね・・・

ですから、自分なりのやり方が確立していない段階やトータルで絶対にプラスになる自信が持てない段階でならむしろ逆効果で、事細かく収支をつける必要はないのかなと。

まあ買ってるのか負けてるのか全然わからん!とか負けてるのに勝ってる気がする!なんてのは論外ですが、大体でいいので大雑把にでも把握していれば大丈夫だと思います。




また、目標設定についてですが、仕事だと1年なりの長期目標を定めて逆算して今月はこれだけ達成するとか、いついつまでにこれをやり切るとか考えながら短期目標に落とし込むというのが一般的かと思います。

ただ考えてみてください。もちろん仕事においても目標達成は努力なくしては難しいですが、ましてや競馬だと努力が結果に直結するわけではありません。
自分が安定してこれだけの的中率と回収率は最低でも担保できるという確信は最初は持てないのが当然です。

1~2年続けてプラス収支達成できたというのならまだしも、わずか数か月の結果だけをもって自分は未来永劫勝ち続けることが出来るなんてことはありえませんよね。個人的には最低3年間連続プラス収支を出した上で、最低でも的中率20%と回収率を120%以上を出せるようになって初めて自分の手法に自信を持ちべきじゃないかと考えます。

だから最初の段階で、いくら勝つとか回収率はどうとか無理に目標を決める必要はないんじゃないかなと。最初はとりあえず『年間収支をプラスにする!』これだけで十分ではないでしょうか?

これでもJRAのテラ銭で引かれる20%~25%を考えれば大したものです。

そんなわけで、短期目標についても、例えば1か月でいくらプラスにする。と決めてもほぼその通りにはいかないと思います。
勝ち組の人でも毎週勝ち続けることなんてほとんど無理ですし、ましてや中央競馬しかやらない人だと1か月に4週間8日間のチャンスしかありません。馬券で生活している人ならまだしも毎週目論見通り勝ちを積み重ねることなんて到底出来ないことなんじゃないでしょうか。

自分がこのやり方を続ければきっと勝てる!という自信を身につけ確信を得ることのできるレベルになるまでは『年間プラス!』これだけを目標にするので十分だと思います。


ちょっと長くなって来たので一旦締めますね

続きはまた改めて





競馬ブログランキングへ
スポンサードリンク