続いて日曜分の回顧を。


中山6R 3歳500万 芝1600m


10.オメガラヴィサン M.デムーロ 2人気2着

12.7 - 11.3 - 11.9 - 11.8 - 12.3 - 12.4 - 11.3 - 11.4

ペース自体はスローでその割りに3-4角落としてるのは前の2頭が弱くて減速した分かな。
後方から前が落としたタイミングで馬場の良い外目を進出して勢いつけたのは噛み合っている。
直線左手前に替えてグンと突き抜ける勢いも、アイスフィヨルドに内から寄せられると頼るような感じになって寄っていってしまう。
そこから立て直し気味に右鞭で追うも今度は再び右手前に戻して減速気味になり差し返される。
気になって振り返ると、2走前も直線で抜けてから一気に内にササってるんで、今回も出切ってないのにそういうところ見せてしまったのかも。
その辺は経験積めば改善されてくるとは思うが、まともなら突き抜けていたはず。
上がり2つが11.3-11.4と出し切ってないので詰める余地あるし、それで1.35.1なら時計もまずまず。

アルーシャはちょっと可哀相な競馬。
好発も外から寄られてブレーキ踏んで下がったし、道中もバカつくシーン。
コーナーで押し上げたいところでも前にスペースなく詰められず、その状態で前が11.3-11.4だからさすがに追いつくところまではいかなかった。
ギアチェンジ面でも初戦2着で勝ったのがパルマリア(ジュニアC2着)だし問題ないけど、トップスピードまでに持っていくのにいくらか掛かってるから余計響いたし、直線は長いコースの方がいいかもしれない。
ただ対応の幅は広いがより良さが生きるのはクイーンCのようなタフな流れかもしれない。



中山8R 4歳500万 芝2000m

12.スパイラルダイブ ルメール 2人気1着

相当追い掛けてた馬なんでちゃんと精査しとけば良かった。
土曜の段階で先週のイン有利の馬場とは明らかに違ってたし、ルメール騎乗で妙味失った気がして深く検討しなかった。2人気で単勝470円なら美味しかったし、さすがルメールというレース運びで完勝。
どうにも甘いね。



中山9R 幕張S 芝1600m

9.ソーグリッタリング M.デムーロ 2人気4着

‐12㎏だが気持ち余裕のあった前走から腹回りがスッキリと出来上々。
本質的に広いコースのワンターン1800mぐらいがベストだと思うんで、いいバランスで乗れたけど中盤の23.2秒は多少速く影響した可能性も。
まあそれでも昇級で斤量増。直線入口でクリアザトラックの後ろにつけたけどイマイチ伸び切れず、上位3頭が外から本追いに入ってる中で待たされたのは痛かったはず。開いてからはグイっと来てるだけに。引き続き注目。



中山10R 千葉S ダ1200m

11.ニットウスバル M.デムーロ 2人気13着


連鎖的に外から寄られて直接接触はなかったけど後手踏んだのは展開考えると厳しかった。
それでももうちょっと脚使える馬。年齢も年齢だし流石にそろそろ厳しくなってきたのかも。

16.ショコラブラン ルメール 8人気3着

ブリンカー装着の外枠でスムーズに走れたし、ペース的に外通すロスも緩和された。
ちょっとペースが遅く前が止まらないことを考えればちょっと追い出しで余裕かましすぎだったかもしれない。まあ手応え十分だったというのもあるけど、思った以上には弾けず。



中山11R スプリングS GⅡ 芝1800m

1.48.1(47.8-48.5):12.4 - 11.7 - 12.4 - 12.6 - 12.2 - 12.0 - 11.8 - 11.4 - 11.6

ここ2年の第1回第2回中山開催の1800m戦で1分47秒台に入れてきたのは中山記念(GⅡ)のみで、それに次ぐ好時計といえる。離して逃げたコスモイグナーツ基準で考えると、Hペースに引っ張られて出た好時計だと思われがちだが実はそうでもない。

1.48.1(49.2-46.8):12.5 - 11.6 - 12.3 - 12.8 - 12.1 - 12.0 - 11.6 - 11.5 - 11.7

実質離れた2番手でペース握ってたのが5.エポカドーロだったんで、この馬基準にペースを補正するとこんな感じ。あくまで先頭との馬身差からの目測によるもんなんで正確ではないけど概ねこんな感じじゃないかと思う。
これも同じく
ここ2年の第1回第2回中山開催の1800m戦で、前半800mを49秒台前半で運んで後半800mを36秒台に入れてきたのはこのレースのみだったようにエポカドーロ自身もかなり強い競馬といえる。

そして残り200m手前でしっかり手前替えてしっかり伸びているエポカドーロを、右手前⇒左手前⇒右手前⇒左手前と頻繁に替えながら捕え切ったステルヴィオは相当強い競馬だったといえよう。



2.ルーカス M.デムーロ 2人気9着

記事打ち込んでる途中まで特に気にも留めてなくってノータイムで切る予定だった馬を急遽本命に切り替えたのはなんでだろう。
それまではマイネルファンロンのことばかり考えてたんだけどね。
デムーロの幻影に怯えてたとしか思えない・・・反省



阪神5R 3歳500万(牝)ダ1400m

8.ミヤギウイング 幸 6人気9着

初の芝スタートに戸惑った感じだし右回りも初めて。それにしても低レベルで前がキツいペースじゃないのに完全に止まって展開向く中でまったく伸び切れず。エンパイアメーカー産駒だしアテにならない印象。

ちょっと気になったのが5.ベルアージュ。この馬デビューから一度も直線手前替えていない。
今回展開も向いたしブリンカー効果も微妙だけど、それなりに踏ん張っており手前替えられるようになって、もうひと押しあれば限定戦なんかの低レベル戦なら面白そう。



阪神6R 3歳500万 ダ1800m

8.チューワウィザード 川田 
2人気3着


12㎏減は絞れた分でスッキリ動ける体にはなってたと思う。
序盤で前に切れ込まれバカつくシーンあったし、前走が途中から外々進出できたのに対し今回は終始馬群の中でストレスもあったと思う。元々前走の緩いコーナー地点でもズブさは出していて、今回は更に速い流れで早めにムチ入ったようにより顕著に。
4角回るところでも狭くなってブレーキ踏むところもあり、直線も2着馬が追い出してる中で進路なく待たされたのもあって、所々噛み合っていない。その辺が影響して前走程の終いの鋭さが出せなかったんだと思う。
ただ勝ち馬はさすがに強すぎたけど、キャリアの差もあるんで経験積んでスムーズならもっと差は詰められるはず。

5.オノリス 藤岡佑 
3人気2着

前走強引に気合つけて出して行った効果もあってか今回はスムーズに流れに乗れた。終始ロスのない競馬が出来たものの直線は勝ち馬の加速にスッと引き離されており、さすがに力負けか。
時計的には馬場も軽かったし標準的な500万程度だが、ペースの割に前の仕掛けも遅くて直線だけの競馬になってる分上がり3F全体で見ると物足りないけど、もっと詰められる余地はある。

勝った10.テーオーエナジーは完璧に乗られたとはいえ力の違い見せつける完勝。時計も詰められる余地はあるし、古馬1000万級にはあると思うので、そうなると限定重賞なら通用しそう。

あとは7.二ホンピロレスターか。序盤から長い間バカついてたし3角で下がるロスや4角出口でも持ち出しロス。この上がりだけに詰めるのも難しかった。6着ゴッドスパロウとは5分以上の力があるし、スムーズなら掲示板あたりはあった感じ。



阪神8R 4歳500万 ダ1800m

4.エスプリゾーン バルジュー 
7人気10着

ゲート内での駐立もおかしかったしスタートしてからも反抗してる感じ。
2角付近でも外に行きそうな感じで頻りに見せムチ使ってたし集中して走れてない。
最後もほぼ追われないままの大差負け。
気持ちの問題なんだろうけどちょっと不安が残る負け方。
馬体は胴詰りで距離?だったし失敗。短縮で変わる可能性あるけどちょっと半信半疑。

前走も狙ってたコウユーヌレエフ。このメンバーで離された5着なら正直厳しいけど前半63.6秒のスローペースで前残りだと後ろから脚使うのも厳しかったと思うし、時計要する馬場で展開狂うようならメンバー次第でもうちょっと見せ場は作れそうな予感。



阪神12R 1000万 ダ1400m

11.ベルエスメラルダ バルジュー 10人気16着

ゲートでワンテンポ遅れたのが痛かったか。まあガチャガチャしてたんで。
その分ガツンと気合つけられた時にバランス崩してフラフラ走ってたし、バルジューはちょっと荒いなあ。まあメイショウサチシオはやはり速かったし、諦めたところで外からファームフェイスに閉められて前に馬置くと競馬にならないこの馬にとってはそこで終了。
外からは来ないと思ってたんだけど甘かったね。
スムーズにハナか好位外なら変わると思うんだけど。

14.レッドリボン 藤岡佑 5人気7着


ややテンション高くて口泡目立ったけど過去2勝した時と比べても同じ感じでやれるかなと。
ただ馬場が軽くて前中盤と淡々と流れ続けて後方から外回すと厳しい流れ。
振り返ると直線の手前替えが割と遅いタイプでその分動き出しも鈍い。やはり勝った2戦のように早い段階でギア上げていかないと苦しいタイプ。ましてやこの流れだし。
乗り方自体は奇麗に乗って直線まで待って追い出す形で悪くはないだろうけど、馬場や流れ、馬のタイプ的にも噛み合ってなかったといえそう。早めの競馬になりやすい分1800mぐらいの方がいいのかも。



中京9R 4歳500万 芝2000m

10.ドリームソルジャー 鮫島克 3人気5着


前走狙ったプレシャスブルーが1走遅れできっちり勝ち切る辺りリズムが悪いな・・・

確かに先週とかと比べてペース考慮しても上がり2F目の最速率が減ったように負荷があって上がりが出にくい馬場で、前半弛んだけど3角からロンスパ気味に持続ラップ踏んで外からは余計差しにくい流れだったのも確か。
それでも外のグランノーブルに対し一旦は前に出ながら最後鈍ってるのが物足りない。
前走も上手く乗った割に前と離されたし下方修正した方がいいのかも。
あとその物足りない前走もロンスパ気味になって後半速いラップが続く感じで息切れしてるから、あまり長く脚は使えないタイプなのかも。
そうなると下手に我慢させて乗るより前目で運んで追い出し待つか、意外に鋭さはあるんで溜め切って鋭さ活かすか。まあ何とも言えないけど。
今回は1角や向正面の入りでムキになる面出してたんでその辺の影響もあったかもしれないが。
色々向かなかったことを考慮してもちょっと物足りないかな。



中京12R 豊橋特別 芝1400m

17.ステラルージュ 荻野極 6人気4着

外が伸び辛い馬場の中、大外から良く伸びたけど。
序盤で前すれすれに入られて下げたところもあったし。
ただラストは速い流れを追い掛けた分前が落としたのもあるし、溜め切った分詰めることが出来たのは確かなんで鵜呑みもどうかと。5~6馬身離されてるしね。
後は人気との兼ね合いと馬場状態次第というところ。

15.グラドゥアーレ 柴山 2人気2着

序盤だけゆっくり入ってコーナーで落とさず積極的に攻めた城戸クンの好騎乗がハマった感じ。
逆に追い上げていくと苦しくなる中で離されたとはいえ2着確保は悪くない。
まあ500万は時間の問題だろうという感じ。


まだまだ回顧は不十分だけど出走馬も確定したし切り替えねば




お陰様でランキングもジワジワ上がってきました
いつも応援ポチありがとうございます


競馬ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。清き1クリック( `・∀・´)ノヨロシクデス