まず今日の馬場を時計面から見ていくと、昨年とは雨の影響を受けてたので比較しづらいけど、4歳500万の2000m戦で1.59.5だし、1000万の1400m戦で1.20.5の好時計が出たように相当時計が出る馬場と見て良さそう。


ちなみに今日の4歳500万と1回阪神の開幕週で比較するのにいいレースがあったので比べてみる。


2/24 4歳500万 2.00.2(59.6-60.6)3着ティーブラッサム(0.1秒差)

12.5 - 10.7 - 12.0 - 12.6 - 11.8 - 12.1 - 12.3 - 12.2 - 11.7 - 12.3

3/31 4歳500万 1.59.5(59.7-59.8)1着ティーブラッサム

12.5 - 11.0 - 12.2 - 12.0 - 12.0 - 12.1 - 12.0 - 11.9 - 11.8 - 12.0



今年は開幕週の段階からかなり速い馬場を維持していたけど、今回のBコース替わりで更に高速度合いを上げて来たように感じる。
もちろんティーブラッサムの通ったコースが今回は内ピッタリなんで時計は速くなるのも当然だが、それにしても同ペースで行って後半1秒近く上がり詰めてるんで間違いなく速いだろうと。


あとメンバーも違うので一概には言えないけど、1000m通過地点の隊列を比較してみると

2/24


WS000003

3/31

WS000002


隊列の長さの違いは歴然で、明らかに今日のレースの方が詰まっている。
つまり追走に負荷が掛からない分、同じペースでも各馬追走が楽だという事。
だからこそ後半も上がりが落ちていないんだろう。



続いて立ち回り面を見てみる

WS000028


下級条件とはいえ、スローからの直線2F戦にしろ、前後半イーブンペースにしろ立ち回り勝負は明白。
外を通して5着と3着だった馬は1人気の馬で、それ以外の馬は外通すと壊滅。

5着までの馬番を見ても

【4R】6-2-1-4-10
【6R】5-9-6-4-1


であるように2ケタ馬番で掲示板に乗ったのは単勝1倍台の馬のみという極端な結果だった。


今回の大阪杯は高速馬場適性とインの立ち回りが強く問われるレースになりそうな予感がする。



阪神11R 大阪杯 GⅠ 芝2000m(内) 15:40発走


おおよその展開を推測してみる。
ハナを切るのは十中八九でヤマカツライデン。恐らく競ってまではハナ取りにくる馬もいないだろうし、多少気合つけて外から主張するだろうから1000m通過で59.5~60.0ぐらいの平均ペースぐらいになるんじゃないかと。
ハナ奪われた小倉大賞典や1週目のスタンド前の直線で行ってしまった天皇賞以外では大体60秒前後で逃げてるし、鞍上の酒井もそこまで強気で飛ばすタイプでもないだけに。

2番手以降は意識して追い掛けずやや離れた位置で60.5~61.0ぐらいのペース。
先行タイプが多いんだけど序盤からは引き上げて来そうな騎手がいないし、最近GⅠになってもそういう淡白な流れが目立つんで、少なくとも前半はそこまで上がらないと見る。
強いて動くなら田辺とかミルコだろうけどね。

ただ後半の仕掛け自体は早くて残り1000mあたりから段階的に加速していって、流れ的にはスローロンスパ戦からの馬場が軽い分直線でもう一段加速する流れになるんじゃないかと。

ラップ的には59.5~60.0で入って、後半が58.5~59.0でまとめての勝ちタイムが1.58.0~1.59.0の範囲。

昨年のペースを基準に馬場が軽い分を補正して

1.58.5(59.6-58.9):12.3 - 11.1 - 12.1 - 12.1 - 12.0 - 12.0 - 11.8 - 11.6 - 11.5 - 12.0

まあ大体こんなイメージで。
この流れだとやっぱり勝負処から内での立ち回りが問われるだろうし、外から追い上げる馬にとっては厳しくなるだろうなと。そして馬場が軽い分直線でのキレの面もあわせて問われる感じになる。


前置きが長すぎるね
以降は簡潔に。



◎1.ミッキースワロー 横山典
○2.サトノダイヤモンド 戸崎
▲8.アルアイン 川田
△14.ダンビュライト 浜中
△5.ペルシアンナイト 福永
消14.スワーヴリチャード M.デムーロ




まず本命のミッキースワロー。大げさでなくてもデビュー戦の競馬は負けたとはいえちょっと衝撃だった。少なくとも重賞は勝てるだろうしGⅠまで意識できる馬だろうと。

京都新聞杯と条件戦ではもどかしい敗戦だったが、セントライト記念では皐月賞馬のアルアインやクリンチャーやサトノクロニクルを相手に圧倒的な末脚で初重賞制覇。

菊花賞では不良馬場で折り合い欠く苦しい競馬で大敗覚悟も踏ん張って6着と力を見せたし、前走のAJCCは仕上げもう一つであくまで試走という感じだったけど、課題であった道中脚を使わされる競馬でも推定12.0-11.0-11.2-11.8-11.8と3-4角で一気に前との差を詰める脚を使いながらも最後までダンビュライトに詰め寄る脚を使った。

WS000011
WS000000

上が菊花賞前で下が今回。
明らかに筋肉量が違うし成長を感じる。また何より印象的なのが目つき。
感覚的なものに過ぎないけど馬自身が自信をつけているように思える。


後はゲートかな。決して出がいい馬じゃないんで後手踏むと前にドンドン入られるんで、逆に内枠が仇になる心配はある。ただ勝負騎乗だったセントライト記念はしっかり出して位置は取れたし、前走は最初から出すつもりはなかった感じ。
今回最内枠だし鞍上も無策に下げることはしないだろう。中団ぐらいの内が取れれば。
後は直線でのスムーズに持ち出せるかだけど、そこはもう運次第だし鞍上に委ねるしかない。

高速馬場は強さを見せたセントライト記念が台風一過で急激に高速化した馬場だったしプラス。
馬場が軽い分終いの鋭さを生かせる余地も出てくる。


対抗はサトノダイヤモンド
能力なら間違いなく現役No1だと思うし、キタサンブラックと真っ向勝負でねじ伏せられるだけの馬。
ただ出来たら真ん中ぐらいの枠が欲しかったか。
高速馬場自体は皐月賞でも負けて強い競馬だしエンジン掛かったところでの不利は大きかった。
ただ本質的にはエンジンの掛かりが遅く最後にグイっと来る馬だけに、単純に軽いだけの馬場でスローからのロンスパだとエンジンの掛け方が大事になってくる。
その辺は事前にルメールからも伝えられてるようだが、内で押し込められる展開だと戸崎はあまり進路を見つけつつスペース取ってエンジンを掛けていく競馬自体は得意とはしてないしそこは不安。
それでも今後の古馬戦線を引っ張っていって欲しい馬だし期待に応える競馬をして欲しい。


一番噛み合いそうなのはアルアイン
皐月賞の週は例年高速化することが多いが昨年もそうだし、そこできっちり答えを出しているだけに。
ただ今回は皐月賞ほどは前半のペースは上がって来ないと思うし、後半部分の鋭さも問われてきそう。
そうなると位置取りがカギになってくる。
幸い絶好枠を引いたんで前付けから毎日杯のように自分から前を捕まえに行くような積極的な競馬が出来れば安定感はある。好位に収まって後ろの仕掛けを待つ形だと、後ろに喰われる可能性もそれなりにあるんでそこはしっかり仕掛けて欲しい。
まあそれでも単勝2人気はちょっと過剰人気だと思う。


△の2頭も2017年の皐月賞の2着3着馬

ただ3着だったダンビュライトの方が間違いなく強い競馬をしている。
ペルシアンナイトは弛んだ中盤のここしかないというタイミングで内から完璧に位置を押し上げられたし高速コーナーを内々でロスなく運ぶことが出来た。
マイルCSも馬場といい流れといい完全に噛み合ってるし、ミルコだからこそというハマり方だった。
後は枠の差かな。ダンビュライトは外枠の分ある程度無理して前を取りにいかないといけなくなるし、そうしないと外を回らされる。ペルシアンは内で捌けるかどうかでミルコじゃないのはどうしても割引きになる。ともに押さえまで。


そしてスワーヴリチャードは消すつもり。



ともに4着の皐月賞と有馬記念は直線一度も手前替えずに内にササり気味。
もちろん左回りだと直線に入って瞬時に手前を替えている。
有馬記念の追い切り以降調教では直線で手前替えるようになったけど、楽なペースで入って直線軽く伸ばす中でのものであり実戦だと不安が残るし、ましてやこの外枠。
ミルコだし思い切って先行策もあるかもしれないけど、さすがに15番枠から内ラチまで潜り込むのは後方に下げる以外は厳しいし、最終的に2人気3人気は間違いないのでリスクが大きい。


他では

ヤマカツエースは去年より相手は強くなった反面自身の能力は下降気味。

シュヴァルグラン
はどう考えても狙ってここというローテじゃないしあくまで本番は次。行きがけの駄賃で負かせるような軽い相手でもない。

スマートレイアーはもうちょっと重い馬場で地力が問われるような展開にならないと持ち味は出ないだろうし宝塚記念の方が良さそう。

トリオンフは田辺が番手のポケットに潜り込むとか、前で思い切った競馬をした時に怖さはあるけど、典型的な穴馬として過剰に売れてる感じなんで。能力的にも現状足りないかな。

サトノノブレスは条件自体は合うと思うけど、ここに来て今まで全く通用しなかったGⅠで来れるかなと。

ウインブライトはレースは上手いけど高速馬場でスローロンスパだと速度負けしそうだしスケールも見劣りする。同じぐらいの人気ならダンビュライトを買う。



大体こんなところかな。

色々こじつけたけど上位3頭は単純に好きな馬だし、アルアインやサトノダイヤモンドは共にPOGドラ1の馬で愛着もある。

まあ好きな馬が出るGⅠぐらいは好きな馬を買って純粋に応援するのがちょうどいいかな。


とりあえずミッキースワローの単勝握ってハラハラしながらスタート出るように念を送りたいと思う






競馬ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。清き1クリック( `・∀・´)ノヨロシクデス