さて。週中の雨の影響がどうでるか。

雨量が雨量だけに土曜中に完全に乾ききるまではいかないか。
多少の湿り気は残しつつ乾きながらの開催になるだろう。

中山芝は2週前とかだと芝の禿げた内から乾いて極端なイン有利となったけど、さすがに内の悪化度合いが進んでるんでどうなるか。先週は特に3-4角の内が死んでたしね。
序盤こそ全体的に時計掛かる中でのイン有利はあるかもしれないけど、後半~日曜にかけては徐々に外にシフトしていくかもしれない。

阪神の芝は徐々に時計は掛かってきてる感じで明日もそうだと思うが極端ではないだろう。
内外なら一応フラットで考えつつ様子見ながらというところか。

中京芝はBコース替わり。
雨の影響を受けたここ2週がそこまで高速でないし、先週なんかは1週目に比べペースの割に上がりが出てない印象。乾いた日曜はどうかも、Bコース替わりとはいえそこまで時計は出ないやや重めの馬場。
上がりが速い馬場、特にラスト2F目あたりが速くなる馬場だと、外から勢いつけた馬に優位に働くんだけど、そうでもないのでコース替わりもあって前後の位置取り差や3-4角での立ち回りが効いてくる馬場なんじゃないかと予想。

ダートは全場とも雨の影響が残って脚抜きのいい馬場。時計は出やすい馬場だと思う。
阪神や中京は展開もあるけど後ろからだと厳しい印象だったし、脚抜きは良くても案外キレを生かし辛い馬場なんかもしれない。



ついついサッカー見てたら時間なくなったんで簡単に



中山5R 3歳500万 ダ1800m 12:25発走

恐らく1人気が6.グロンフォール。
前走は大差がちとは言えスタートはもう一つ。いいタイミングで外出せたけど勝負処での反応は特に良く見えず、抜け出す際もしっかり追われてのものでそこまで余裕はなかった。
実際大きく出遅れて脚を余して伸びた4着馬以外は以降も結果出せず、前が勝手に止まったという印象が強い。追い切りは動くし力はあると思うが、胴長で器用さがない感じだし過剰人気だと思う。

13.ロージズキング 木幡広

新潟で未勝利を勝った時の内容が渋太さを感じさせる。
以降の2戦は道中チグハグだったし揉まれての弱さを見せたが、2走前は前が恵まれた展開とはいえ強敵相手に差のない5着と渋太さみせた。
前走はブリンカー外したことで集中力欠いていたし‐10㎏は明らかに細くなった印象。
今回ブリンカー再装着で外枠からスムーズな競馬が出来れば。体は戻したい。
ただ勝ち切るまでは微妙で3着圏内まで。

当然包まれず前々で競馬出来れば2.マイネルユキツバキが能力的に抜けている。
ただ外に速そうな馬が数頭入り出足は良くない馬だけに包まれる形になった時不安はある。
それでも相手筆頭。

他では初戦楽に前で運べたとはいえ抜けてくる脚が速くて操作性も高い7.ヒラボクラターシュ
あと、ハイレベルのミッキーポジション組での4着5着馬。1.フロリアヌスは4角で狭くなってブレーキ踏んだ分もあったし、11.ユイノシンドバットは鞍上進言でチークP装着。久々を一度使われ前進あれば。



中山6R 4歳500万 ダ1200m 12:55発走


12.アンジェリー 柴田善


前走は調整ミスで太目残りもあったし、近走は折角の2の脚の良さを生かせず躊躇するうちに位置悪くすることが度々でチグハグと力を出せていない。
今回は久々のダートだが、外からスッと先行できれば好走実績もあるし軽い馬場も向く。
かつての主戦に戻して先手取れれば、そこまで前へ行く馬も少なくまったく人気は無さそうだが見せ場は作れていい。

6.トモジャポルックス 藤岡佑

度々狙ってる馬。前走は馬体こそ増えてどうかと思ったけど緩かった腹回りもスッキリしてようやく動ける出来。
ただレースでは好発から中団ぐらいは取れそうな感じも前のスペース詰めることなく開けすぎてるから、際どいラインで前に入られて引っ張って最後方近くまで下がってしまう。
結局前が残る展開を、強かった勝ち馬と同等の脚で伸びて完全に脚余した。

今回継続騎乗であまりに後ろから行き過ぎたと苦言を呈されてるように、今度はある程度位置を取ってくるはず。過去先行策では結果出なかったが展開が厳しかったのもある。再度狙う。



阪神6R 3歳500万 芝1400m 12:45発走


8.スワーブポルトス 浜中


前走ハナを取りに行く積極策は良かったがすぐ外から主張してきた馬に対し張り合ったことでムキになってズブズブの流れを演出してしまうことに。
本当は距離延ばして欲しかったが今回は控える競馬を示唆。
デビュー戦も強い内容だったし、以降の2戦も相手考えればここでも見劣るような馬ではない。
改めて期待。



阪神11R 毎日杯 3歳GⅢ 芝1800m 15:35発走


新緑賞が芝2300mから芝2400mに延びたタイミングでブラストワンピースのような馬が出て来たのは面白いと思うし強い馬。ただこの距離短縮はどうなんだろうと。
雨がそれなりに残るようなら何とかなりそうだし、ある程度仕掛けは早くてラスト3Fが最速に近い流れになるようなら間に合わせてきそうだが、踏み遅れる心配も。

インディチャンプもなかなか見どころのある馬だが前走最後方から一変してるのでここも後ろからになりそう。個人的には京都の2F特化戦で突き抜けた馬というのは鵜呑みにするのは危険だと思ってるので、人気するとなるとちょっと微妙。

シャルドネゴールドは馬自身の能力ならここでも1、2位を争うと思うし、実際高く評価している馬だが、外回り1800mというコース設定だと一抹の不安もある。

ユーキャンスマイルもここまで見せてきた走りの質からはこの条件だと不安だし、思い切った先行策でラチ沿いを取り切った時に鞍上含めて怖さはあるが、人気を考えるとベストではないしモタれる癖が解消されたわけではないので。

5.ギベオン バルジュー

消去法でやはりこの条件だと買いたいのはこの馬になる。実際に初戦でこの条件で好内容で勝ち切っている。
前走がスプリングSで3着したマイネルファンロンを負かしていて、それが評価されてるとしたら嫌だけど内容的には完勝だし、高速馬場とは言えない東京の2000mで上がり3F戦を2.01.5で走破したのは評価していい。昨年のトリコロールブルーよりも好内容だと思うし、より速い脚を長く使うことを求められる展開だったんで。
不安があるとすればバルジュー。
一度使われた前走がルメールですら折り合いに難しさを見せたので、当たりがキツいバルジューだと相性はいいとは言えないだけに。
スッと前付けして折り合えれば出し抜けると思うが。

人気のないところでは10.アルムチャレンジか。
個人的にはドンアルゴスを評価しており初戦は差のない競馬で速い上がりを使えてるし、血統的には距離は延びた方がいいとは思うが、外回りコースに替わるのはいいと思う。



中京10R 大寒桜賞 芝2200m 14:50発走

3.フィールインラブ 鮫島克


初戦は距離不足もあるけど周りを気にして終始首を上げ集中してなかったし、最後の最後まで戸惑っていた印象。ゴール過ぎてからは結構来ていた。前走は追われてからがしっかり集中して走れていた。

その前走だが、当時の馬場は500万クラスで1200mで1分7秒台。1800mで1分45秒台。2000mでも1分58秒台が出る超高速馬場だったんで時計自体は鵜呑みには出来ない。

ただ一貫して流れる展開を向正面から早目に位置を上げ3角からも脚を使いながら、ラスト300mあたりでエンジンが掛かるとグンと伸びて突き抜けた。
ラストまで余裕があったし推定11.4秒で、長く動き続けながら最後まで余力持って脚を使ったことは評価したい。

中京の2200mは下りスタートの分2000mよりも前半はペースが上がりやすい反面、1-2角で急激に弛んで、3角からの下りでレースが動き出し長く脚を使うことが求められやすい。また2度の坂越えがある分若駒にとってはタフな舞台。そういう面からもここでの好走馬が格上げ戦に強いというのはあると思う。
また、馬場の影響もあって直線入りで速い上がりを求められる可能性は低くなりそうだし、ギアチェンジ面よりも持続性能を重視したい。

心配があるとすればあまりに構え過ぎて位置取りを悪くした時だが、初戦を見てもスタートは悪くないしマイルでもある程度位置は取れてるし、前走も前半が34.9秒と流れたことを考えればちゃんと位置を取る意識で行けば、この面子なら先行も可能だと思う。後は鞍上の意識次第。

ライラックカラーは初戦は強い競馬だったけど、血統的には母系は短めだし軽さを生かした方が良さそうなタイプ。タフな舞台に替わって脆さを見せる可能性も。
ダノンマジェスティはハミ替えたぐらいでいきなり悪癖が改善するとも思えないし、スズカテイオーは持続ラップの中で一足使わされる展開だと甘さを出す。
そうなると相手筆頭は11.グレイトウォリアーでこの舞台は合いそう。ただやはり勝負処での反応の鈍さが気になるので勝ち切るまでとなると不安はある。

メンバー的に弛み切ってどうかというのもあるし、鞍上も少々不安。
それでもここまで人気に差があるようなら狙って悪くはない印象。

馬名の意味は『君に一目惚れ』というらしい。直感を信じてみる!



中京12R 1000万 芝1200m 16:00発走

1.ニシノラディアント 古川吉

トップハンデだけど中京でこの条件を勝った時が強かったし思った以上に人気がない。
どうしても後ろからになる馬だし先週までの馬場ならそこは不安だけど、最内枠を引いて上手く立ち回りよくインを捌いて来れれば。

前走は内にササりまくってほとんど追われず終いだったし、2走前は大きく出遅れた上流れも絶望的で突っ込みようがない競馬だし見直していい。

上位人気が外枠の差し馬や、昇級初戦の実績のない距離への短縮馬に、早熟気味の休み明け馬と一長一短。展開さえ向けば面白いはず。



さて。結構狙うには難しい馬が揃った印象。
とりあえずオッズ、馬場、出来なんかの状況が揃えば買ってみたい馬はこちらから。





競馬ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。清き1クリック( `・∀・´)ノヨロシクデス